津留晃一のプロフィール


昭和21年2月22日、福岡県生まれ。昭和44年上智大学理工学部卒業。
5年間のサラリーマン生活を経て独立し、コンピューターソフトウェア会社を設立。
一時は社員数が300人を超え、ベンチャービジネスの旗手とし時代の最先端に躍り出る。
しかしバブル経済の崩壊により、一部上場を目前に倒産。
その苦しみの中から、自己を見つめ、内面世界の探求を始めた。
平成12年10月17日に死去。なくなる寸前まで全国各地で、
個人セッション・講演会・グループセッションをおこない、多くの人々に影響を与えた。


弟、津留晃一を思う    山口潤子

  津留は2月22日に生を受けました。「善と悪・陰と陽・好きと嫌い・出来ると出来ない・
 全ての2極を統合するために、この日を選んで生まれたのだ。」とよく言っていました。
 弟は坂本竜馬が大好きでした。ご存知のように竜馬は新しい時代に先がけ、それまでの
  常識を打ち壊し、全国を駆け巡って同士をつなげる役割をにない、明治維新を前になくなりました。
津留の描いてきた「神のシナリオ」もそれと同じだったのでしょう。
私たちに新しい考え方の種を植え、「後は自分の心の中に全てがあるのだから、
  急いでもいいし、ゆっくりでもいい、自分のペースで進んでいけば到達点は同じだよ、
先生役はもうおしまい。」と21世紀を目前に、さっさといってしまいました。
津留の最後の言葉は「ナチュラルに・・・」でした。