モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)
(iPhoneなどで
端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は
 画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます
 
カイザー ヴァイオリン練習曲 KAYSER 36 ETUDES ヴァイオリン教室(バイオリン教室) ヴァイオリン レッスン 東京都 神奈川県 調布 つつじヶ丘 仙川 狛江 成城学園 登戸 

~KAYSER 36 ETUDES~
(カイザー ヴァイオリン練習曲)

カイザー ヴァイオリン練習曲 KAYSER 36 ETUDES 

カイザー ヴァイオリン練習曲
KAYSER 36 ETUDES

 以下は
 イワモト ヴァイオリン教室(岩本浩一)で使用する
 主な教材に関する私の考え方を
 エチュードに限って記述したものです。

 レッスンを申し込まれる判断材料として
 レッスン方針・レッスン形態のページなどとも併せてご覧ください。



通称『カイザー』と呼ばれるこのエチュードは
内外の出版社から複数の版が出版されていますが
ギンゴールドの校訂によるインターナショナル版を用いてレッスンをしています。

理由は
かの歴史的名指揮者であった
アウトゥーロ・トスカニーニの引退を思い留まらせるために
世界中の名手を集めて結成されたのがNBC交響楽団ですが
そのNBC交響楽団に対して
「私のオーケストラを解剖して殺してしまうのか」と
トスカニーニに言わしめた程の練習を行ったのが
指揮者のジョージ・セルであり
かの帝王カラヤンも頭の上がらなかった名指揮者であるセルが
クリーヴランド管弦楽団の常任指揮者となり猛練習を行い
「現代オーケストラ芸術の奇跡」とまで言われる
究極のアンサンブルを実現させるべく
コンサートマスターへの就任を要請されたのが
この校訂者のヨゼフ・ギンゴールドだからです。

そのため
ギンゴールドの校訂譜において
何故そのような運指・運弓となっているのか
という点に十分に留意しながらレッスンすることで
上記のような歴史的な偉業の一端でもある
より精緻で表情豊かなヴァイオリン演奏の基礎を学習することができます。

ただし
カイザーは初心者が学習するエチュードとしてよく用いられるものの
後々学ぶクロイツェル教本などをも凌ぐ非常に演奏が至難な課題も含まれるため
単純に全曲を通して弾かせてしまうことは却って基礎的な演奏技術の習得を阻害し
全体を何巡も繰り返し弾かせたりすると初心者の演奏技術の荒廃を招きます。
そうしたことから
カイザーを学習する際には学習者の状況に応じた課題を限定的に選択するとともに
日本では殆ど用いられていないもののヴァイオリンの演奏技術の系譜上においては
カイザー以上に基礎技術の習得に有益な教本からより多くの課題を選んでいます。
 
(ギンゴールドは、セヴィシックともども
 かの無伴奏ヴァイオリン・ソナタの作曲者として知られるイザイの高弟ですが
 イザイの師はウィニアフスキーであり
 ウィニアフスキーとともに弦楽四重奏をしていたのがエルンストであり
 エルンストが直接師事することはなかったものの
 その練習をつぶさに観察した相手がパガニーニであり
 エルンストの陶冶を受けたのがヨアヒムであり
 ヨアヒムの弟子がアウアーであるという系譜の流れに
 ギンゴールドも含まれています。

 パガニーニ
  ↓
 エルンスト →  ヨアヒム → アウアー
 ウィニアフスキー
  ↓
 イザイ
  ↓
 セヴィシック
 ギンゴールド

 そして
 ギンゴールドの校訂内容もまた
 そうしたヴァイオリンの一連の系譜を汲むものである具体的な点を
 アウアーの直系でいらした鷲見先生のレッスンの際に詳細に伺っているので
 そうした内容も踏まえてギンゴールドの校訂版でレッスンすることで
 より一層ヴァイオリンらしい演奏をするための基礎の習得を目指しています。)
 

(前の一覧のページに戻る)
 
 
TopPage イワモト ヴァイオリン教室(バイオリン教室) ヴァイオリン レッスン 東京都 神奈川県 調布 つつじヶ丘 仙川 狛江 成城学園 登戸
TopPage
 

 
© 1993 - 2018 Kouichi Iwamoto