埋没林の保存状態確認調査と一般公開

埋没林の保存状態確認調査と

一般公開

埋め戻して10年の埋もれ杉



 

・三瓶小豆原埋没林の発掘調査現場が10年ぶりに2012年5月12~13日に一般公開されました。公開された埋没木はA-7(注1)の上部1m

・三瓶自然館サヒメルさんの説明で、埋没林発掘の経緯や保存などを聞いたり質問の後、穴を順番に降りて泥に埋もれたスギを観察

・つい先日埋もれたように樹皮も残り枝の節が抜けたような部分もあり保存状態も好いように思えて驚きの言葉が発掘の穴に響きました


三瓶小豆原埋没林の保存状態確認調査と一般公開 10年前に発掘し埋め戻したスギの木を再度掘り出して保存状態の確認調査と一般公開。明後日には再再度埋め戻すとのことです
三瓶小豆原埋没林の保存状態確認調査と一般公開
順番に降りて観察

直径80Cm、長さ10mのスギ(A7)の上部1m
スギの上部といえども大きな木です

直径80cm、長さ10mスギ(A7)の上部
・樹の上部なので枝の抜けあとでしょうか?生々しいですね
・これで3900年前とは!触った感触に驚きの声が上がります(表面が白いのは付着した砂が乾いて白く写っています)
・埋没林は、暦年代で約3900年前(放射性炭素年代で3700~3500年前の測定値)


三瓶小豆原埋没林の保存状態確認調査と一般公開

・10年前に発掘し埋め戻したスギの木を再度掘り出して保存状態の確認調査と一般公開

・明後日には再再度埋め戻すとのことです

三瓶小豆原埋没林の保存状態確認調査と一般公開
順番に降りて観察

直径80cm、長さ10mのスギ(A7)の上部1m
スギの上部とはいえ大きな木です

直径80cm、長さ10mスギ(A7)の上部

・樹の上部なので枝の抜けあとでしょうか?生々しいですね

・これで3900年前とは!触った感触に驚きの声が上がります(表面が白いのは付着した砂が乾いて白く写っています)

・埋没林は、暦年代で約3900年前(放射性炭素年代で3700~3500年前の測定値)

・A-7(スギ)、幹周=190cm、平均直径=61cm、長径=63.4cm、短径=57.2cm、長さ=10.9m(三瓶埋没林調査報告書Ⅲから転記しました)
・A-7(スギ)、
幹周=190cm、
平均直径=61cm、
長径=63.4cm、短径=57.2cm、
長さ=10.9m
(三瓶埋没林調査報告書Ⅲから転記しました)