那須雅之、15年4月の新宿区議選に無所属で立候補。 定数38人中35位1522票で当選いたしました。
       19年4月の選挙では1833票 定員38人中30位で当選しました。
       23年4月の選挙では1654票 定員38人中30位で当選しました。
       現在、無所属・花マルクラブ3期目の議員として活動中です。

〜子どもと女性が明るい社会は未来を感じる事が出来る社会です〜 子育て支援と介護政策の充実を






スタートは、「フジテレビの女子25歳定年制撤廃運動」でした。定年制は撤廃されましたが、本当に働く女性が市民権を得るためには、保育園制度や学童クラブ、そして専業主婦家庭の理解と協力がなければ女性は働き続けられないのです。二人の子どもが保育園に入って以来、「保育園の充実」「学童クラブの充実」を求めて父母会仲間や市民と陳情などの運動をしました。行政は勿論、共産党・自民党・社会党いろんな議員と話しました。しかし、私たちが求める議員は殆ど居ませんでした。“こんな議員がいたらな”「自分が議員だったらこんな議員になるのに」「他の議員のお手本になるような議員になりたい」
当初は二度目の立候補に家族が反対しましたが、その思いは平成14年暮れ、娘のひと言から実現に向かいました。