ホーム

プラザ

できごと

天 気

アクセス

著作リンク
三瓶山 草 原 北三瓶 埋没林 石見銀山

ホーム

プラザ

天 気

アクセス

著作リンク
三瓶山 草原 北三瓶 埋没林 石見銀山

三瓶ダムれんげ米直売店甘屋の水円城寺展望所レリーフ 三瓶ダムれんげ米直売店甘屋の水
円城寺展望所レリーフ

甘屋の水

(あまやのみず)

甘屋の水 左方の水汲み場は名水甘屋の水、今日もポリタンク持参で水汲みですね。SpotWide 甘屋の水 左方の水汲み場は名水甘屋の水、今日もポリタンク持参で水汲みですね SpotWide

三瓶ダムの工事中に豊富な湧き水
 三瓶ダムの堰堤のそばに「甘屋の水」といわれているおいしい水が湧き出ています。連日、甘屋の水を求めて車の行列ができます(町から15分の近さですから便利ですね)ポリタンクを数個持参して水を詰めて帰られます。
甘屋の水は、夏でも手が切れそうな冷たい水で枯れることはありません。三瓶ダムの工事中に豊富な湧き水が出てきたのをポンプUPしているそうです。甘屋の水は、癖の無い水でお茶に最適のようです(軟水:生水ですから取り扱い注意ですね)
三瓶ダムの「甘屋の水」と三瓶山徳原の「三瓶の石清水」は宝物。




甘屋の水は猛暑の夏でも冷たい16度


甘屋の水 甘屋の水
甘屋の水 甘屋の水
クリック表示( 上左上右 )、( 下左下右 ) 甘屋の水
甘屋の水
甘屋の水 甘屋の水 甘屋の水

甘屋の水 この水は当地が「甘屋村」とよばれた時代もあり「甘屋の水」として親しまれています。

今から千百年余り昔、嘉祥3年(850年)5月に、三瓶ダムがあるこの地に甘露が降り、石見国の国守、笠峰雄がこれを文徳天皇に献上したところ、まるで水飴のような味がするといって喜ばれたと、文徳実録(879年)に記されています。

 これ以来この地域は甘露にちなんで「甘屋村」と名付られました。甘屋村はのちに、近くに創建された天台宗の古刹、円城寺の名をとって、円城寺村と変わり、明治8年に隣の市野原村と合併し、二つの村の名から一字づつ選んで「野城」となりました。

(利用上のご注意から転記しました)

平成22年8月の猛暑の夏でも水温は16度(計測しました)おいしい水です。 当地は、れんげ米や甘露米(農薬・化学肥料を一切使わずに育てた米)の産地です。
※参考:日本文徳天皇実録(wiki)甘露(wiki)2010年の猛暑(wiki)

地理院地図、 (Google:ストリートビュー航空写真)

バス停
バス時刻表:山口線(石見交通大田営業所)
大田バスセンター→三瓶ダム→多根→北三瓶口→山口→佐津目

近くのバス停:三瓶ダム(Mapion)Google ストリートビュー

三瓶ダム・さひめ湖
れんげ米の里 さひめ湖直売店 甘屋の水 霊椿山円城寺 野城中継局・展望所 三瓶ダムレリーフ
れんげ米 直売店 甘屋の水 円城寺 展望所 レリーフ

ホームTOP ページTOP