モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)
(iPhoneなどで
端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は
 画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます
 
カール・フレッシュ スケール システム CARL FLESCH SCALE SYSTEM  ヴァイオリン教室(バイオリン教室) ヴァイオリン レッスン 東京都 神奈川県 調布 つつじヶ丘 仙川 狛江 成城学園 登戸 

~CARL FLESCH SCALE SYSTEM~
(カール・フレッシュ/スケールシステム)

CARL FLESCH SCALE SYSTEM(カール・フレッシュ スケール・システム) 

カール・フレッシュ
スケール・システム
CARL FLESCH SCALE SYSTEM

 以下は
 イワモト ヴァイオリン教室(岩本浩一)で使用する
 
このエチュードに対する私の考え方を記述したもので
 
このエチュードの使い方が学べるものではありません。

 イワモト ヴァイオリン教室のレッスンを申し込まれる判断材料として
 レッスン方針・レッスン形態のページなどとも併せてご覧ください。



カール・フレッシュ/スケール・システム(CARL FLESCH SCALE SYSTEM)
最も長大にして、最も有名な音階教本
機能和声の観点で優れた音階練習教本として
多くの音楽大学での入試や定期試験の課題とされるだけでなく
殆どのプロ奏者が学びかつ鍛え続けている音階練習教本です

しかし
機能和声の観点でシステマティックで緻密に創られているが故に
その総てを縦断的に練習することは物理的に長大な時間を要するだけでなく
その一部を反復練習していたのでは技術的な偏重も生じかねません。

そのため
そのように機能和声の観点から編まれていることに留意しつつ
フレッシュの助手も務めたロスタル先生の校訂内容も参照しながら
ŠEVČÍKの項目でも書いたやり方と同様に課題を選択して
その学習者毎に苦手とする音形を選択して重点的にレッスンすることで
既述のような、時間的な制約や、技術的な偏重が生じることなく
効率的で確実音階練習ができるようにしています
 
(私が師事した鷲見四郎先生は
 ロスタル先生や関係者と交流があったことから
 ロスタル先生の校訂内容に関して色々な観点から学ぶことができました。
 そうしたことから
 フレッシュの伝統的な記述内容に対する
 ロスタル先生の校訂内容の相違だけでなく
 フレッシュのアシスタントであったロスタル先生の考え方を通すこと
 より一層、フレッシュ自身の目指したところが見えてくる部分もあり
 そうした内容も踏まえて
 このスケールを効率的に活用するようにしています。)
 
もっとも
サイモン・フィッシャー/スケールズ』のページでも記したように
音階教本においては
ヴァイオリンをヴァイオリンとして奏でるための音形が並んでいるだけで
ヴァイオリンヴァイオリンとして奏でるための音程の取り方練習方法
書かれていません。
そのため
時にはスラーを分割して弾かせる以外は
ただ単に譜面通りに運指や運弓を行わせる教本としてのみ用いられ
ヴァイオリンとしての音程の取り方練習方法指導されないばかりか
ヴァイオリンとしての音程の取り方練習方法知らない指導者まで
現れ始めてしまいました。
そうしたことから
ヴァイオリンの音程の取り方のページで記した音程の取り方を踏まえて
音階教本をレッスンすることにより
あらゆる曲の演奏に役立つ基礎の習得を目指しています。
 
レッスンのお申し込み
 

(前の一覧のページに戻る)
 
 
TopPage イワモト ヴァイオリン教室(バイオリン教室) ヴァイオリン レッスン 東京都 神奈川県 調布 つつじヶ丘 仙川 狛江 成城学園 登戸
TopPage
 

 
© 1993 - 2021 Kouichi Iwamoto