モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)
(iPhoneなどで
端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は
 画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます
 
小野アンナ ヴァイオリン音階教本 ヴァイオリン教室(バイオリン教室) ヴァイオリン レッスン 東京都 神奈川県 調布 つつじヶ丘 仙川 狛江 成城学園 登戸 

~小野アンナ/ヴァイオリン音階教本~

小野アンナ ヴァイオリン音階教本 

小野アンナ     
ヴァイオリン音階教本

 以下は
 イワモト ヴァイオリン教室(岩本浩一)で使用する
 主な教材に関する私の考え方を
 エチュードに限って記述したものです。

 レッスンを申し込まれる判断材料として
 レッスン方針・レッスン形態のページなどとも併せてご覧ください。



音階練習としては
『新しいバイオリン教本 2』の範囲であれば
その教本の音階のページの課題で十分ですが
『新しいバイオリン教本 2』を終了した時点で
『フリマリー バイオリン音階教本』を小野アンナが校訂している
小野アンナ/ヴァイオリン音階教本』を使用します。

また
フリマリー ではなく こちらの教本を使用する理由は
『新しいバイオリン教本』の編者のお一人でいらっしゃる
鷲見三郎先生同様
アウアー派ならではの記載が見られるためです。

そして
『新しいバイオリン教本 2』におけるスケールの練習もそうであるように
ひとつには
スケールにおける運指(上昇と下降での指の配列の手順や方法の違い)
ひとつには
スケールとアルペジオにおける運指(指の維持と離脱のタイミングの違い)
などに常に留意しながらレッスンを行うとともに
スケールズ』の項目で書いた
ヴァイオリンの奏法に基づく
ヴァイオリンの音程の取り方も踏まえることで
あらゆる曲の演奏に役立つことを目指しています。
 
(この教本の巻末の小野アンナさんの略歴にも
 歴史的名奏者・名教師を多数輩出した
 レオポルト・アウアーに師事したことが書かれており
 私が師事した鷲見先生も
 アウアー直系の演奏方法を学んでいらっしゃいます。
 そうしたことから
 小野アンナの校訂したアウアー派ならではの観点についても
 詳しく伺っているので
 そうした内容も踏まえつつ、確実な基礎の習得のために活用しています。)
 
ただし
最近では海外で出版されたより一層優れた音階教本もあるため
生徒さんの状況によってはそうした音階教本を用いて
レッスンを行うこともあります。
 

(前の一覧のページに戻る)
 
 
TopPage イワモト ヴァイオリン教室(バイオリン教室) ヴァイオリン レッスン 東京都 神奈川県 調布 つつじヶ丘 仙川 狛江 成城学園 登戸
TopPage
 

 
© 1993 - 2018 Kouichi Iwamoto