海上自衛隊横須賀基地見学会

 当クラブでは、毎年一回職業奉仕委員会が主催して様々な企業(過去には、柏崎原子力発電所、郵便局、TV局本社、老人ホーム、東京ガス展示館etc)を訪問しているが、今年は海上自衛隊横須賀基地の見学会を3月9日実施しました。 
  例会終了後、バスをチャーターし一路横須賀基地へ。参加者は24名で内4名の軍隊生活経験者がおり、車中、軍隊生活の経験談を披露しました。
 横須賀基地では、基地に停泊中の護衛艦「たちかぜ」(3,850トン)の艦内を士官の案内で艦橋、操舵室、士官室、艦上の各種設備[ターターミサイル発射装置(ミサイルや航空機から艦を防御する対空ミサイル)、3連装魚雷発射装置、アスロック発射装置(ロケットによる魚雷発射装置)等]の説明を受けました。

 自衛隊横須賀基地の対岸は米海軍の基地となっており、米艦数隻の外、自衛隊の潜水艦2隻の姿も見られました。基地構内では、隊員の体力造りのためか大勢の隊員がひたすら走っている姿が見られました。

 現在イラクに自衛隊が派遣されています。自衛隊のあり方や派遣については様々な議論があり、また、憲法改正論議も持ち上がっているが、戦後約60年を経た今日、憲法改正を含め将来を見つめた日本のあり方について国民の一人一人がもっと真剣に考える時期が来ているのではないだろうかなどと考えさせられる一日でありました。

2003年3月19日

 


Copyright (C) 2005 Tokyo Minato Rotary Club All Rights Reserved.