モバイルでは端末を横長にしてご覧ください)
(iPhoneなどで
端末を横長にして画面の左側にブックマークなどの表示が出る場合は
 画面最上部のアドレスバーの左側の青くなっているブック(本)のマークのアイコンをクリックすると消えます
 
ホーマン ヴァイオリン教本 全音 ヴァイオリン教室(バイオリン教室) ヴァイオリン レッスン 東京都 神奈川県 調布 つつじヶ丘 仙川 狛江 成城学園 登戸 

~HOHMANN ホーマン ヴァイオリン教本~
1~3(全音)

ホーマン ヴァイオリン教本 1(全音) 

ホーマン ヴァイオリン教本 1

ホーマン ヴァイオリン教本 2(全音) 

ホーマン ヴァイオリン教本 2

ホーマン ヴァイオリン教本 3(全音)

ホーマン ヴァイオリン教本 3

 以下は
 イワモト ヴァイオリン教室(岩本浩一)で使用する
 主な教材に関する私の考え方を
 エチュードに限って記述したものです。

 レッスンを申し込まれる判断材料として
 レッスン方針・レッスン形態のページなどとも併せてご覧ください。



『HOHMANN』は
ヴァイオリンの初心者向けの二重奏の教本として非常に有名で
海外の出版も含めて複数の版があり、収録曲も編曲も異なります。

そこで
入手のし易さなどから
全音楽譜出版社のISE(International Standard Etudes)を用い
音楽之友社の『新しいバイオリン教本 2』と併用しています。

具体的には
『新しいバイオリン教本 2』では
様々な調への指の間隔を段階的に学んで行きますが
生徒さんによっては十二分に習得できない調が有ったり
生徒さんが苦手とする音形が見られる場合があります。
そうした際に
『HOHMANN』の中から
生徒さんそれぞれにとって更なる学習が有効だと考えられる
調や音形を含む課題を選び出して重奏することで
既述のような学習上の不足を補うために使用しています。
 
(なお
 一部の課題は重奏の譜面ではなく独奏の形でしか印刷されていませんが
 その際は独奏を補う音形をその場でオブリガート的に重奏するとともに
 さらには重奏の譜面でも、場合によっては改編して伴奏することにより
 生徒さんが習得し易いように工夫しています。
 また最近
 『ホーマン ヴァイオリン教本 4』が全音楽譜出版社から刊行されましたが
 ポジション移動も伴う教材であり
 その段階のレッスンは別の教本で行うため
 『ホーマン ヴァイオリン教本 4』は使用していません。)
 

(前の一覧のページに戻る)
 
 
TopPage イワモト ヴァイオリン教室(バイオリン教室) ヴァイオリン レッスン 東京都 神奈川県 調布 つつじヶ丘 仙川 狛江 成城学園 登戸
TopPage
 

 
© 1993 - 2019 Kouichi Iwamoto