北三瓶の紹介

北三瓶地区は出雲国と石見国の文化が融合する「国引き神話」の里です
出雲国と石見国の三瓶山
男三瓶山(標高1126m)、右峰は森田山(標高664m)
北三瓶地区は出雲国と石見国の文化が融合する「国引き神話」の里です
出雲国と石見国の三瓶山
男三瓶山(標高1126m)、右峰は森田山(標高664m)
森田山は、三瓶カルデラ形成以前の山体で、古三瓶あるいは先三瓶といわれる先カルデラ火山。 「お爺(婆)三瓶山」ですね(地質調査総合センタ)
森田山案内はこちら
森田山
森田山
森田山(右峰)は、三瓶カルデラ形成以前の山体で、古三瓶あるいは先三瓶といわれる先カルデラ火山.最新活動年:115~110万年前
お爺(婆)三瓶山」ですね
森田山案内はこちら地理院地図

北三瓶地区
・十万年も前のむかしのこと……噴火が始まると噴煙が空高く上がり、東北地方まで火山灰が積る大噴火。続く大噴火でカルデラの大草原ができました

・雨が降り、山が崩れ洪水が土砂を運び、平地が広がり、草木が繁りました。弥生時代を過ぎて縄文時代になっても大噴火と火砕流や岩屑なだれで樹木が埋まり川は流路を替える等の天変地異が繰り返され、佐比賣山(三瓶山)の大地ができました

・島根県大田市、山口町と三瓶町多根・野城は、大山隠岐国立公園の三瓶山北側山麓に位置することから「北三瓶地区」と呼ばれ、出雲国と石見国の文化が融合する「国引き神話」の里。文字通り山紫水明・風光明媚な地域です


・藩政時代には国境近くに 山口御番所 があり通行人を厳しく監視し藩内に出入りする商人等は通行札を渡され入国を許されたとのことです

北三瓶まちづくりセンター



北三瓶まちづくりセンター
北三瓶まちづくりセンター

 北三瓶よろず会さんは北三瓶地域の元気づくりに取り組んでいます.北三瓶まちづくりセンター報はこちら(必見)
北三瓶まちづくりセンター

さんべ縄文の森埋没林
縄文の森
どがなかな大田市です!

ふるさと情報誌:おおだ定住促進協議会さん

どがなかな は大田の方言です

東京大田市人会さんのFB

北三瓶会の案内

ご感想などをお寄せください
感想
こだま学園
こだま学園
三瓶ダム・さひめ湖
さひめ湖
子ご美の里
子ご美の里

北三瓶の山野に咲く草花


2~3月 3~4月 4~5月 6~7月 8~10月 9~10月
ユキワリイチゲ オキナグサ レンゲツツジ ササユリ アキグミ ヤマラッキョウ
ユキワリイチゲ オキナグサ レンゲツツジ ササユリ アキグミ ヤマラッキョウ

ホームTOP ページTOP