ロータリー発足記念日

 2月23日はロータリー発足の記念日です。
まず、1905年2月23日は、青年弁護士ポール・ハリスなど4人がロータリーの例会を初めて開いた記念すべき日なのです。

 1905年頃のシカゴでは、著しい社会経済の発展の影で、商業道徳の欠如が目に付くようになってきました。
 ポール・ハリスは、こうした風潮に堪えかね、友人3人と語らって、お互いに信頼の出来る公正な取引をし,仕事上の付き合いがそのまま親友関係にまで発展するような仲間を増やしたいと言う趣旨で、ロータリークラブという会合を考えました。(ロータリーとは、集会を各自の事務所持ち回りで順番に開くことから名付けられたものです。)

 こうして、1905年2月23日にシカゴロータリークラブが誕生したのです。 このように、歴史的に見ても,ロータリーとは職業倫理を重んずる実業人、専門職業人の集まりなのです。
 その組織が地球の隅々にまで拡大するにつれて、ロ−タリーは世界に目を開いて、幅広い奉仕活動を求められるようになり、現在は多方面にわたって多大な貢献をしています。

 そこで、国際ロータリーでは、この2月を「世界理解月間」と定め 世界平和のための理解と善意を強調することにしています。
 当クラブでもこの機会に国際社会への奉仕活動について考えることとし、カンボジアアンコール小児病院への対応について討議することにしています。

2004年2月3日

 


Copyright (C) 2005 Tokyo Minato Rotary Club All Rights Reserved.