ホーム プラザ できごと 天 気 アクセス 著作リンク
三瓶山 草 原 温泉 北三瓶 埋没林 石見銀山

佐比賣山神社多根神楽・国引き神話・スサノオ神話

国引き神話 出雲国風土記


国引き神話


 むかし、むかし、そのむかし。

 この郡(こほり)を、意宇(おう)と名付たのは、国引きましし八束水臣津野命(やつかみずおみづぬのみこと)が、

「八雲立つ出雲の国は、狭布(さぬの:幅の狭い布)の堆(つもれる)国のようだ。初国(はつくに)は小さく作られている。作り縫(ぬ)おう」と詔(の)りたまわれた。

 栲衾(たくぶすま)志羅紀(しらき:新羅)の三埼を、国の餘り有りやと見れば、「国の餘りが有る」と詔(の)りたまいて、
童女(おとめ)の胸鉏(むなすき:幅広いすき)取らして、
大魚
(おおうお)の支太(きだ:鰓(えら))(つ)き別(わ)けて、
波多須須支
(はたすすき:幡薄)穂振(ほふ)り別けて、
三身
(みつより:みつ縒(よ)りに綯(な)った)の網(つな)打ち挂(か)けて、
霜黒葛
(しもつづら:霜枯れた黒いくずかずら)闇耶闇耶(繰るや繰るや)に、
河船
(かわふね)の毛曾呂毛曾呂(もそろもそろ)に、
「国々来々
(くにこくにこ)」と引き来、
 縫(ぬ)いたまいし国は、去豆(こず:小津)の折絶(おりたえ:山塊の切れ目)よりして、八穂米支豆支(やほしねきずき:杵築)の御埼である。 此を以ちて堅め立てたまいし加志(かし:杭)は、石見国と出雲国との堺有る、佐比賣山(さひめやま:三瓶山)である。 また、持ち引きたまいし綱は、薗(その)の長濱である。※小津(平田)から日御崎(ひのみさき)までの国、島根半島の西端
 
 また、北門(きたと:北方)の佐伎(さき)の国を、国の餘り有りやと見れば、「国の餘りが有る」と詔りたまいて、
童女(おとめ)の胸鉏き取らして、
大魚(おおうお)の支太衝き別けて、
波多須須支(はたすすき)穂振り別けて、
三身(みつより)の綱な打ち挂けて、
霜黒葛
(しもつづら)闇耶闇耶(くるやくるや)に、
河船の毛曾呂毛曾呂(もそろもそろ)に、
「国々来々(くにこくにこ)」と引き来、
 縫いたまいし国は、多久の折絶よりして狭田(さだ)の国である。※多久川(講武川、佐陀川)から小津(平田)までの国、宍道湖の北側
 
 また、北門(きたと:北方)の良波(よなみ)の国に、餘り有りやと見れば、「国の餘りが有る」と詔りたまいて、
童女(おとめ)の胸鉏き取らして、
大魚(おおうお)の支太衝き別けて、
波多須須支(はたすすき)穂振り別けて、
三身(みつより)の綱な打ち挂けて、
霜黒葛
(しもつづら)闇耶闇耶(くるやくるや)に、
河船の毛曾呂毛曾呂(もそろもそろ)に、
「国々来々(くにこくにこ)」と引き来、
 縫いたまいし国は、宇波(うなみ)の折絶よりして、闇見(くらみ)国である。※松江市東方(手角町あたり)から講武川、佐陀川までの国、松江市東北部
 
 また、高志(こし:北陸)の都都の三埼(つつのみさき:能登半島の珠洲岬)を、国の餘り有りやと見れば、「国の餘りが有る」と詔りたまいて、
童女(おとめ)の胸鉏き取らして、
大魚(おおうお)の支太衝き別けて、
波多須須支(はたすすき)穂振り別けて、
三身(みつより)の綱な打ち挂けて、
霜黒葛
(しもつづら)闇耶闇耶(くるやくるや)に、
河船の毛曾呂毛曾呂(もそろもそろ)に、
「国々来々(くにこくにこ)」と引き来、
 縫いたまいし国は、三穂の埼である。接ぎ引ける綱は、夜見島(よみのしま:弓ヶ浜半島)である。 固堅め立てたまいし加志(かし:杭)は、伯耆国(ははきのくに)有る火神岳(ひのかみのたけ:大山)である。 ※美保関から松江市東方(手角町あたり)までの国、島根半島の東端

「今は国引きを訖(お)えた」と詔りたまいて、意宇社(おうのもり)に御杖(みつえ)を衝(つ)き立てて「意恵(おゑ)」と詔りたまわれた。それでこの郡(こほり)を、意宇(おう)というのである。


 いわゆる意宇社(おうのもり)は、郡家(ぐうけ)の東北(ひがしきた)の辺(ほとり)の田の中に在る塾(じゅく:こやま)である。周は八歩(はちあし)ばかり。その上に木が茂っている。



くにこくにこ

国々来々と引き来 縫いたまいし国


国々来々と引き来て縫いたまいし国

国々来々と引き来 縫いたまいし国 引き綱 加志(杭)
志羅紀(しらき)の三埼 杵築(きずき)の御埼 薗の長濱 佐比賣山(三瓶山)
北門の佐伎の国 狭田(さだ)の国    
北門の良波の国 闇見(くらみ)国    
都都(つつ)の三埼 三穂(みほ)の埼 夜見島 火神岳(大山)
クリック表示:、表中のリンク先は何れも地理院地図


堅め立てたまいし加志(杭)の山と麓の神社・祭神
堅め立てたまいし加志(杭)は、麓の神社主祭神
石見国と出雲国との堺有る佐比賣山(三瓶山)佐比賣山神社大己貴命(おおなむちのみこと:大国主命の別名)
伯耆国有る火神岳(大山)大神山神社大穴牟遅神(おおなむちのかみ:大国主命の別名)
何れの神社も名を継ぎ古を伝えています



(祝)島根半島・宍道湖中海ジオパーク(必見)

吉田くんの神々のふるさと出雲 国引き神話(YouTube:2分)(必見)

神々の記憶 出雲国風土記(島根県)

出雲国風土記ハンドブック(島根県)(pdf)

出雲国風土記「国引き神話」(YouTube:3分)

原文朗読「出雲国風土記」 Ⅱ意宇郡(二)郡名由来(YouTube:4分)

出雲國風土記の世界(県立古代出雲歴史博物館)


三瓶山西の原の看板


三瓶山西の原 三瓶山西の原の看板 三瓶山西の原の看板

三瓶山 西の原 クリック表示:


国引き神話の縁で姉妹都市に


松江市 と  珠洲市は姉妹都市です
また、高志(こし:北陸)の都都の三埼(つつのみさき)に国の餘り有りやと見れば「国の餘りが有る」と詔りたまいて・・・ 「国々来々」と引き来、縫いたまいし国は、三穂の埼(美保関)である。
美保関:地理院地図 地理院地図:珠洲岬


出雲国風土記について


編纂命令 和銅6年(713)の制令:元明天皇、
 ・郡郷の地名などに好字を用いて報告
 ・産物の品名を報告
 ・土地の肥沃状況を報告
 ・地名(山や川や原野)の由来を報告
 ・古老が伝える土地の伝承や旧聞異事を報告
編纂責任者
執筆者
国造(くにのみやつこ)兼意宇郡大領(おうぐんかみ)
出雲臣広嶋(いずもおみひろしま)
神宅臣金太理(みやけのおみかなたり)
編纂時期 和銅6年(713)の制令によって作り始め、天平5年(733)に完成
編纂内容 第一部:国の総括的記述、第二部:各郡別の記述、第三部:国の特別記述


意宇社

(おうのもり)
意宇社(おうのもり) 意宇社(おうのもり)
クリック表示:、 
古来「意宇のタブ」として近隣から広く崇拝されている。毎年10月11日上竹矢、中竹矢の講中の人々によって祭が営まれている(案内版から転記)

農道の脇に茂る意宇の社(客の社とも)、八雲立つ風土記の丘(史跡マップ)客の杜(意宇の社推定地)


神原神社古墳・三角縁神獣鏡


神原神社 神原神社古墳・三角縁神獣鏡
クリック表示: 地理院地図
239年(景初3年)、倭国の卑弥呼が魏に遣使、銅鏡を百枚を賜る(wiki)
古墳時代(3世紀後半)の神原神社古墳(wiki)発掘で景初3年銘の三角縁神獣鏡(wiki)が出土する。 島根県立古代出雲歴史博物館収蔵文化遺産オンライン
733年(和銅6年)、出雲国風土記の記述
大原郡(おおはらのこほり)
大原と名(なづ)くゆえは郡家(ぐんけ)の正西十里(さと)百十六歩(あし)に田十町(ところ)(ばか)りあり。平なる原なれば号けて大原といふ。

神原郷(かむはらのさと)
郡家の正北九里なり。古老(おきな)伝えて云へらく 「天下(あめのした)造らしし大神の御財(みたから)を積み置き給う処なれば、神財郷(かむたからのさと)といふべし。しかるに今の人なお誤てり」といへり。 故(かれ)神原と号(な)をいふ。


出雲国風土記の佐比賣山の記述



東の原から女三瓶山(957m)
石見国の雨水は江の川へ←→出雲国の雨水は神戸川へ
三瓶山東の原

北三瓶口から三瓶山
石見国の雨水は江の川へ←→出雲国の雨水は神戸川へ
左峰:女三瓶山(957m)、主峰:男三瓶山(1024m)
北三瓶口案内はこちら

出雲国風土記の記述
飯石郡(いひしのこほり)
飯石(いひし)と号(なづ)くゆえは、伊毘志都弊命(いびしつべのみこと)飯石と云う。

佐比賣山(さひめやま)
郡家(ぐうけ)の正西(まにし)五十一里(さと)一百四十歩(あし)なり。石見と出雲との二つの國の堺なり。


三瓶山の火山灰は東北地方まで積りました


今から11~10万年前に三瓶山が噴火。噴出した火山灰は東北地方まで降灰し積りました。 当火山灰は地質の鍵層(Wikipedia)三瓶木次テフラ:SKP (Wikipedia)と言われています

※参考福井市水切の三瓶木次テフラ(福井県)



ぐるっと三瓶くにびきウオーク


新日本歩く道紀行100選 (絶景の道)
ぐるっと三瓶くにびきウオーク

国立公園三瓶山 三瓶一周コース

国引き神話と現在をつなぐみち(歩きんぐくらぶ)

ぐるっと三瓶くにびきウオーク

紅葉で美しい三瓶山草原をウォーキング


出雲の神話を紹介


国引き神話
出雲国風土記・国引き神話
八岐大蛇神話
スサノオ命・八岐大蛇神話
出雲の方言に興味のある方はこちら


三瓶山 北の原 国引きの丘


北の原には、新羅から引き寄せた島根半島の山塊を眺められる「国引きの丘」があります
国引きの丘 国引きの丘


男三瓶山頂(標高:1,124m)から望む出雲平野
薗の長浜
新羅(しらぎ)の岬から引き寄せた、引き綱の「薗の長浜」(
※.出雲大社の国旗掲揚塔の国旗が見えます(
出雲大社 国旗掲揚塔 国旗
杵築(きずき)の御埼
国引きの丘から見る島根半島西端。八束水臣津野命が余った国を志羅紀の三埼から最初に引き寄せた山塊
「国々来々(くにこくにこ)」と引寄せ佐比賣山に繋ぎ止めた八穂米支豆支(やほしねきずき:杵築)の御埼(きずきのみさき:日御崎から平田あたりまでの山塊)(上)

国引きの丘の場所: 北の原(Google・地理院地図)、  国引きの丘(Mapion)Google 航空写真


薗の長浜と三瓶山


1.引き寄せた国を堅めた杭(くい)の佐比賣山(三瓶山1126m)と、引綱の薗の長浜(稲佐の浜)
2.日御碕から浜田沖までの日本海の航行は、佐比賣山がランドマークでした
3.養老2年(718)佐比賣山に外敵(新羅)に対する烽(のろし)が置かれる。薗の長浜からもいち早く確認ができそうです

薗の長浜と三瓶山
稲佐の浜 弁天島と三瓶山 稲佐の浜 弁天島と三瓶山
佐比賣山・薗の長浜・稲佐の浜
佐比賣山と弁天島
クリック表示:、 下左、 下右

出雲国風土記の記述
神門郡(かむとのこほり)
水海(みずうみ),神門水海(かむとのみずうみ)
郡家(ぐんけ)の正西(まにし)四里(さと)五十歩(あし)なり。周り三五里七十四歩である。 即ち水海と大海(おおうみ)との間に山が在る。長さ廿里二百三四歩、広さ三里である。此れは意美豆努命(おみずぬののみこと)の国引きましし時の綱である。 俗人(ぞくじん)なずけて薗松山(そののまつやま)という。

地形は、壌(つち)でも石でも無い。白砂のみが積もっている。即ち松林のみが茂繁(しげ)っている。四方から風吹く時は、砂飛び流れて松の林をおほい埋(うず)める。
今も年ごとに埋
(うず)まって、半分だけ遺(のこ)っている。恐らくは遂に埋もれることは巳(や)むをえないことである。

注.縄文時代は島根半島を分断する日本海の湾であったが、風土記時代には斐伊川や神門川の土砂堆積により出雲平野ができると入り江の湖となる。川の土砂や園の長濱の砂で埋まりるなどのため海側に排水路差海川(さしみがわ)を設けて排水する。 汽水湖であることからシジミの生産高は全国で6位
国引き大地の成り立ち(島根半島・宍道湖中海ジオパーク)神西湖(wikipedia)神話の舞台出雲 神西湖(出雲商工会議所)差海川河口の古砂丘(島根ジオサイト100選)



 国引きの浜弓なりや鳥渡る  日高俊平太 

(句集 簸川 角川書店より) 






八束水臣津野命の神社


長浜神社は運を引寄せる神社


長浜神社 長浜神社
長浜神社の絵馬
薗の長浜の「長浜神社」、祭神は八束水臣津野命(やつかみずおみづぬのみこと)


国引きにちなんで、国引きジャンボ綱引き大会が毎年10月上中旬の日曜日に開催され、10人1チームで直径84mmの太綱を境内の砂の上で引き合います

(命が綱を引き国を引き寄せる絵馬……国を、人を、そして幸せの運を、引き寄せる長浜神社は、国引きのパワースポットです)

長浜神社(出雲国神仏霊場[第十九番])

長浜神社(youtube:4分)

長浜神社(トラベルクリエイト)

佐比賣山神社(トラベルクリエイト)
クリック表示:上左、 上右、 下左


国引きの名を継ぐ佐比賣山神社


引寄せた運を繋ぎ止める神社



「堅め立てたまいし加志は石見国と出雲国との堺に有る佐比賣山これなり」

佐比賣山神社 長浜神社の社務所で「国引の地縁結手形」を求めて運を引き寄せて繋ぎ止める願い事をしたため祈願を行います

約40km   車で1時間

佐比賣山神社を訪れ「叶え杭」手形の願ひ綱を結びつけ繋ぎとめて奉納。願が叶う事に!
長浜神社
佐比賣山神社 長浜神社
叶え杭 国引の地縁結手形
叶え杭 国引の地縁結手形


参考資料や文献


校正出雲風土記 日御碕神社本の写 海野文庫 寛永11年
出雲風土記抄 岸崎時照著 桑原家所蔵本 天和3年
訂正出雲風土記 千家俊信著 梅之舎大人訂正 文化3年
出雲風土記假字書 富永芳久著 安政3年
出雲国風土記 沖森卓也・佐藤信・矢島泉編著 山川出版 平成17年11月30日第1版
出雲國風土記 加藤義成校注 松江今井書店 平成22年12月1日改版16刷
解説 出雲国風土記 島根県古代文化センター編集 島根県教育委員会 今井書店 平成26年10月27日第3版
企画展図録 出雲国風土記 ─語り継がれる古代の出雲─ 島根県立古代出雲歴史博物館 平成29年3月25日初版
ウィキペディア フリー百科辞典




佐比賣山神社 多根神楽 立石神社 山口八幡宮 国引きの丘
佐比賣山神社 多根神楽 立石神社 山口八幡宮 国引きの丘

ホームTOP ページTOP