ホーム プラザ できごと 天 気 アクセス 著作リンク
三瓶山 草 原 温泉 北三瓶 埋没林 石見銀山

三草原 > 北の原エリア > 北の原草原 > オキナグサ

三瓶山 オキナグサ


(翁草)

キンポウゲ目、キンポウゲ科、オキナグサ属
オキナグサ
2013年4月12日16時 三瓶山の草原 にて

オキナグサ オキナグサ

オキナグサ
クリック表示:上左上右
三瓶山北の原に咲くオキナグサ(翁草)。 開花まではうつむいて咲きますが、そのご上向きに変化してきます。高原の霧が白い綿毛に露となり産毛が光り輝いています。 オキナグサ全体が有毒植物ですから、草汁で皮膚に炎症や食すると腹痛や嘔吐などのため注意が必要です。
オキナグサ(Wikipedia)


暗赤紫色の花が花茎に一花咲き、花にも白い綿毛があります
オキナグサ オキナグサ オキナグサ
オキナグサ オキナグサ オキナグサ
オキナグサ
クリック表示:上左上中上右中左中中中右
北の原の風に翁草がなびいている若い果実。翁の白髪頭のようですね。5月13日
翁草(オキナグサ)の由来(Wikipedia)と言われています ↑クリックで拡大表示

オキナグサ
オキナグサ オキナグサ オキナグサ
クリック表示:下左下中下右
幹も伸び、空高く飛ぶように綿毛の準備もでき風を待ちます。種が飛んで行った幹はマッチの軸のようです。着地先で芽が出て根が地面にとどき活着することを期待したいですね


オキナグサ オキナグサ
クリック表示(  ・  )
猛暑の高原では、オキナグサが葉を広げ栄養を貯めているようです。8月5日。周りの草も陽を求めて繁りますね。有毒の為か虫には強そうな?





北三瓶小学校の保護活動を紹介


不法に採取すると罰金

北の原のオキナグサ。かっては春の草原のあちらこちらに咲いていましたが、草原の荒廃や盗掘により激減しています。今では、絶滅危惧種に指定されています
島根県では絶滅危惧Ⅱ類(VU)
(日本のレッドデータ検索システム)
北三瓶小学校・北三瓶中学校
地元の北三瓶小学校では、オキナグサを守ろうと児童が種から育てると共に、草原に移植しています
北三瓶小学校・北三瓶中学校 北三瓶小学校・北三瓶中学校
↑ポットで育成中。可愛い蕾が開いています(4月5日)
クリック表示  ・  ・( 下左 ・ 下右 )
 北三瓶小学校・北三瓶中学校   北三瓶小中学校の四季 

line


平成17年から三瓶山の草原に移植活動が続いています


移植先草原の案内看板 みんなでオキナグサをふやそう。オキナグサはぜつめつきぐ種です。わたしたちは毎年いしょく活動しています」
北三瓶小学校さんのHP同校のオキナグサの保護活動

大田の自然を守る会さん 

クリック表示(  )

おきなぐさ 宮沢賢治 青空文庫:「うずのしゅげを知っていますか。」で始る童話です

line

H.29 オキナグサをすくおう大作戦 (10月9日)


三瓶山西の原で三瓶周辺の3校集合学習で自然保護活動が行なわれました
保護活動の大切さと各校の取り組みの結果などのお話しをいただきました(大田の自然を守る会)
国立公園三瓶山の草花や自然状況や取り組みの状況のお話をいただきました(三瓶自然館さん)
三瓶周辺の3校の自然保護活動

保護活動のプレゼンが各校毎に行なわれました
志学小学校
ユウスゲ
北三瓶小学校
オキナグサ
池田小学校
ヒロハノカワラサイコ
志学小学校・ユウスゲ 北三瓶小学校・オキナグサ 池田小学校・ヒロハノカワラサイコ

3校に分かれて植付けを行ないました
左:児童手作りの「H29オキナグサをすくおう大作戦北三瓶小学校」の胸章をピンでとめて植え付け開始
H.29 オキナグサをすくおう大作戦 H.29 オキナグサをすくおう大作戦 H.29 オキナグサをすくおう大作戦
中・右:保護者と地域の皆さんによる穴掘り応援と児童の植付け

line

H.28 オキナグサを守ろう大作戦 (10月12日)


手作りの胸章 昨年植えた苗 草刈り・穴掘り 自然を守る会
H.28 オキナグサを守ろう大作戦 H.28 オキナグサを守ろう大作戦 H.28 オキナグサを守ろう大作戦 H.28 オキナグサを守ろう大作戦
児童のプレゼン 竹串を立てる 枯れ草を敷く 植付けました
H.28 オキナグサを守ろう大作戦 H.28 オキナグサを守ろう大作戦 H.28 オキナグサを守ろう大作戦 H.28 オキナグサを守ろう大作戦
児童・先生・守る会・保護者の集合写真、お疲れさまでした H.28 オキナグサを守ろう大作戦 草原に植えて、竹串を立てて、枯草を敷いて来春の開花を待ちます

line

H.27 オキナグサをふやそう大作戦 (10月14日)


左:児童手作りの「H27オキナグサをふやそう北三べ小」の胸章をピンでとめて植え付け開始
右:保護者と地域の皆さんによる穴掘り応援と児童の植付け
児童手作りの胸章 オキナグサ移植事前作業
記念撮影
記念撮影
児童のオキナグサをふやそうプレゼン
 下左:記念撮影、下中:児童が植えたオキナグサ 下右:トラックから荷降ろし
凹地にならないように草原の土を盛り丁寧に植え付けました。来春の開花が楽しみですね。

line

H.26 オキナグサをふやそう大作戦 (10月15日)


左:児童手作りの「オキナグサをふやそう大作せんH.26北三べ小学校」胸章をピンでとめて一汗かきました
右:保護者と地域の皆さんによる事前の草刈りと穴掘り応援
児童手作りの胸章 オキナグサ移植事前作業
1穴に3株オキナグサを植えます 枯れ草を敷きます オキナグサの移植作業
児童のオキナグサをふやそうプレゼン 記念撮影
中:児童の植え付け作業 下左:「オキナグサをふやそう」のプレゼン 下右:記念撮影
移植作業は大変でしたが地域の方や友達などと親しみや信頼感を得ることができました。来春の開花が楽しみですね。

そして翌年,草原の雪も消え暖かくなると!

平成27年4月26日、児童達が移植したオキナグサが咲いています
児童手作りの胸章 オキナグサ移植事前作業
児童手作りの胸章 オキナグサ移植事前作業
クリック表示:上左上右下左下右
平成27年5月10日、草原に立ち寄ると移植したオキナグサの花が、翁(おきな)になったり、綿毛の種が草原の風に乗って飛び立とうとしています。
着地先の草原の地で種が芽生えれば、児童達の思いや願が叶いますね。


三瓶山の山野に咲く草花


2~3月 3~4月 4~5月 5~6月 7~8月 8~9月 9~10月
ユキワリイチゲ オキナグサ レンゲツツジ カキツバタ ユウスゲ マツムシソウ ヤマラッキョウ
ユキワリイチゲ オキナグサ レンゲツツジ カキツバタ ユウスゲ マツムシソウ ヤマラッキョウ
三瓶春呼ぶ 絶滅危惧種 大田市の花 天然記念物 涼風に彩る 俳句の季語 花の百名山

ホームTOP ページTOP