モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)
(iPhoneなどで
端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は
 画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます
 
ローデ 24のカプリース RODE 24 Capricen  ヴァイオリン教室(バイオリン教室) ヴァイオリン レッスン 東京都 神奈川県 調布 つつじヶ丘 仙川 狛江 成城学園 登戸 

~RODE 24 Caprices~
(ローデ 24のカプリース)

ローデ 24のカプリース(Rode 24 Capricesn) 

ローデ 24のカプリース
RODE 24 Caprices

 以下は
 イワモト ヴァイオリン教室(岩本浩一)で使用する
 主な教材に関する私の考え方を
 エチュードに限って記述したものです。

 レッスンを申し込まれる判断材料として
 レッスン方針・レッスン形態のページなどとも併せてご覧ください。



24のカプリースとしては、パガニーニのものが最も有名ですが
この『ローデ/24のカプリース』
技術的には、パガニーニのカプリースよりは平易ですが
音楽的には、より抒情的な音形で、様々な調における技術的な課題を
ムラなく学習できる点に特徴があります。
従って
既出の『カイザー』や『クロイツェル』などでは他のエチュードと同様に
曲単位ではなく時には数段や数小節など限られた範囲を選び出し
課題曲を取捨・選択する(レッスンしない曲も場合によってはある)のに対して
『ローデ/24のカプリース』については一曲ずつ順番にレッスンしています。
(そのため
 ヴァイオリンならではの音程の取り方はこの時点までに習得しておく必要があり
 このエチュードで音程の取り方を学ぶなどということは本末転倒だといえます)

また
この教本においても複数の版が出版されていますが
かつてヨーロッパの弦楽指導協会の会長も務められ
来日時にその著書の不明な点を直接お伺いしたこともある
ロスタル先生の校訂譜でレッスンを行っています。
そして
ロスタル先生の校訂譜には
運弓では、弓のどの箇所で、どのような奏法で奏でるべきかという点や
運指では、予め音を準備しておく箇所や、指を一定の位置で保持することで
左手が安定させられる方法などが
楽譜上に細かく記載されています。
そのため
上記のような様々な調を抒情的に奏でる作品では
とかく技術的な面での整合性や合理性が蔑ろにされがちになる点を
補正しながら練習することが可能なことから
ショット(国内版はシンフォニア)から出版されているロスタル校訂譜で
レッスンを行っています。
 
(既出の
 カール・フレッシュ/スケールシステム の項目でも書いたように
 私が師事した鷲見四郎先生は
 ロスタル先生や関係者と交流があったことから
 ロスタル先生の校訂内容に関して色々な観点から学ぶことができました。
 そうしたことから
 ロスタル先生の校訂譜における詳細な指示を踏襲するだけでなく
 その指示の根底に流れる基本的な考え方を踏まえることで
 より汎用性の高い演奏技術を習得するようにレッスンしています。)
 

(前の一覧のページに戻る)
 
 
TopPage イワモト ヴァイオリン教室(バイオリン教室) ヴァイオリン レッスン 東京都 神奈川県 調布 つつじヶ丘 仙川 狛江 成城学園 登戸
TopPage
 

 
© 1993 - 2018 Kouichi Iwamoto