ホーム プラザ できごと 天 気 アクセス 著作リンク
三瓶山 草 原 温泉 北三瓶 埋没林 石見銀山

三瓶山 > 六峰 > (三瓶山眺望三瓶山ビューポイント)

三瓶山から360度眺望


大平山から大山を遠望


三瓶山(大平山)から大山遠望 三瓶山(大平山)から大山遠望
大平山(854m)から大山(だいせん:1729m)を遠望。距離 87km、11月1日
大山は中国地方の最高峰。極めて幸運な時のみ姿を現します(冬の終わりから黄砂等で視界がくもります)



男三瓶山から薗の長浜と島根半島眺望


男三瓶山から島根半島を眺望 男三瓶山から島根半島を眺望
男三瓶山から薗の長浜と島根半島を眺望 9月21日
国引きの神話では、八束水臣津野命(やつかみずおみずぬのみこと)が、 新羅(しらぎ)の岬の国の余りを、くるやくるやに、もそろもそろに、国土の余分を、「国々來々(くにこくにこ)」と引き寄せた「杵築(きずき)の御埼」と引き綱の「薗の長浜」。国引き神話はこちら
※ 出雲大社の国旗掲揚塔の国旗が見えます(拡大表示


男三瓶山から大田市街を眺望


男三瓶山から大田市街を眺望 男三瓶山から大田市街を眺望
大田市街を眺望 9月21日
大田市街は三瓶山噴火の噴石や火山灰で埋まると共に、三瓶から流れ下る河川に土砂が運ばれて埋まり平野ができました。河岸段丘が随所に見られます。三瓶山火山活動はこちら



男三瓶山から北三瓶口を眺望


男三瓶山から北三瓶口を眺望 男三瓶山から北三瓶口を眺望 石見国と出雲国の境(北三瓶口) 10月24日
今から4000年前(3.87Ka)三瓶山噴火活動(第Ⅶ期)により男三瓶山北斜面山体崩壊(立石岩屑なだれ堆積物) (国立研究開発法人産業技術総合研究所) が起き三瓶山北麓の山野や樹木(「小豆原埋没林形成の主役・・・」群盲がなでた島根・三瓶火山:松井整司著)が埋まり北三瓶地区の広大な大地となりました。立石岩屑なだれと火砕流に埋まった三瓶小豆原埋没林はこちら
←左手は石見の国。雨水は三瓶川に流れ三瓶ダムに貯水(さひめ湖)市街に至ります
右手は出雲の国。雨水は神戸川へ、国引きの神話の薗の長浜・出雲大社に至ります→


三瓶山登山道 西の原コースから
西の原と浮布池を眺望


男三瓶山(西の原コース)から西の原と浮布池を眺望 男三瓶山(西の原コース)から西の原と浮布池を眺望
登山道から西の原と浮布池を眺望 9月7日
西の原の草原に三瓶高原クロスカントリーコースが見れます。8月中旬に大会が開催されます。 右手には、万葉集の柿本人麻呂に歌われた浮布池。ボート遊びや釣り、展望所も整備され賑わっています。 面積は約13.5ヘクタールで渓谷を土砂が塞き止めてできた堰止湖。池面に映える三瓶山は格別の美しさです。堰止め湖・浮布池はこちら



男三瓶山から北の原を眺望


男三瓶山から北の原を眺望北の原キャンプ場と三瓶自然館サヒメル前 男三瓶山から北の原を眺望国立三瓶青少年交流の家


三瓶山遠望と三瓶山眺望の地図


緑線は遠望  青線は眺望


三瓶山ビューポイント 三瓶山からの眺望
ビューポイント 三瓶山眺望

ホームTOP ページTOP