縄文の森発掘保存展示棟の埋没林


縄文の森・三瓶小豆原埋没林
杉:A-26、幹長12m、幹周440cm、平均直径140cm
埋没林で幹が最長とのこと


縄文の森・三瓶小豆原埋没林
杉:A-26、幹周440cm、平均直径140cm


縄文の森・三瓶小豆原埋没林
縄文の森・三瓶小豆原埋没林
杉:A-12、幹長8.5m(上部は切断)、幹周559cm、平均直径178cm
SpotWide


縄文の森・三瓶小豆原埋没林
杉:A-12、下から見上げると・・・昨日まで生きていたような!? 岩屑なだれの堆積物に埋まり、噴火の火砕流堆積物に埋まり、さらに川で運ばれた堆積物に埋まったことから腐敗することなく4000年後に見ることができたとのことです

縄文の森・三瓶小豆原埋没林
縄文の森・三瓶小豆原埋没林
杉:A-12、上から見ると巨木ですね

縄文の森・三瓶小豆原埋没林
杉:A-12、根元、胸高直径2.2m

縄文の森・三瓶小豆原埋没林

三瓶小豆原埋没林 輪切り標本

杉の木の輪切り標本、平均直径は160cm、年輪は443本。三瓶自然館にも展示されています


縄文の森・三瓶小豆原埋没林
杉の木が3本の集合体。空洞は落雷による焼けた部分で、合体木は、岩屑なだれの堆積物に埋まり噴火の火砕流堆積物に埋まり、さらに川で運ばれた堆積物に埋まったとの説明があります。
合体木の上部は、三瓶自然館サヒメルの2階から4階の吹き抜けに展示されています。
杉(A-5)、幹周:369cm、幹の長さ:11.7m


根株展示棟の埋もれ杉



縄文の森・三瓶小豆原埋没林
埋もれ杉の根株は小豆原川の川床で発見された立木とのこと。展示位置から約10m北側に埋もれていたもので上部は残念ながら朽ちましたが根株が残りました


埋め戻して10年の埋もれ杉



縄文の森・三瓶小豆原埋没林
・三瓶小豆原埋没林の発掘調査現場が10年ぶりに2012年5月12~13日に一般公開されました。公開された埋没木はA-7の上部1m(2012年5月12日)

縄文の森・三瓶小豆原埋没林
樹の上部なので枝の抜けあとでしょうか?生々しいですね。これで3900年前とは!触った感触に驚きの声が上がります(表面が白いのは付着した砂が乾いて白く写っています)


埋れ杉キーホルダー
「埋もれ杉キーホルダー」
『「蘇る縄文の杉」 埋没林公園の掘削工事で出土したスギ材の中で、展示に供することができなかった物を特別に加工したものです。独特の色艶と香りから悠久の歴史をご堪能ください。』
(と案内に記載されていました。3900年前とは思えないスギの香りが素晴らしい!)


(三瓶埋没林調査報告書Ⅲから転記しました)
Copyright © 2003- 北三瓶会 All Rights Reserved.
Never reproduce or republicate without written permission. 無断転載禁止