ホーム プラザ できごと 天 気 アクセス 著作リンク
三瓶山 草 原 温泉 北三瓶 埋没林 石見銀山

石見の方言


山口・出雲の方言
出雲の方言
出雲・石見の国境から望む三瓶山 多根・石見の方言
石見の方言
どがなかな国

簸川郡山口村: 元 --> 
だんだん国 
 <-- 元 :安濃郡佐比賣村
 どがなかな国
北三瓶地区は、だんだん国どがなかな国 の融合地区

 島根県は、石見の国、出雲の国と隠岐の国の3国で県ができました。出雲の国の方言は、東北地方の言葉に似た部分があります(雲伯方言)石見の国の方言は、広島県や山口県等に似た言葉が多いのが特徴です。

 北三瓶地区の多根・野城(石見の国)は、山口(出雲の国)と相互に接していることから、石見の方言と 出雲の方言 が 交っているようです。方言は地方独特の言葉でありふるさとの香りがあります。

元気の無い友達に……

「どがしたかなーごうぎにいたしげななー」

「てごにいったらまげにさでまくれてな。足がいがんだに。じねんになおると思うがなー」

「そりゃやれんなー」

出雲の国    石見の国
あげこげそげどげ  =  あがこがそがどが
あげな、こげな、そげな、どげな あがな、こがな、そがな、どがな
あげに、こげに、そげに、どげに あがに、こがに、そがに、どがに
どげもこげも どがもこがも
あげこげ あがこが

出雲の方言へ 石見の方言 INDEX       

 

石 見 の 方 言
意味や使われ方
あいご 引き分け、同等、※じゃんけんだけでなく使用する
あいまこま、あいまこいまに 時々、余裕のある時に
あが(あがな、あがに、あがだ?)
あがなこと、あがにまで、あがだかな?
あがこが、あがにこがに
あがあが
あのような、あんなに、あんな?
あのような、あんなにまで、あれですか?
あれやこれや、あのてこのて
そうそう
あかはぜ(魚) ヒメジ(魚)、 ヒメジ(wiki)和田珍味さん:干物
あさどり、あさいどり、あさえどり アキグミアキグミ:三瓶山北の原、 出雲でも→
あさはん(食) 朝飯(あさはん)・昼飯(ちゅうはん)・夕飯(ゆうはん)
あしつぎ(足継ぎ) 踏み台、脚立
あずる、あずって、(寝あずり) てこずる、もがく、あがく、(寝相が悪く乱れる)
あただな
この度はあただなことで(通夜の席で)
急な
この度は急なことで
あとざ、あとざに 以前、少し前
あます 身をかわす、物事をかわす
あばかん かなわない、手に負えない、始末に困る、出雲でも→
あぶらむし(虫) 稲につく虫(ウンカ等)、ゴキブリ
あまだ 屋根裏の収納場所、中二階の物置
あまだい(魚) アカアマダイ ※アカアマダイ(島根県)甘鯛一夜干し(大田市)
あやまち けが、負傷
あらかす 手入れをせずに放置した田畑や庭など
あらかた、あらまし おおよそ、おおむね、ほとんど
あんき、(~な、~に) 気楽、のんき、(気楽な、気楽に)
あんじょ 兄、若者、先輩
いいがいに、いいしこに(いしこに) 良い具合に、良いように
いがむ、いがんだ 曲がる、曲がった、歪んだ
いがる、(ごうげにいがって) 叫ぶ、泣き叫ぶ、(大声で泣き叫んで)
いきしに、いきしなに 行きがけ、行くときに、行くときついでに
帰るときに→もどりしに
いける 埋める
いけん、いけんな、いけんぞ、いけんね 良くない、いけない、だめ
いこや 行きましょう、出雲では→いかや
いたしい 難しい、困難、苦しい、つらい、(病気?)
いついき いつでも、休み無く、ずっと、常に
いっそ(~わかなんな) 少しも、ちょっと(一寸)
いったかいな?
ゆうたかいな?
行きましたか?
言いましたか?
いっちょな(~靴だな) 同じ、等しい、差がない
いってかえります、いってきます
かえりました、もどりました
出掛けるときの挨拶
帰着(帰宅)時の挨拶
いっと(えっと) たくさん、多数、多量、山ほど
いで
いでさらい(え)
井手(水田の用水路)
用水路の掃除、農作業→ほとり刈り
いなげな(えなげな) 変な、おかしい、ふざけた、奇態な、出雲でも→
いにしな 帰るときに、帰りぎわに
いぬる、いんだ、(いんだでな)
いねや(持って~)
帰る、去る、帰った、(帰りましたよ)
帰りなさい(持って帰りなさい)
いまかた、いましがた、いまだに
いんまがた
つい先ほど、今になってもなお
先ほどまで
いらん いらない、いりません、不要
いろんな いろいろな、様々な
いんぐりもんぐり 優柔不断、のらりくらり
いんや、いんにゃ 否、そうではない、違う、いいえ、出雲でも→
うずく(うずいてやれんなー) 傷口が脈拍つように痛む、づきづきと痛む、出雲でも→
うだるほど 十分に、余る、過る
うべる(水を~) 加える、薄める(水を入れてぬるくする)
うむす 蒸し暑い
えーたい 常に、いつも、続いて、(永代?からか)
ええこと(えーこと) 良いこと
えがま(工具) 斧(おの)、長斧、まさかり、まさかり(島根の民具)
えづく(えづいた) 吐く、(吐いた)
えしこに、ええしこに、えーしこに 良い具合に、うまい具合に
えてかれい(魚) ソウハチ ※ソウハチ(島根県)えてかれい一夜干し(大田市)
おおちゃく、(~もん) 怠ける、(怠け者)
おきいわし、おききす(魚) ニギス ※ニギス(島根県)
  大田で三番目の水揚(おおだ定住促進協議会)
おくれや ください、いただきます
おせ 大人、年長者、一人前、出雲でも→
おぞい 恐ろしい、怖い、ぞっとする、出雲でも→
おっつぁん おじさん
おどろ くど(かまど)で使う小枝(束)、おどろ(Weblio)
おとんぼ 末っ子、下の子
おなご、おなごし 女性、女性衆
おやかっつあん
おかっつあん
主人、良家・格式の高い家の主人
奥さん、良家・格式の高い家の奥さん
おら 僕、わたし
おらん(おらんな、おらんに) 居ない、留守
出雲の方言へ




石 見 の 方 言 意味や使われ方
かいさめ、かえさめ 逆さま、裏返し、出雲でも→
かかさん お母さん、とっつさん→
かかりご 家名(家系)を継ぐ子女
かがち、かがつ 擂り鉢、すりばち
かくし(服) ポケット
かける、かけらかいては、かけらかす 走る、走っては、走らせる
がず
歳をとったらがずになって
聞こえにくい
歳をとったら耳が遠くなって
かずく、(帽子を~) かぶる(帽子をかぶる)
かずむ、(匂いを~) 嗅ぐ、(匂いを嗅ぐ)
かたら餅
かたらだんご(食)
柏餅(wiki)の柏の代用に「かたら」の葉を使った餅、出雲でも→
かたらの葉(さるとびいばらの葉(wiki))サンキライト(wiki)かたら餅(郷土料理百選)ちまきの作り方(かたらもち) gooぷろぐ
かたひら、(母屋のかたひら) 片側
かばち、(~をたれる、~ばっかり) 文句を言う、減らず口、屁理屈、出雲でも→
かやかす、(豆を一晩~) 水につけておく、(豆を一晩水に浸ける)
かわっとる、かわってるな 変わる、(変わる:珍しい:違っている)
かわりご、かわりばんこ 交互に、交代に、代わる代わる
かんから 空き缶
がんじょ、がんじょう 良く働く、休まず働く、頑張る、丈夫、こわれない
きあいがわるい 気持ちが悪い、気分が悪い、面白く無い
きしゃない、きちゃない 汚い、気持ちが悪い
ぎっちょ 左利き
きなや(建) 木納屋→薪や炭などの収納小屋
きらず(食) おから、卯の花
きんか、きんかあたま、きんかやま はげ、はげ頭、はげ山
きんかいも(野菜) ジャガイモ、馬鈴薯  ジャガイモ(wiki)
きんさい、きんさった
きちょくれや、きちゃんさい
おいでください、来られました
来てください
くぎる 焦げる、※区切るではない
くじくる、くじくって 不平なことをいう、むずかる、むずかしがって
くたびれた、くたびれる 疲れた、無駄なことをした
ぐだぐだと
ぐだぐだに
小言などをくどくどと
粉々に、潰してドロドロに
くど かまど、へっつい ※おどろ  くど(竈)(wiki)
くべる たき火やカマドなどに薪などの燃える物を入れる(加える)
くわいちご(実) 桑の実
げさく、げさくな 品が悪い、下品な、ぶさいくな
けんびき、けんべき 疲れからくる肩こりや頭痛、過労、出雲でも→
げんがいい、(げんがわるい) 縁起がいい、(縁起が悪い)
けんけん、けんけんぱー 片足飛び(子供の遊び)
ごうぎな、ごうぎに
(魚が~釣れた)
ごうげな、ごうげに
大変な、ひどい、多く、
(魚がたくさん釣れた)
  出雲では→がいな、がいに
ごうこう、こうこ たくあん、※御香香→香香→こうこ?
こうせん(食) はったい粉(wiki)、夏のはしまん
ごーら、ごーらん(花) ササユリ、北三瓶のササユリみかんの花日記さん
こうかちゃ、こおかちゃ(お茶) カワラケツメイのお茶、こぉか茶(春光園さん)
こおりみず(氷水) かき氷、 かき氷(wiki)
こが、(こがな、こがに、こがだ?)
こがなこと、こがにして、こがだかな?
こう、(こんな、こんなに、こう?)
こんなこと、こんなにして、こうですか?
こけた、こける 倒れた、斜めになった、転ぶ
こごみ(山菜) クサソテツ(草蘇鉄)の若芽(wiki)
子ご美の里
こさげる、(鍋底の焦げを~落とす) 掻く、(鍋底の焦げを掻き落とす)
こすい、こすからい ずるい、悪賢い、ごまかす
ごせ、(ごせや、ごすか?、ごさん?、ごしてね) ください、(くれ、くれますか?、貰えますか?、くださいね)、→やろか
こそば(~い、~いい、~しい、~ゆい) かゆい、むず痒い、何となくかゆい、くすぐったい
こだくる(こだくって) 小さく(切る、整える、分ける、始末する)、出雲でも→
ごっつお(~だな) ごちそう(ごちそうですね)出雲でも→
こっとい 雄の牛、べんこ(牛の子)、三瓶山 牛の放牧
ごねん、(~な、~に)
ごねんにいりました
丁寧、(丁寧な、丁寧に)
ご丁寧にありがとうございました
こまい、(~魚だな) 細かい、小さい、節約・倹約、(小さな魚だな)
こらえて 勘弁して、許して、我慢して
ごもしん、ごむしん お願いごと、頼みごと
こんげん 決して、これっきり、最後、出雲でも→
ごんぞう 乱暴者、荒くれ者、言うことを聞かない者
こんだい この次、こん度
出雲の方言へ



 

石 見 の 方 言 意味や使われ方
さいくにならんな
さいくになりませんね
手にあわない、他の手段がない、ごまかしができない、どうしょうもない、だめ
ざいご 田舎(いなか)、田舎者、(在郷が転じてざいご?)
さかつんぼ 逆、物事が逆、逆立ち
さがりいちご ナガバモミジイチゴ、※(木々@岸和田さん)
さこ、だわ 谷のゆきずまり、鞍部または鞍部にある峠、出雲でも→
ささかれい(魚) ヤナギムシガレイ、 ※カレイ3種(島根県)
ヤナギムシガレイ(島根県)ササカレイ一夜干し(大田市)
さで(~まくれる、~こむ) 強調する接頭語(強く転ぶ、強く物を入れる)
さつまいも(りゅーきゅーいも) 薩摩イモ(琉球イモ)→甘藷、
サツマイモ伝来400余年(東京農業大学:Webジャーナル、鈴木俊教授)
さばる、(虫が~) しがみつく、つかまる、くっつく、(虫がくっつく)
ざまく、(~な仕事) 手抜き、いいかげん、粗雑 →逆は、ねつい
さりご、さるご れんげ(紫雲英、蓮華草)れんげ米の里ゲンゲ(wiki)
しいら 実入りの悪い籾(不念) ※魚のシイラは「まんさく
しごする、(魚を~) こらしめる、いじめる、
(魚を解体する、魚を料理する)、出雲でも→
しこたま、(~まくれてなー) 九州の方言が石見に伝来?ひどく、強く、たくさん、(ひどく転んだ)
しごんならず、しごんならん いたずら、ふざける、手におえない、腕白、悪童
しじれる、しじれた、にしじれる 煮詰まる、煮詰まった
しじゅう いつも、常に
したじ 吸い物、汁のだし、物事の基礎
しちゃろ、(~かな?) してやろう、(してあげましょうか?)
しっちょる、しっとる、(~かな?) 知っている、(知っていますか?)
じねんに 自然に、おのずから、独りでに、自ら
しばく たたく、殴る、負かす、出雲でも→
しびき(木) ヒサカキ(wiki)、※出雲では→しぶき
しみる 凍みる(浸みるではない)
じるい(じゅるい) 地面がぬかるんでいる状態
しろいか(魚) けんざきいか、ケンザキイカ(島根県)白いか一夜干し(大田市)
しゃきらもない まあ大変、いいかげんな、とんでもない、くだらんことを
じゃまくさい 面倒、面倒くさい
じょうに、(~ある、~ない) たくさん、(たくさんある、たくさんない:余りない)
じょぼくれる 失敗、悔しい、惨め、あきらめ
じょじょろ(~ながい) とても、(とても長い・細長い)
しわい つらい、疲れる、きつい、苦しい、くたびれた
すえる 食べ物が腐る(腐って酸っぱくなる)
すくも 籾殻、役に立たない殻
すかす(子供をあやかして) 子供をあやす、透かす(余裕を持たせる)
すがる 寄りかかる、柱や壁にもたれかかる
すとかまぼこ、すまきかまぼこ(食) スト蒲鉾、す巻き蒲鉾、おおだブランド認証商品(大田市)
すばり、(~がささる) とげ、(とげが刺さる)
すむ、(鼻を~) 鼻をかむ、鼻すんぼろ→鼻紙
ずる(雪ずり) 滑り落ちる(屋根から雪が滑り落ちる)
ずんど、
(成績が~ようないな)
最も、一番、相当に、※出雲では→じんど
(成績が一番良くないな)
すんどり(民具) 竹で編んだざる(ちりとり状)、※出雲では→てみ(手箕)
せいがいい(せいがわるい)
せーがえー(せーがなー)
張り合が有る(張り合が無い)、勢いが有る(勢いが無い)
せがらかす からかう、戯れる
せびらかす、せぶらかす、せせらかす からかって人をだます、嘘をいって人をだます
せわしい、せわしげな 忙しい、忙しそうな
せわない、
(せわないか?、せわないな!)
問題ない、差し支えない、出雲でも→
(大丈夫か?、問題ないな!)
そうめんかぼちゃ(野菜) キンシウリ(金糸瓜、錦糸瓜)、 キンシウリ(wiki)
そが(そがな、そがに、そがだな)
そがなことゆーて、そがにまでせんでも、
そがしょかな?、そがしてもらうといいな、
そがだかな?、そがだでな、そがだよな
そんな、そんなに、そうだな
そんなこといって、そんなにまでしなくても、
そうしましょうか?、そうしていただくとうれしいな、
そうですか?、そうですね、そうですよね
そちのえ あなた、あなたの家
そばえる(つばえる)、(猫が~) じゃれる、(猫がじゃれる)
ぞびく、ぞびる、(ぞびいて) 引きずる、(引きずって)
出雲の方言へ



 

石 見 の 方 言 意味や使われ方
たいぎ(~だな、~なことだな) 疲れた、面倒くさい、無駄、骨折れ
だいめん(~暑いな) かなりの程度、だいぶん、ずいぶん
だがな?(あが~、こが~、そが~)
だでな(あが~、こが~、そが~)
ですか?(あーですか?、こうですか?、そうですか?)
ですね(あーですね、こーですね、そうですね)
たぐるま(農具) 田車、水田の手押し除草機、出雲を参照→
だげなけな(公園~) だそうですね(公園だそうですね)
たてる、(戸を~) 閉める、閉じる、(戸を閉める)
だばこ(~しょうやな) 一休み、休憩、(一休みしましょう) ※煙草では無い、出雲でも→
だばん、(~ごや) 放牧場の番人、(駄番小屋)、三瓶山 牛の放牧
たまげた、たまげる 驚いた、びっくりした
だらず 馬鹿、怠惰、怠け者、思慮の浅い者、出雲でも→
たわ、だわ 峠、鞍部、凹部、出雲でも→
たわん、とわん(てがたわん) 届かない(手が届かない)
たんびに(お菓子を~貰って) 頻繁に、いつも(お菓子をいつも貰って)出雲でも→
ちったぁ、ちったどま(~勉強すーだで) 少しは、(少しは勉強しなさいよ)
ちばける、(ちばけて行かんと) 慌てる、急ぐ、(急いで行かないと)
ごうげにちばけても一分と違わぬ危険運転
ちびる、(靴が~) すり減る、薄くなる、短くなる、(靴がすり減る)
ちゃる、やっちゃる、こーちゃろか?、こーちゃった してらる、やってやる、買ってやろうか?、買った
ちゃんこ、ええちゃんこして 座ること、行儀良く座ること(幼児語・育児語)
ちゅうはん(食) 朝飯(あさはん)・昼飯(ちゅうはん)・夕飯(ゆうはん)
××ちょる
しっちょる、やっちょる、わかっちょる
知っている、行なっている、分かっている
ちょっこし、ちょっこり
ちょっとげな、ちょっとばかり
ちょんびし、ちょんびり
ちょんぼし、ちょんぼり
少し、少しだけ、僅か
つどう、(つどって来てください) 集まる、声を掛け合って、(寄り集って来てください)
つばえる はしゃぐ、はしゃいで騒ぐ、ふざける、出雲でも→
つばくら、つばくろ(鳥) 燕、ツバメ、ツバメ(wiki)
つまらん 駄目、無駄、粗末な、出来が悪い、役に立たない
つー よだれ、出雲でも→
てご
てまがい、てまがえ
てご(手子)
手伝い、手助け、出雲でも→
手間替い、手間替え:手伝合う、貸し合う
手子:石見銀山では坑内で使い走りする者(子供)を手子と称した
てこずる 扱いが難しい、解決しそうにない、労力を必要とする
てこにあわん 手に負えない、手に余る、無理だ、能力・力不足
てれこ、~になる 逆、あべこべ、交互
てんがてんがに 所々に、あちらこちらに
てんで、てんでに、(~ばらばら) 自由に、勝手に、気ままに
てんぷらまんじゅう(食) 紅白のまんじゅうを天ぷらにした郷土の食品
大田市のHP大田と三瓶のおいしい物
とうから、とうに、とうの昔 以前から、早くから、ずっと昔
とうみ(農具) 唐箕、出雲を参照石見銀山でも使用される、とうみ(しまねの民具)
どがなかな?、どがしたかな?
どがでも、どがしても、どがしょかと
どがだり、こがだり
どがもこがも、どがにもこがにも
どがすりゃ
いかがですか?、いかがされましたか?
是非にも、どうしても、どうしようかと
どうにも、こうにも
どうもこうも、どうにもこうにも
どうすれば
どさらくさら まあ、何とか・・・(どがなかな?、どさらくさらだな)
どだい、どだいこだい 全く、大変、案外、どうにもこうにも
どちはんじゃく 中途半端、どっちつかず、 出雲でも→
とっつあん お父さん、かかさん→
ととろかん 動かない、伝わらない、動作が緩慢、出雲でも→
どひょうしもない、どひょうしげな あきれた、とんでもない、常識はずれ
どべ、どんべ、どんけつ、どんじり ビリ、最下位、最後、最後尾、最終者
出雲の方言へ



 

石 見 の 方 言 意味や使われ方
なかい、なかえ 土間、たたき
ながし、ながしば 台所、流し場
なげとく、なげとくぞ、なげといてね 放っておく、放っておいてね
なして、(なしてな?) 何故、どうして、(どうしてですか?、なぜですか?)
なす(なえす) 返す、返済する、戻す ※茄子も「なす」と云うので

なすをなえすでな→茄子を返します
なだら、なだらば 稲ハデ、稲ハデ場、写真→北三瓶学校のなだら
なつまめ(野菜) そら豆、ソラマメ(wiki)
なわしろつつじ(草木) コバノミツバツツジ家の女たちのプログ
なんぞ、なんぞかんぞ なにか、あれやこれや、出雲でも→
なんたこと(~だかいな) なんということでしょう(同情)
なんたまた なんということを!、どうしてこんなことに、あきれた
なんだり、(~ないでな)
なんだりかんだり
何にも、(何にもありませんが)
なんとかかんとか
なんぼ、
(大根は~だかな、お歳は~だかな)
いくら、
(大根の価格はいくらですか?、お歳は何歳ですか?)
にいな(にーな) 新しい、(~靴、~めがね)
にき、ねき(木の~) そば、脇、元、近く、(木の根元)、※出雲でも用いる
にょうばんこ、にょうぼのこ 女の子、ぼうぞ→男の子
ねあずり 寝相が悪い、→あずる
ねつい、(~仕事) 丁寧、念をいれる、(丁寧な仕事) →逆は、ざまく
ねと(~掘る) 根元、(根元を掘る)、※出雲も用いる
ねぶる 舐める、なめる
のうなる(のーなる)、のうなった 無くなる、失う、無くなった、失った
のすける、のつけて 物を手渡す、差し出す、取って
のっけに、のつけに いきなり、突然、(仰向け)
のどぐろ(魚) アカムツ ※アカムツ(島根県)ノドグロ一夜干し(大田市)
のーじした 満足した、(食べて満足した)、たくさんたべた→いっとたべた・えっとたべた
出雲の方言へ



 

石 見 の 方 言 意味や使われ方
はこずし(食) 箱寿司、来客歓迎の一品、大田と三瓶のおいしい物
はしかい、はしかいい、はしかゆい 肌がチクチクする、痛痒い、出雲でも→
はしま、はしまん(食) 間食、軽い間食、出雲でも→
はしる、(歯が~) ピリピリ痛む、ひどくいたむ、(歯が痛む)、出雲でも→
はっとじ(虫) カメムシ(wiki)、(ヘコキムシ)、出雲でも→
はなえる 始める、取り掛かる、仕度する、出雲でも→
はなぐり
はなぐりいわ
牛を繋ぐ鼻輪、三瓶山 牛の放牧
船を係留する岩温泉津の鼻ぐり岩(大田市観光協会)
はばしい 激しい、騒々しい、当たり散らす
はぶてる 腹をたてる、すねる、気に入らない態度、ふくれ面
ばんげ 夕方
はんど、はんどう、(民具) 水瓶、水がめ、出雲を参照はんど(焼きもの里)
はんぼ(民具) 飯櫃、おひつ、めしつぎ、そうき:出雲を参照はんぼ(島根の民具)
びっしり いつも、常に、度々、何時も、すきまなく、出雲では→とおしに
ひしゃぐ、ひしゃげる つぶす、潰れる
ひちめんどうくさい 手間がかかる
ふーがわるい 体裁が悪い、格好が悪い、運が悪い、ついていない
ふてちょる 腹をたててる、ふてくさる
へいから(へーから) それから
へいさ、ひいさに、ひーさに、へさに
(~に雨が降らんな)
久しく、(久しく雨が降りませんね)
へかやき、へかなべ 魚のすきやき、大田と三瓶のおいしい物
へぐ、(皮を~) はぐ、(皮をはぐ)
へこきむし(昆虫) カメムシ(wiki)。攻撃すると悪臭を放つ
へたばる、(疲れたなーへたばってたばこしようやな) 座す、すわる、体力や気力が尽きて座りこむ、(疲れましたね、座って一休みしましょう)
ぺったん メンコ、音から採用?
べたれ(雪) べた雪、ぼた雪、※出雲では→だんべら
玉雪→粉雪→灰雪→綿雪→餅雪→べた雪→水雪  雪(wiki)
へのつっぱり(~にもならんな) 役に立たない、(全く役に立たんな)
へんくつ 変わり者、かたくな者、素直でない者、ひねくれ者
べんこ(家畜) 牛の子、こっとい(牛の雄)、三瓶山 牛の放牧
ほいだけ、ほいだけな そうゆこと、そうゆことですからね
ほいと、(目ぼいと) 乞食、(目にできるものもらい)
ぼうくた、ぼーくた、ぼーたぎれ 木の棒、(役に立たないような木の棒)、出雲でも→
ぼうぞ、ぼーぞ 男の子、女の子→にょうぼのこ
ほうど、ぼーど 全く
ほえる(ごうぎにほえて) 泣く、(強く泣いて)
ほがみ(~運転事故のもと) わき見、よそ見、(わき見運転事故のもと)、出雲でも→
ぼちらぼちら、ぼっちらぼっちら ゆっくり、急がずに
ほちょっと、ほにょと、(~歩けるように) やっと、ようやく、(ようやく歩けるように)
ほっとも、(そっとも)
ほっとばかりですが
うちの子はほっとも勉強せんので
少し
僅かですが
うちの子は少しも勉強しないので
ほとり
ほとり刈り
まわり
田んぼの周りの草刈り、農作業→いでさらい
ぼべ、ぼべ汁、ぼべ飯(貝) ぼべ飯は磯の香りがあふれます。カサガイ類(wiki)
にな→巻貝
ほやかす、(しごんならずをほやかした) 泣かす、(腕白坊主を泣かせた)
ぼろ、ぼろた、ぼろくた、(はなすんぼろ) 役に立たないもの、不要なもの、壊れたもの、(鼻紙)
ぼろける(ぼろけんように) 落ちる(落ちないように)、
※転ぶ→まくれる出雲でも→
ほんがほんが ぼんやり、なんとなく、惚けたような、出雲でも→
ほんそ(ほんそご) かわいがる、(可愛い子供(児))、出雲でも→
ほんなら、ほんにな、ほんにや? それでは、そうですね(丁寧)、本当ですか?、出雲でも→
出雲の方言へ



 

石 見 の 方 言 意味や使われ方
まくれる、まくれた、(さで~) 転ぶ、転んだ、(強く転倒する)
※落ちる→ぼろける出雲でも→
まげだ、まげな、まげに、
(まげだで!)、
(まげに柿がなっちょうな)
見事だ、大きな、りっぱに、
大きいぞ!すごいぞ!(三瓶小豆原埋没林公園のニュースレター
(たくさん柿がなってますね)
まそげな、まそうな 美味しそうな
まどう 償う、弁償、埋め合せる
まひょうし(~にあわんな) 間に合わない、急なことに対応ができない
まぶ(間歩) 横穴、坑道、トンネル
※ 石見銀山では坑道を「間歩(まぶ)」、
  間歩を照らす明かりは、螺灯(らとう)
マスコットキャラクター「らとちゃん」は螺灯と鉱夫の衣装がモチーフ
まま(食) めし、ご飯
まめ(~なかな、~だかな) 健康、勤勉(元気ですか)、出雲でも→
まや
まやごえ
厩舎、牛馬を飼う家屋、小屋
厩肥、牛馬飼育中にできる肥料(牛馬の糞や草など)
まんさく(魚) しいら、シイラ(島根県)、 ※実入りの悪い籾(不念)→しいら
みてる、みてた 無くなる、空になる、尽きる、(出雲では満てるの意)
みみがず(歳をとったら~に) 難聴、(歳をとったら耳が聞こえなくなって)
みやすい やさしい、容易な、簡単な、楽なこと
むすび(食) 握り飯、おにぎり、おにぎり(wiki)
めぐ、(めいだ、めげた、めげる) 物を壊す(壊した、壊れた、壊れる)、出雲でも→
めしそうき、めしぞうき(民具) 飯そうき、飯ぞうき、腐敗を防ぐために夏期に用いる、出雲でも→
めのは(海藻) わかめ(若布)を乾燥・板状したもの、出雲でも→
ワカメ(島根県)ふるさと認証食品(島根県) 板ワカメ(渡邊水産さん)
もうむない、もむない、もうもない まずい、美味くない、※出雲では→まむない
もぐれる、もぐれつく まとわりつく
もつき(むつき) おむつ
もとらん、もとおらん 賢明でない、役にたたない、テキパキとできない、出雲でも→
もどりしに、もどりしなに 帰るとき、帰り際に、
※行くときついでに →いきしに
もりあい(もりあいこ) 共同で作業をする、共同で物を所有(共有)
出雲の方言へ



 

石 見 の 方 言 意味や使われ方
~や、(行けや、おくれや、ごせや、やめちょくれや) 命令形(動詞)につけて呼びかける(行きなさいよ、くださいよ、くれよ、止めてよ
やいと、(~をすえる) お灸、(お灸をすえる)、灸(wiki)出雲でも→
やおい 柔らかい、軟らかい、性格が穏やか、優しい
やたき、(~に欲しくなって) 無性、(無性に欲しくなり)
やっぱり、やっぱし、やっぽり やはり。似た言葉:がっぽり、きっかり
やど 自宅、(自分)、出雲でも→
やめくちゃ、やみくちゃ むやみやたらに、出雲でも→
やらん(やらんぞ) あげない、譲らない、しない、やらない
やれん(~なー、やれませんね) できない、難しい、(困ったなー、困りましたね)
やろか?、やろやな 物をあげましょうか?、(事を)始めましょうか
ゆう(ゆうな、ゆうに) ゆったり、ゆとり、ひまな、穏やか、出雲でも→
ゆうて、ゆうてかす 云って、言って聞かす
ゆうはん(食) 朝飯(あさはん)・昼飯(ちゅうはん)・夕飯(ゆうはん)
ゆるす、(牛を~) 放す、(牛を放す:放牧する)、三瓶山 牛の放牧
ようけ(~もろたでな) たくさん、いっぱい、(沢山いただきました)
ように(~やれんことに) 全く、(全くできないことに)
ようもようも(ようまようま) 呆れた、よくもまあ、どうにもならない
よこや(よこやさん) 神官・神主さんの家、佐比賣山神社出雲でも→
神社の横にある神官・神主さん宅なので「よこやさん」となったのでしょうか?
よずく(鳥)
フクロウやミミズク等の総称、ヨズクハデ(文化遺産オンライン)
よっちょくれや(きちょくれや) 立ち寄ってください(来てください)※大分の方言にもあるようです
よっぴて、よっぴいて、(~神楽を) 終夜、夜通し、一晩中、(夜通し神楽を)※多根神楽
よばれる、よばれた 招待されご馳走になる(なった)、注:呼ばれるではない、出雲でも→
よろくそ、(歳をとったら~に) 体が弱い、衰える、弱虫、(歳をとったら衰えて)、出雲でも→
よろこび、よろこびます お祝い、感謝します、うれしい
出雲の方言へ



 

石 見 の 方 言 意味や使われ方
らしがない だらしない、しまりがない、出雲でも→
らとう(螺灯:民具)
らとちゃん
石見銀山の間歩でサザエの殻に油を入れて火を灯す明かり
大田市のマスコットキャラクター、螺灯と鉱夫の衣装がモチーフ
りうかく、りゅーかく 几帳面、厳格、厳しい、正確
りゅーきゅーいも(さつまいも) 琉球イモ→甘藷、
甘藷年表(沖縄県嘉手納町)1732年に代官井戸平左衛門、イモを取り寄せる
ろーちき、(梅が~なったでな) たくさん、多く、(梅がたくさん実りました)、出雲でも→
ろくすっぽ(~仕事せんな) 不十分、満たない、(満足に仕事しませんね)
ろくなこと、ろくでもない 大したことでもない、いいかげんな、価値のない
出雲の方言へ



 

石 見 の 方 言 意味や使われ方
わ、わらちゃ おまえ、お前達は
わきざまし 湯冷まし、お湯をさましたもの、燗酒の冷めたもの
わけ、ねこわけ 食べたり喰ったりして残したもの、出雲でも→
わざに、わざくら、わざくらに わざわざ
わしゃ、わはちゃ、わしゃちゃ 私は、私らは、私たちは、
わりき(たき火に~をくべる) 薪、(たき火に薪を入れる)
わるさ、(~がすぎるな) 悪るさ、いたずら(悪戯が過ぎますね)
わや、わやく、わやくちゃ、わやくそ 乱雑、乱暴、めちゃくちゃ、むちゃくちゃ
出雲の方言へ



地元その1 どがなかな」は、ふるさと情報誌の名称です
やっぱりおおだ」は、定住支援ガイドブックの名称です
おおだ定住促進協議会のホームページ
地元その2 まげだで」は、ニュースレターの名称です
三瓶小豆原埋没林公園のホームページ
地元その3 三瓶ダム・さひめ湖の売店では、
三瓶ダム・さひめ湖の売店
地元の野菜や特産品の売店。ここで休憩すると湖面が一望できます
農産物直売センター「さひめ湖」(中国四国農政局)

さひめ湖 売店

店内の壁に大田の方言一覧が貼ってありました。一言断って了解を頂き撮影
都会にでればふり向かれる事うけあい」とのことです
(※一覧表に採用させていただきました)


 三瓶ダム   さひめ湖直売店   さひめ湖展望所 

石見と言えば神楽 多根神楽伝承館の舞台


多根神楽

 多根神楽   八岐大蛇の神話   国引き神話 


※参考資料や文献
ふるさと百年 多根老人クラブみかど会 大迫好市著 昭和44年8月10日
出雲方言 文友社 後藤蔵四郎著 大正5年4月20日
出雲・石見接境地帯方言の動態
広島文化学園大学・短期大学
 
野々村憲、高永茂著 平成8年7月10日

出雲の方言
出雲の方言
  石見の方言
石見の方言

ホームTOP ページTOP