本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室です
モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)
(iPhoneなどで
端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は
 画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます
 
ヴァイオリン教室(バイオリン教室) プロフィール
 幼少の頃からクラシック音楽のレコードに親しんでいた私は
 弦楽四重奏を聴いて譜面に書き起こしたりしているうちに特にヴァイオリンに興味を持ち
 日本弦楽指導協会理事や音大教授ならびに著名な先生方のもとで本格的に習い始めました。
 そして
 中学生のうちにいわゆるISE(International Standard Etudes)と呼ばれる
 カイザークロイツェル教本パガニーニ/24のカプリースなどのエチュード
 主な協奏、ソナタなども総て修得し終えるとともに
 室内楽(弦楽四重奏)やオーケストラ(二管編成)を組織して各地で演奏行っていました。

 ところが
 中学卒業間近の体育の授業中に左腕に大怪我をし
 演奏が可能な状態に復帰するまで色々と試行錯誤を行いました。
 そして
 大学生になる頃までにはソロ、室内楽、オーケストラ演奏なども出来るまでに回復し
 NHK交響楽団のコンサートマスターなどによる数々のオーディションも経て
 NHKのクラシック音楽の番組(ラジオ、テレビ等)や演奏会にも出演していました。
 (詳細はブログの
  『“騒音”は自然な行為から
   “美音”は不自然な行為から生まれる
   あなたがヴァイオリンの練習で勘違いしていること ~その2~』をご覧ください)

 そうした経験から
 一定の練習ヴァイオリン技術習得と向上には当然必要でも
 努めて合理的・理論的な学習が不可欠であることを痛感しました。

 さらに
 NHKの番組や演奏会への出演を続けていたなかで更なる研鑽を求めて
 平野正雄先生の門を叩き
 従来の伝統的なヴァイオリンの教材とレパートリーの総復習とともに
 近代の作品や、現代音楽についても指導いただくだけではなく
 ヴァイオリンの製作技術やメンテナンスに関する知識も伝授いただきました。
 加えて平野先生からは
 歴史的名教師として語り継がれている鷲見三郎先生と鷲見四郎先生をご紹介いただき
 アウアー派直系の奏法や指導方法を長年に渡ってご指導いただきました。
 (詳細はブログの
  『歴史的名教師が知る 歴史的名教師の指導の秘訣
   ヴァイオリンにおける驚異の上達法
』をご覧ください)

 また
 当時来日されたヘンリク・シェリングアイザック・スターンをはじめとする
 マエストロの方々から指導を受ける機会を得るとともに
 マエストロ達の推薦で訪欧し、各地で勉強や演奏を行い、名手からの指導も受けられました。
 (詳細はブログのこちらの記事こちらの記事こちらの記事をご覧ください)

 そうしたなか
 ヴァイオリンの音程の取り方のページでも書いたように
 バイオリンの音程の取り方は300年近い歴史の中で確立されていて
 バイオリンは正しい音程で弾くと美しい音を奏でる楽器であるにもかかわらず
 日本ではある理由からバイオリンの音程の取り方は音楽学校では教えないうえ
 日本から留学した学生の殆どが正しい音程の取り方を学べない事情があることを知りました。
 そのため
 ブログの記事の『文字の書き方も習わずに文章を綴る?
 あなたのヴァイオリンが上達しない決定的な理由』でも書いたように
 プロや音大の先生までもがバイオリン本来の音程の取り方については不案内で
 歴史的に確立されている音程の取り方は日本では今でも教えられていないことも知りました。

 その後
 天才ヴァイオリニストにして純正律の重要性を訴えられた玉木宏樹氏が
 最晩年に作成された教本の構成と解説を玉木氏からの依頼により行うなど
 演奏者や指導者との情報交換や研鑽の場を持ち続けています。
 そして
 鷲見先生のもとでのアシスタント時代も含めて30年以上の指導経験も踏まえつつ
 趣味で習う一般の方だけでなく、専門家を目指す方や
 音大生 演奏者 指導者の方へのレッスンにおいても
 既述のような音程の取り方も含めて、伝統に則った奏法を指導しています。



 ちなみに
 私のプロフィールをご覧になった方のなかには、私が音楽大学を出ていないということで
 所詮は趣味で弾いているだけのアマチュア…的に捉える方が偶にいらっしゃいますが、
 技術面では、コンクール入賞者や音大卒生でもあまり出演できないNHKの番組等で活動し
 知識面では「ヴァイオリンでわからないことがあれば鷲見先生に聞け」とまで言われていた
 既述の鷲見先生達をして「知識は岩本さんがうえ」とまで仰っていただけていました。
 そうしたことから
 既述の玉木氏(東京藝術大学卒)も、私とのやりとりを専門誌に投稿していたほどです。
 (詳細はブログの
  『もはや仙人(笑)? プロも習いに来るヴァイオリンレッスン』をご覧ください)

 そして既述のように
 日本の音楽学校や留学先では、例えばヴァイオリンの本来の音程の取り方は学べませんが、
 むしろ音楽大学などには通わず、既述なまでの歴史的名教師や世界的巨匠に学べたからこそ
 そうしたヴァイオリン音程の取り方をはじめとする本当の奏法を身に付けることができました。
 そうしたことから
 私の許には複数の音大生 演奏者 指導者の方も学びに来ていますし、私の指導している
 一般の生徒さん方も正しい音程の美しい音で確実な演奏が実現できています。
 (その一端はブログの
  『ヴァイオリンの「弦の寿命」と「正しい音程」“線香花火音感”の正体』をご覧ください)




 そうした
 歴史的名教師や名演奏者の方々から学んだ演奏方法や演奏経験をお伝えし
 ヴァイオリンの名を美しい音で奏でる悦びを知っていただきたいと願っています
 
 
岩本 浩一             
 
プロフィール 独奏写真 
 
プロフィール 独奏写真
 
プロフィール 合奏写真
 
 プロフィール 合奏写真
2020年の発表会での演奏
プロフィール 写真 
ショートレクチャーでの一コマ
 
ヴァイオリンを奏でる本当の楽しみ    ヴァイオリンの音程の取り方   主な使用教材   レッスン形態 教室の場所 空き状況
プロフィール  レッスンのお問い合わせ   ヴァイオリン関係のお店   ブログ
 
ヴァイオリン教室(バイオリン教室) TopPage
TopPage
 
 

 
© 1993 - 2022 Kouichi Iwamoto