モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)
(iPhoneなどで
端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は
 画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます
 
サイモン フィッシャー スケールズ Scales by Simon Fischer ヴァイオリン教室(バイオリン教室) ヴァイオリン レッスン 東京都 神奈川県 調布 つつじヶ丘 仙川 狛江 成城学園 登戸 

~Scales by Simon Fischer~
(サイモン・フィッシャー/スケールズ)

サイモン・フィッシャー スケールズ(Scales by Simon Fischer) 

サイモン・フィッシャー
スケールズ
Scales by Simon Fischer

 以下は
 イワモト ヴァイオリン教室(岩本浩一)で使用する
 主な教材に関する私の考え方を
 エチュードに限って記述したものです。

 レッスンを申し込まれる判断材料として
 レッスン方針・レッスン形態のページなどとも併せてご覧ください。



Scales by Simon Fischer(サイモン・フィッシャー/スケールズ)
ヴァイオリンの音階教本として
新たな観点で綴られた教本というよりも
従来からの奏法をまとめた教本といえます。

それは
ヴァイオリンの音階教本としては
初心者には既出の『小野アンナ/ヴァイオリン音階教本
上級者には既出の『カール・フレッシュ/スケール・システム』が
用いられて来ており
それは今後も変わることは無いと思います。
そして
ヴァイオリンの音階を奏でる際には
ヴァイオリンの本来の音程の取り方に根差した音程というものが存在し
ヴァイオリンをヴァイオリンとして奏でるためには
その手法を踏まえることは当然です。
ところが
ヴァイオリンをヴァイオリンとして奏でることは当然のことであるために
ヴァイオリンをヴァイオリンとして奏でるための音程の取り方という
基礎としてのアプローチが音階での一覧として綴られることがありませんでした。
その結果
初心者には既出の『小野アンナ/ヴァイオリン音階教本』
上級者には既出の『カール・フレッシュ/スケール・システム』が
ただ単に運指を行う教本として用いられるばかりで
ヴァイオリンをヴァイオリンとして奏でるための
ヴァイオリンの本来の音程の取り方の指導が欠落してしまうだけではなく
ヴァイオリンの本来の音程の取り方を知らない指導者まで
現れ始めてしまいました。

そうした中で
サイモン・フィッシャー氏が著したこの音階教本における
特にその最初のHow to tune each note of the scaleの項目に
特殊な記号を用いてまで印刷された音階では
ヴァイオリンをヴァイオリンとして奏でるための
ヴァイオリンならではの音程の取り方の最低限のルールが示されています。

 (上掲の譜例の画像はHow to tune each note of the scaleの一部です)
そこで
レッスンでは、特に上掲のページを常に念頭に置き
そのページで示されている音程を取るための具体的な手順や
既述のように『スケールズ』でまとめられている奏法を踏まえつつ
繰り返し指導するようにしています。
そして
そうした点はこの書籍の使用に留まらす
ヴァイオリン演奏においては常に意識され留意されるべきことだと
考えています。

(上記のように
 ヴァイオリンをヴァイオリンとしての音程の取り方で奏でると
 ヴァイオリンで曲を奏でる際にも豊かに鳴り響くということは
 ヴァイオリンのレッスンでは当然のように指導されていました。
 ところが
 最近ではこうしたことが未習の学習者が見られるのは残念なことであり
 レッスンの際にはこうしたことも重視して指導を行っています。)
 

(前の一覧のページに戻る)
 
 
TopPage イワモト ヴァイオリン教室(バイオリン教室) ヴァイオリン レッスン 東京都 神奈川県 調布 つつじヶ丘 仙川 狛江 成城学園 登戸
TopPage
 

 
© 1993 - 2018 Kouichi Iwamoto