ホーム ・ プラザ ・ できごと ・ 天気予報 ・ 地 図 ・ アクセス ・ 著作とリンク
三瓶山 ・ 四記念物 ・ 三草原 ・ 三池 ・ 温泉 ・ 北三瓶 ・ 埋没林 ・ 郷土館

TOP > 北三瓶 > 佐比賣山神社 > 多根神楽 > 八岐大蛇


ヤマタノオロチ 八岐大蛇 スサノオ神話



 

むかし、むかし、その昔。

 高天原(たかまがはら)で暴れすぎて、姉の天照大御神(アマテラスオオミカミ)に、追放処分されたスサノオノミコト(建速須佐之男命、素戔男尊、須佐能袁命)が、出雲国の、肥の河(ひのかわ:斐伊川)上流の鳥髪(とりかみ:現・奥出雲町鳥上の船通山)に降(くだ)ってきました。

 河上(かわかみ)から箸(はし)が流れ下ってきたので、人が住んでいると思い、河を上ってみると、屋敷の内で、おじいさん(老夫與)とおばあさん(老女)が美しい娘(童女)を囲んで泣いていました。

 「あなた達は誰か?」と名を尋ねると、おじいさんは「私は国の神。オホヤマツミノカミ(大山津見神)の子で、名前をアシナヅチ(足名椎、脚摩乳)、妻の名はテナヅチ(手名椎、手摩乳)、娘の名はクシナダヒメ(櫛名田比賣、奇稲田姫)といいます」と答えました。

 「どうして泣いているのか?」と訳を聞くと、アシナヅチは「私には、娘が八人いたのですが、毎年、高志(こし:越の国)からヤマタノオロチ(八俣遠呂智:八岐大蛇)が現れて、一人ずつ食べてしまい、今年はこの娘が食べられる時期になり、悲しくて泣いています」と言いました。

 「ヤマタノオロチはどんな形をしているのか?」と尋ねると、「八岐大蛇の目は、あかかがち(赤加賀知:ほおずき)ように真っ赤で、一つの胴体に八つの頭と八つの尾があり、体には苔(こけ)や桧や杉が生え、その長さは八つの谷と八つの峰に渡っています。その腹を見ると、いつも血でただれています」とアシナヅチは答えました。

 「八岐大蛇を退治するから娘を私の妻にくれないか」とアシナヅチに問うと、「恐れ多いことですが、あなたの御名を存じません」と答えました。「私は、天照大神の弟でスサノオと申す者だ。いま高天原から降(くだ)ってきたところだ」。
アシナヅチとテナヅチは畏(かしこ)み「それは恐れ多いことを申しました。娘を嫁にさし上げます」と申し奉(たてまつ)りました。

 スサノオ命はクシナダヒメを隠すために、クシナダヒメを櫛に変えて自分の角髪(みずら)に刺しました。そしてアシナヅチとテナヅチに、「何度も醸(かも)した、八鹽折(やしほおり:八塩折)の強い酒を造り、垣根をめぐらし、垣根に八つの門を作り、門毎に八つの桟敷(さじき)を作り桟敷毎に酒船を置き、八鹽折の酒を盛(も)って待て」と命じました。

 命ぜられたように備えをして待っていると、八岐大蛇が本当にやって来て、八つの頭を酒船ごとに垂らし入れて、酒を飲み干したのです。強い酒に酔いが回り八岐大蛇は伏して寝てしまいました。すかさずスサノオ命は、十拳剣(とつかのつるぎ)を抜いて、八つの頭と八つの尾を切り落として退治したのです。八岐大蛇の血で肥の河は「血の河」になって流れました。

 尾を切り落とすときに、刃が欠けたので、怪しそうな尾を割り刺して見ると、都牟刈大刀(つむがりのたち)が出てきました。不思議なこの大刀を、姉の天照大御神に献上しました。この大刀が、草那藝之大刀(くさなぎのたち)です

 スサノオ命は、櫛に変えたクシナダヒメを元の娘に戻し、宮作りの地を出雲国に求めて須賀の地に着くと「この地に来て我が心はすがすがしくなった」と申され宮を作りました。それでこの地を、今でも須賀(すが)と云っています。

 スサノオ命が初めて、須賀のお宮を作っているとき、その地から雲が立ち騰りました。「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠に 八重垣つくる その八重垣を」と歌をよみ、クシナダヒメと共に暮らし、多くの子孫に恵まれました。

アシナヅチを喚(よ)び「我が宮の首(おびと)」に任じ、「稲田宮主須賀之八耳神」(イナダノミヤヌシ スガノヤツミミノカミ)と名號(なずけ)けました。

スサノオ命は、出雲建国の基礎をつくり子孫の「大國主命(オオク二ヌシノミコト)」が大八州国を平定し治めました。




出雲の神話を紹介


国引き神話 八岐大蛇神話 奥出雲町鳥上の案内看板
国引き神話 出雲国風土記 八岐大蛇 多根神楽 横田弁「大蛇退治の昔話」(出雲弁の泉さん)


古事記・日本書紀・出雲国風土記など


710 和銅3年 元明天皇が平城京(奈良)に都を移す(遷都)
712 和銅5年 古事記(Wikipedia) が太朝臣安萬侶によりによって献上される。日本最古の歴史書・文学書
スサノオノミコト  :建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)
アシナヅチ(老夫與):足名椎命、稲田宮主須賀之八耳神
テナヅチ(老女)  :手名椎命
クシナダヒメ(童女):櫛名田比売
ヤマタノオロチ   :八俣遠呂智
クサナギノタチ   :草那藝之大刀
713 和銅6年 風土記(Wikipedia) の編纂命令が諸国に下される。郡郷の名(好字を用いて)、産物や土地の肥沃の状態、地名の起源や伝えられている旧聞異事など
720 養老4年 日本書紀(Wikipedia) が完成する。奈良時代に成立した日本の歴史書(全30巻)
スサノオノミコト  :素戔男尊、素戔鳴尊
アシナヅチ(老夫與):脚摩乳
テナヅチ(老女)  :手摩乳
クシナダヒメ(童女):奇稲田姫
ヤマタノオロチ   :八岐大蛇
クサナギノツルギ  :草薙劒
733 天平5年 出雲国風土記(島根県) が編纂され、聖武天皇に奏上される
「意宇郡(おうのこおり)と名づけたのは…」で始まる国引き神話が記載されている
スサノオノミコトは「須佐能袁命」(5回)や「須佐能乎命」や「神須佐乃袁命」等
794 延暦13年 桓武天皇が平安京(京都)に都を移す(遷都)





多根神楽 八岐大蛇(やまたのおろち)

八岐大蛇は 多根神楽団(石見神楽)の奉納演目で、スサノオが八岐大蛇退治を行ないます。
八岐大蛇とスサノオが大格闘を繰り広げる壮大なスケールの舞いです。

「三瓶小豆原埋没林」の地下展示棟で、4000年前の埋没林が林立する縄文の森に、
神楽が奉納され笛や太鼓の音が響き渡りました。スサノオの活躍する縄文時代です。

多根神楽団(石見神楽)2010年5月2日
 八岐大蛇は、八つの頭と八本の尾を持ち、目はホオズキように真っ赤で、背中には苔や木が生え、腹は血でただれ八つの谷と八つの峰にまたがるほど巨大な怪物です 八岐大蛇
 スサノオは、直ぐに何度も醸した強い酒を造り、屋敷の周りに垣根をめぐらし、八つの門を作り、それぞれに八つの樽を置き、酒を注ぐように命じました
八岐大蛇 八岐大蛇 八岐大蛇
八岐大蛇が現れると酒の匂いに誘われて、八つの頭が八つの門をくぐり酒樽の酒を、先を争って飲み干しました

強い酒に酔いが回った八岐大蛇を、スサノオは十束の剣を抜いて、八つの頭を切り落として見事に退治しました

出雲大社 平成の大遷宮 本殿遷座祭


多根神楽 多根神楽
出雲大社平成の大遷宮奉祝で、恵比寿・四方剣・八岐大蛇が奉納されました。平成25年5月22日

    多根神楽団    






須我の宮 須我神社(すがじんじゃ)



八岐大蛇を退治したオサノオは、、クシナダヒメを連れて出雲のこの地にきました。 「気分がすがすがしくなった」 ことからこの地を 「須賀」 と名づけて宮殿を作り共に暮らしました。

宮殿(神社)の場所は、島根県雲南市大東町須賀260ですが、「須我神社」です。(須賀と須我の違い)

[第十六番]須我神社 出雲国神仏霊場さんのホームページ

須我神社 須我神社
須我神社
須我神社

スサノオの 「須賀の宮(すがのみや)」 は日本で初めてのことであり、「日本初之宮」 といわれています。
スサノオは、雲の立ち騰るのを見て歌をよみました。

「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣つくる その八重垣を」

夜久毛多都 伊豆毛夜幣賀岐 都麻碁微爾 夜幣賀岐都久流 曾能夜幣賀岐袁

やくもたつ いずもやへがき つまごみに やへがきつくる そのやへがきを


と31文字で歌いました。これは「日本で最初の和歌」 和歌発祥の地といわれています

スサノオの歌について 「やまとうた」さんのホームページ


船通山・鳥上


スサノオノ命が、出雲国の肥の河(斐伊川)上流の鳥髪(奥出雲町鳥上の船通山)に降ってきました
神楽の宿
登山口:亀石コース
船通山・鳥髪の峰(奥出雲ごごちさんのホームページ)

奥出雲町鳥上の地図(Mapion)

船通山自然観察モデルコースガイドブック改訂版(島根県)

登山口の温泉:斐乃上荘さん  民宿たなべさん
神楽の宿
登山口:鳥上滝コース


天叢雲剣・三角縁神獣鏡


神楽の宿
天叢雲の郷
草那藝之大刀(くさなぎのたち:古事記)、

天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ:日本書紀)(wikipedia)


肥の河:斐伊川(wikipedia)神原神社古墳(wikipedia)

景初3年(239)銘の三角縁神獣鏡(wikipedia)が出土
神楽の宿
竹崎本郷地区


神楽の宿(かぐらのやど)


須我神社の前にある 「神楽の宿」

松江市内の旧家を移築し神楽の伝承拠点として整備された施設です。「神楽の間」 の戸や障子を取り払い座敷で舞います。

観客は庭から奉納神楽と共に地域の家内安全や五穀豊穣を祈ります。開催案内のポスターには、 香具山 、日本武 や 簸の川大蛇退治などの演目が記してありました。

「神楽の宿」 うんなん旅ネットさんのホームページ


この場所の地図 :  須我神社(Mapion)、  須我神社(地理院地図)

神楽の宿



須佐神社(すさじんじゃ)


須佐神社 須佐神社
須佐神社 須佐神社
スサノオが当地に来て最後の開拓を行い、「この国は良い国だから自分の名前は岩木ではなく土地につけよう」と言って「須佐」と命名されたとのことです。須佐村と窪田村が昭和31年に合併して現在の佐田町となりました。
祭 神
須佐之男命(すさのをのみこと) …… 八岐大蛇を退治し須賀で宮殿を造る
稲田比売命(いなたひめのみこと) …… 美しい娘(八女)のクシナダヒメ、スサノオの妻
足摩槌命(あしなづちのみこと) …… おじいさん(老父)のアシナヅチ(wikipedia)
手摩槌命(てなづちのみこと) …… おばあさん(老母)のテナヅチ(wikipedia)
神社内の参拝路は通常真っ直ぐですが須佐神社は、くの字に何度も折れています。不思議な光景を、神主さんにお尋ねしました。参拝・祈願後の帰路時に、神様に尻を向けない ようにとのことからくの字になっているそうです。

すぐ近くに 「スサノオ館」と「ゆかり館」 があります

須佐神社さんのホームページ  案内地図 :  須佐神社(Mapion)、  須佐神社(地理院地図)




出雲大社(いずもおおやしろ) 大国主命


大国主命 大国主命 出雲大社神楽殿
波にのる玉をさずかるオオクニヌシ(大国主命) 出雲大社の銅鳥井前の姿像

別名:大穴牟遅神・大己貴命(オホナムチ)、八千矛神(ヤチホコ) 、葦原醜男・葦原色許男神(アシハラシコオ)

先妻: 八上比売命・(ヤガミヒメ)・・・大穴牟遅神の兄たちが求婚したが弟の大穴牟遅神を選び妻となる

正妻:須勢理毘売命・須世理毘売命(スセリヒメ)・・・スサノオの娘
(大国主命は多くの女神との間に子供をもうけ、180柱とのこと)

大己貴命(オホナムチノミコト)を祀る 佐比賣山神社(三瓶山の旧名は佐比賣山。ふもとの神社)


案内地図 :  出雲大社(Mapion)、  出雲大社銅鳥井(地理院地図)




素盞雄神社(スサノオの神社:東京)


素盞雄神社 素盞雄神社
全国にはスサノオ命(wikipedia)を祭神とする神社は多くあります。

八坂神社(祇園さん)

津島神社(全国天王総本社)

素盞雄神社(東京・荒川)

氷川神社(武蔵一宮)

スサノオ(wikipedia)

祇園神社(神戸・平野)

祇園神社(wikipedia)

須賀神社(紀州みなべ)

須賀神社(四谷総鎮守)

須賀神社(wikipedia)

素盞雄神社
素盞雄神社:東京都荒川区南千住6−60−1:JR常磐線南千住駅より徒歩8分


八重垣神社(クシナダヒメの神社:松江)


八重垣神社 八重垣神社
八重垣神社
全国には、クシナダヒメ命(wikipedia)を祭神とする神社は多くあります。
八重垣神社(出雲国神仏霊場さん) 島根県松江市佐草町220−6:JR山陰線松江駅、バス25分 縁結び八重垣
 稲田神社 茨城県笠間市稲田763:JR水戸線稲田駅、徒歩15分
氷川神社 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1−407:JR大宮駅東口、徒歩15分
小安神社 東京都八王子市明神町4-10-3:JR八王子駅、バス5分
相模國総社 六所神社 神奈川県中郡大磯町国府本郷935:JR二宮駅、バス5分
木田神社 福井市西木田2丁目6-27
八坂神社 京都市東山区祇園町北側625:京阪祇園四条駅、徒歩5分
湯神社 愛媛県松山市道後湯之町4番10号:道後温泉駅 徒歩4分
櫛田宮 佐賀県神埼市神埼町神埼419−1:JR長崎本線神埼駅、徒歩10分








もう一つのスサノオ神話(五十猛町)



高天原で暴れすぎて追放処分されたスサノオ(須佐之男命)は、

五十猛命(いそたけるのみこと)、大屋津姫(おおやつひめ)、抓津姫(つまつひめ)の三神を連れて、 新羅の国に天隆り曾尸茂梨(そしもり)に住みましたが、ここに居たくないとのことで、埴船(土でつくった船)に乗り日本へ戻るときに、 大浦の島(神島)に、上陸したと伝えられています(直線距離で280Km)

半島から舟で戻る場合、ランドマークの佐比賣山(三瓶山)を目指し、五十猛に上陸したのでは(かってな推測)……

神島(かみしま)と神上(しんじょう)

神島 佐比賣山
半島から埴船の舟で上陸し舟を繋いだ島で、浜の岩礁(神上)から浜辺に上陸と伝えられています

ランドマークの佐比賣山(三瓶山、1126m)が浜の奥にえます

726年(神亀3年):佐比賣山は三瓶山に改名(石村禎久著三瓶山)、麓の佐比賣村は昭和29年市制時に三瓶町に改称   

726年(神亀3年): 五十猛村は磯竹村に改称(石見八重葎)、明治22年の町村制時に五十猛村になる(五十猛小学校HP)

案内地図 :  五十猛(Mapion)、  五十猛(地理院地図)


神別れ坂

    左:神別れ坂。右:坂から見る上陸した神島・神上と浜
神別れ坂 神別れ坂 大浦海岸に上陸した神々は、砂浜を東に向かい汐吹きの坂で別れました。

須佐之男命は西に向って韓神新羅神社に 五十猛命は東に向って湊宮山の五十猛神社にそれぞれの住まいを設けました。

ここを拠点に樹木の種を大屋津姫と抓津姫の協力で、全国に植え、植林、製材、建築を起こしたとのことです。

左:神別れ坂。右:坂から見る上陸した神島・神上と浜

案内地図 :  神別れ坂(Mapion)、  神別れ坂(地理院地図)


韓神新羅神社(からかみしらぎじんじゃ)

韓神新羅神社 韓神新羅神社

大田市五十猛町の韓神新羅神社(からかみしらぎじんじゃ)、背後の山は、韓郷山(からごやま)

祭神は、須佐之男命、素戔男尊、神須佐能袁命(すさのをのみこと)

八岐大蛇を退治し三神を連れて新羅の国に天隆り五十猛に上陸する

大屋津姫命、大屋都比賣命(おおやつひめのみこと)須佐之男命の娘で姉神.全国の山々に木種を撒いた林業・建築の女神、

抓津姫命、都麻都比賣命(つまつひめのみこと)須佐之男命の娘で妹神.姉神と同じく林業・建築の女神

韓神新羅神社(ぎんたびねっと)  案内地図 : 韓神新羅神社(Mapion)、  韓神新羅神社(地理院地図)


五十猛神社(いそたけじんじゃ)


五十猛神社 五十猛神社
祭神は、 五十猛命(いそたけるのみこと)須佐之男命の息子、全国の山々に木種を撒きそのご紀伊国へ、

木の国神話の社 伊太祁曽神社(いたきそじんじゃ)…和歌山県

案内地図 :  五十猛神社(Mapion)、  五十猛神社(地理院地図)


逢浜(おうはま)

逢浜橋 逢浜橋
神々がいつかここで逢おうと話された逢浜橋。今はコンクリートの橋ですが当時は丸木でしょうか
案内地図 :  逢浜橋(Mapion)、  逢浜橋(地理院地図)


大屋姫命神社(おおやひめみことじんじゃ)


逢浜橋から上流6Kmの場所(大田市大屋町)
大田市大屋町の大屋姫命神社神奈備さんのHP(町名の由来とか)

祭神は姉神の、大屋津姫命(おおやつひめのみこと)
大屋姫命神社 大屋姫命神社
案内地図 :  大屋姫命神社(Mapion)、  大屋姫命神社(地理院地図)





もう一つのスサノオ神話(仁摩町宅野)



唐島(からしま)と唐島神社


左の島は「無木島(麦島)」、右の島は「唐島」、島は天然の防波堤。ひょうたんじまに似ていますね
韓神新羅神社から南西に2.5Kmの場所に「唐島」、「無木島(麦島)」と「逢島」があります。

島の神社は「唐島神社(宅野八幡宮の飛地境内)」、祭神は須佐之男命(スサノオノミコト)
唐島と唐島神社 唐島と唐島神社

邇摩郡案内(邇摩郡教育会発行)には、次のように記されています。
この島は、万葉集(2-135) の柿本人麻呂の長歌に、「つのさはふ、石見の海の、言さへぐ、辛の崎なる、いくりにぞ…」と歌はれているので有名である。

素戔鳴尊が高天原を避追われ給うて、韓土の曾尸茂梨から出雲の御降りの時、御子五十猛命と大屋津姫命を、御連れになってこの島にお立ち寄りになった。

尊は御舟を五十猛村に御進めになり、大浦の韓神新羅神社に鎮り給うた。

御子神の二神は、五十猛村の神別坂で一旦お別れになり、大屋津姫命は大屋村を開拓して鎮り、五十猛命は港の五十猛神社に、祀られ給うた。


からの崎 柿本人麻呂が見た石見とは(島根観光ナビ)

人麻呂の石見相聞歌 2-131,2-135(島根観光ナビ)

柿本人麻呂 7-1240〜7-1250(三瓶山浮布池)

案内地図 : 唐島(からしま)と唐島神社(Mapion)

唐島(からしま)と唐島神社(地理院地図)

「つのさはふ、石見の海の、言さへぐ、辛の崎なる・・・・・・」
「人麻呂の悲しみ残る五十猛の辛の崎をここと定めんか 梅原猛」
辛の崎(からのさき)がこの場所ではとのことで、柿本人麻呂史跡の案内標があります。
五十猛町の大崎ヶ鼻にて(正定寺の先を登り右折、岬に行きます)

案内地図 :  五十猛町の大崎ヶ鼻(Mapion)、  五十猛町の大崎ヶ鼻(地理院地図)

 ホームTOP   ページTOP