日本にロータリーを導入し、自らも東南アジアの留学生に経済的援助をされた米山梅吉氏の功績を永遠に記念するために、奨学事業をロータリーの永遠の奉仕活動と定め、米山基金の設立を公にしました。我が国の民間レベルの最も大きな奨学会です。
米山奨学事業の一番の特色は、奨学金を支給するだけでなく奨学生一人一人に、世話クラブおよびカウンセラーを決め、その人たちが彼らの相談相手になっていることです。そこには暖かい心の奉仕があります。


 米山梅吉氏略歴

1868年
2月4日 大和国高取藩 和田竹造の三男として東京に生まれる
1872年
父の死後、母親の郷里静岡県三島に移る
1883年
沼津中学2年中退、上京し銀座江南学校に入る
1886年
東京英和学校へ入学

1887年

米山家に養子として入籍、渡米。在米8年間、カリフォルニア州ベルモント・アカデミー、オハイオ州ウェスレアン大学、ニューヨーク州シラキュース大学で修学(法学専攻)
1895年
帰朝
1896年
米山はると結婚
1897年
合名会社三井銀行に入社
1909年
三井銀行 常務取締役
1920年
東京ロータリークラブを創立し初代会長となる
1924年
三井信託株式会社創立 取締役社長。Special Commissioner for Japan(1924〜26)
1926年
RI理事(1926〜27)
1928年
RI第70地区ガバナー(1928〜31)
1934年
財団法人三井報恩会 理事長
1937年
財団法人緑岡小学校 校長、理事長
1938年
貴族院議員に勅撰
1939年
日満ロータリー連合会 会長
1940年
日本のロータリー解散
1946年
4月28日 逝去

 


 


Copyright (C) 2005 Tokyo Minato Rotary Club All Rights Reserved.