被災地視察兼職業奉仕見学・一泊親睦旅行会

2010年9月9日(火)


    
 当クラブにおきまして、2011年9月9日から9月10日の二日間、東日本大震災で被災した福島県沿岸部の視察旅行が行われました。
 福島第一原発の事故により町全体が避難を余儀なくされた双葉町避難所兼移設役場(埼玉県加須市避難所)を訪問し、当クラブを代表して高取会長より双葉町へ義捐金の寄贈が行われました。
 又、福島県いわき市にあるクリーンコールパワー研究所(石炭ガス化複合発電所)の見学や、震災で津波により被災した小名浜・塩屋崎地区を視察しました。
 宿泊先である母畑温泉八幡屋(風評被害で客足が激減した温泉郷)では会員皆様による親睦交流会が行われ、支援活動の意義等を確認しました。
 この旅行を通じ、参加された皆様が被災地の様子を身をもって体感した事はこれからのクラブ活動にあたり大変有意義なものとなりました。

埼玉県加須市にある双葉町臨時役場(双葉町避難所)の訪問
双葉町長より避難生活の様子等説明を受ける。
東京みなとロータリークラブを代表し、高取会長が双葉町へ義捐金寄贈
▲ページTOP

福島県いわき市にあるクリーンコールパワー研究所見学
石炭を利用した高効率の火力発電により温暖化ガスの大幅削減や環境性能
の向上にむけて研究が進められている。
▲ページTOP

震災の爪痕

東日本大震災の大津波により被災した福島県いわき市沿岸部の
小名浜地区、塩屋崎地区を視察。
たくさんの家屋が津波で流された。

震災後6ヶ月、未だ処理されていない瓦礫の山
▲ページTOP

母畑温泉「八幡屋」にて宿泊
参加者全員による夕食親睦会の様子。



8千年かけて作られた福島あぶくま洞(鍾乳洞)
や、日本三公園に数えられる水戸偕楽園を見学
▲ページTOP

Copyright (C) 2011 Tokyo Minato Rotary Club All Rights Reserved.