本当に上達したい方のためのヴァイオリン教室です
モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)
(iPhoneなどで
端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は
 画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます
 
ヴァイオリン教室(バイオリン教室) ヴァイオリンの音程の取り方
 以下は
 イワモト ヴァイオリン教室(岩本浩一)で指導する
 
ヴァイオリン音程の取り方に対する私の考え方を記述したもので
 
ヴァイオリン音程の取り方それ自体が学べるものではありません。

 イワモト ヴァイオリン教室のレッスンを申し込まれる判断材料として
 レッスン方針・レッスン形態のページなどとも併せてご覧ください。


 
 ヴァイオリン正しい音程で弾くことが難しい楽器とされています
 バイオリン音程の取り方は300年近い歴史の中で確立されていて
 バイオリン正しい音程で弾くと美しい音を奏でる楽器です。

 そして
 計算のやり方を習ってから、計算を正しく行う練習をし
 文字の書き方を習ってから、文字を美しく書く練習をするように
 音程の取り方を習ってから、音階エチュード練習しなければ
 バイオリン正しい音程の美しい音で奏でることはできません。

 ところが
 ヴァイオリン音程の取り方と称して手の形や加減を論じていたり
 ヴァイオリン音程を取るのにチューナーピアノを使っていたりしますが
 それはあたかも
 四則演算のやり方と称して鉛筆を持つ手の形や筆圧を論じていたり
 四則演算の計算法と称して電卓を使ったり計算結果の数表を眺めているのと同じで
 それでは四則演算のやり方は学べない…というより教えていないように
 それではヴァイオリン音程の取り方は学べない…というより教えていないのです。

 では何故そのような状況にあるのかといえば
 日本ではある理由からバイオリンの音程の取り方は音楽学校では教えないうえ
 日本から留学した学生の殆どが正しい音程の取り方を学べない事情もあるためです。
 そのため
 ブログの記事の『文字の書き方も習わずに文章を綴る?
 あなたのヴァイオリンが上達しない決定的な理由』でも書いたように
 プロや音大の先生までもがバイオリン本来の音程の取り方については不案内で
 歴史的に確立されている音程の取り方を教える教室は殆どありません。

 そうしたことから当教室では
 趣味で習う一般の方だけでなく、専門家を目指す方や
 音大生 演奏者 指導者の方へのレッスンにおいても
 バイオリン本来の正しい音程の取り方や[差音]も含めて
 歴史的名教師、有名演奏者に学んだバイオリンの伝統的な奏法に則り
 「正しい音程」(正確音程
 「本格的な音色」(美しい音)でバイオリンを弾くための基礎を大切に
 一音いちおん丁寧に指導しています



 そして
 ヴァイオリンの単音における音程の取り方のルールは
 『Scales by Simon Fischer』のページで掲げた
 Scales by Simon Fischer(サイモン・フィッシャー/スケールズ)の
 How to tune each note of the scaleの項目に
 特殊な記号を用いてまで示されています
ヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方
 (上掲の画像はHow to tune each note of the scaleの一部です)

 また
 ヴァイオリンで重音の音程を正しく取れた際に聴くことができる[差音]については
 『Double Stops by Simon Fischer』のページで掲げた
 Double Stops by Simon Fischer(サイモン・フィッシャー/ダブル ストップス)で
 全ての調において[差音]を前提とした重音の音階練習が示されていますが
ヴァイオリン バイオリン 重音 音程 取り方
 (上掲の画像はC majorにおける3度の重音音程の取り方の譜例の一部で
  の譜例に示されている矢印が、その重音音程を微調整することを表すとともに
  
の譜例に示された黒い音符が、その重音正しい音程で奏でた際に聴こえる[差音]ですが
  その重音正しい音程で奏でた際に聴こえる[差音]もまた最低限の基準でしかなく
  その[差音]が鳴っている前提で、更に微調整が必要になります)
 学習者によっては[差音]が聴き取り難い、あるいは聴き取れない、といったケースもあり
 そうした場合には『[差音]と[加音](さらに正確に調弦を行うために)』で触れたやり方や
 それ以外の手順も踏まえることで[差音]が聴き取れるように指導しています。


 ただし
 既掲の単音での音程の取り方にしても、[差音]による重音の音程の取り方にしても
 上記の書籍を購入してみたところで、ヴァイオリン音程の取り方がわかっていなければ
 その意味するところのみならず、その指示する響きを実際に奏でることは困難であるうえに
 上記の書籍で示されたヴァイオリン音程の取り方は最低限のルールでしかありません。
 そうしたことから
 “ルール”としての上掲の基準を踏まえたうえでの音程の取り方を示しながら
 “最低限”としての上掲の基準の先の更なる細かい音程の最終的な確定方法
 譜面に基づき一音いちおん説明・確認しながらレッスンしています

 そうした際に
 ヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方というように[ソ][レ][ラ][ミ]の音で調弦されているヴァイオリンでは
 例えば
 ヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方の音はヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方の開放弦が共鳴してヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方と響くように
 ヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方の音はヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方の開放弦が共鳴してヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方と響くように
 ヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方の音はヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方の開放弦が共鳴してヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方と響くように
 ヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方の音はヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方の開放弦が共鳴してヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方と響くように奏で
 それ以外の音程についても、例えば既述の差音とは別に
 ヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方の音はヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方の開放弦が共鳴してヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方と響くように奏で
 ヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方の音はヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方の開放弦が共鳴してヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方と響くように奏でるなど
 それぞれ弦が共鳴し楽器が響くように奏でること
 豊かな響きが得られ、魅力的な音を紡げるようになります。
 ただし
 上掲のように開放弦が共鳴しているうえで、さらに音程の微調整必要な場合もあるため
 ヴァイオリン音程で、既述のような開放弦の共鳴は目安でしかなく
 ヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方の音とヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方の音は音程が異なり
 ヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方の音とヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方の音は音程が異なるなど
 ヴァイオリン音程は、既述のような開放弦の共鳴ではなく定めるものも多数ありますし
 ヴァイオリンの音程の定め方は重音、旋律、旋律の前後関係、音域でも異なります。

 加えて
 ヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方というように[ソ][レ][ラ][ミ]の音で調弦されているヴァイオリンでは
 左指で押さえない状態を開放弦(かいほうげん)といい0で示しますが
 例えば
 ヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方という[シ]の音は
 ヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方というように[レ]の開放弦と重音で綺麗に調和する音程よりも
 ヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方というように[ミ]の開放弦と重音で綺麗に調和する音程のほうが高いといった
 ヴァイオリンならではの音程の取り方に留意しながら奏でる必要もあります。
 (なお
  ヴァイオリンの演奏では[シ]の音程は上記以外にも数種類あります)

 また
 例えば
 ヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方の音の場合
 正しい音程よりも、相当程度低いとあまり響かず
 ヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方
 正しい音程よりも、ある程度低くてもよく響かず
 ヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方
 正しい音程の場合、ハッキリした音でよく響き
 ヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方
 正しい音程よりも、ある程度高くてもよく響かず
 ヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方
 正しい音程よりも、相当程度高くてもよく響くポイントがある
 ヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方
 というように、音程が正しい場所は最もよく響くポイントとして確認できます。
 ヴァイオリン バイオリン 音階 音程 取り方
 (なお
  上掲の譜例は、音程の高低と音の響きをイメージで示すとともに
  よく響くポイントを簡略的に示したもので、上掲以外にも響くポイントがあります)

 そして
 その何れの音程を選択するかについては、歴史的に確立されている音程の取り方をしますが
 その何れの音程も上掲のように最もよく響くポイントを探すことが判断材料になることから
 音程の精度を求め続けることで、正確音程と豊かで美しい響きが実現するとともに
 その響きを聴くことで、
ヴァイオリンはそれ自体で音程を正確確定できる楽器なのです。

 ですから
 『“常識”≠“事実”
  あなたのヴァイオリン演奏が本当には上達しない5つの誤った情報』で書いたように
 ヴァイオリンにはフレットが無いので、音程を取るのが難しい…といったことが
 “常識”としての「共通認識」かもしれませんが、実はそれは音程の取り方を知らない
 ために生まれた「思い込み」としての幻想で、響きで音程を確定できるというのが
 “事実”で、響きを聴いて総ての音程が確定でき、フレットが無いからこそ正しい
 音程が取れるのです。

 従って
 既述のように例えば[シ]の音程が重音や状況によって異なることからもわかるように
 指板にシールを貼る方法は、状況に応じた音程には対応できず、響きを聴かないことになり
 ピアノ音程取る方法も、音程が固定されている点で、ヴァイオリン音程の取り方には
 相応しくない練習方法です。


 また
 せっかく文明の利器が有るのだから…と電卓を使って答えを確認しても
 それは結果の確認だけで、計算のやり方は学べないように
 せっかく文明の利器が有るのだから…とチューナー(チューニングメーター)で音程確認しても
 それも結果の確認だけで、音程の取り方は学べませんし
 重音、旋律、旋律の前後関係でも音程が違うので、そもそもチューナー正しい音程は取れません。

 『ヴァイオリンの音程を確定させるのは
  絶対音感でもなく相対音感でもなく線香花火音感?!』で書いたように

 ヴァイオリン音程の取り方としては
 重音、旋律、旋律の前後関係において同じ音符でも
音程が異なるものの
 何れの場合も最も良く響くポイントとして音程を定めることができるので
 
それぞれに相応しい音程を、そうしたポイントから一音いちおん選び取る必要があるのです。

 そして
 音程を正しくするために、取るべき音程を微調整する訓練を行い続けることにより
 音程が異なる楽器の集合体で、徐々にピッチが変わるオーケストラでの演奏や
 音程が固定されているピアノなどの鍵盤楽器との演奏でも
 ヴァイオリンの側が音程調整することで、美しいアンサンブルが成立します。




 以上のように
 同じ音符でも複数の音程が存在するなかから響きで選択するため、チューナーピアノの利用は有害で
 ヴァイオリン響き聴くことで、正確な音程の豊かで美しい音が奏でられるようになるとともに
 
そうした音程取る際には響きを求めるので、運指左指)とともに運弓(右手)の技術必要
 そうした音程を探究する訓練こそが、ヴァイオリン演奏技術の根幹を成すものだといえます。

 そして
 ブログの
 『ヴァイオリンの上達の要である音程の見える化?!
  ヴァイオリンの音程はパズルのピースをはめ込むように響きで確定できるのです』でも書いたように
 ヴァイオリン本来の音程の取り方を習うことによってゴールが常に明確にわかるようになることで
 正しい音程のキチンとした演奏を確実に習得できるとともに
 練習すればするほど正しい音程で確実に演奏できるようになれるのです。

 ヴァイオリンを正しい音程の豊かで美しい音で奏でたい方は、当教室のレッスンをぜひ受けてみてください。

 
 
ヴァイオリンを奏でる本当の楽しみ    ヴァイオリンの音程の取り方   主な使用教材   レッスン形態 教室の場所 空き状況
プロフィール  レッスンのお問い合わせ   ヴァイオリン関係のお店   ブログ
 
レッスンのお申し込み
 
ヴァイオリン教室(バイオリン教室) TopPage
 TopPage
 

 
© 1993 - 2021 Kouichi Iwamoto