日本一周・前半
2000年9月1日〜12月20日の111日

日本一周前半の写真はこちら

日本地図・走行軌跡 日本一周旅行のスタートは2000年9月1日。午後3時に東京を出立しました。
 コースは反時計回り。つまり、東京を出発し、太平洋側を東北方面に北上し、青森県の下北半島の先端より北海道の函館に渡り、北海道をぐるっと一周して再び函館港より今度は青森港に行き、津軽半島をまわり、今度は日本海側を南下します。東北を越え、北陸は能登半島も回って福井県の若狭湾の辺りから琵琶湖を一周するために内陸に入り、と、ここまで来たところで免許の書き換えという問題が発生し、免許更新の為にいったん帰京。合わせてキャンピングカーの整備も行いました。

基本的に高速道路は使いませんが、琵琶湖の大津からは一気に高速道路で戻ってしまいました。
滋賀県大津から東京に一旦戻ったのが2000年12月20日でした。
ここまで三ヶ月と二十日の旅でした。ひとまず前半終了です。

この旅では、日本全国細かく各地の名所や旧跡、自然などを堪能してます。また、普段はなかなか行く事が無いような地方の親戚や知り合いの家などにもお邪魔したりしてます。
食事 食事三食自炊。ご飯を炊いておかずを作って食べます。冷蔵庫には三日分の食料を入れるのがやっとなので三日ごとにスーパーで買い物をしてます。たまに、その地方の美味しいものがあるときは外食もしますが、基本は自炊です。はガソリンスタンドなどでもらいます。当然軽油を満タンにしますので、たいがい快くくれます。(断られたのは二回くらいしかありません)ただ、水は節水していてもけっこう使うので2日に一回は給水する必要があります。LPガスはけっこう持つので二週間に一回の充填ですみます。電気サブバッテリーを使い、日中に走行充電します。どうしても足りない時や、布団乾燥機を使う時は発電機も回しキャンピングカーます。洗濯機だけは無いので洗濯コインランドリーを使い ます。大量にためてから洗うので十日に一回くらいです。風呂二、三日に一回ですが良さそうな温泉があるときは温泉に入ります(あまり高いとヤメますが)。宿泊は観光地の無料駐車場や道路沿いの無料パーキングで、国道沿いにはけっこう駐車帯があります(長距離トラックの利用が多いようですが、トイレなどが有ることもあり便利です)。たまに道の駅も利用させて頂きますが、道の駅はけっこう混んでいる事が多いようです。どうしても泊める所が見つからなくて河原に泊まった事もありました。北海道はパーキングが多いのでたすかりました。ちなみに、シーズンオフだったこともあるのですが、有料キャンプ場は一回も使いませんでした。二階が広いので普通の布団を敷いて寝てます。

旅日記

千葉茨城福島宮城岩手青森北海道青森秋田山形新潟富山石川岐阜石川福井滋賀

9/1 東京都 午後三時の出発だったので、急いで東京を抜けないと泊まる所が無い!!いきなり首都高を使って東京脱出。千葉県に入り夜11時頃に宿泊地を見つけて停車。こんなに泊まるのが遅くなったのはコレが最初で最後。
9/2 葉県
茨城県
早速、親戚の家によって水と食料を頂きました。印旛沼で昼食をとり、夕方には茨城県へ。鹿島灘付近の浜辺で初めての風車を見て感動!(風力発電の風車って実は結構各地にあるんですね) 風車
9/6 福島 翁杉と媼杉という杉の巨木を見る。巨木ってすごくいい。午後にはあぶくま洞という観光鍾乳洞に入る。うーん、入場料チョット高い?装備がないと入れませんが、この近くに凄い鍾乳洞があります。
9/7 福島県 恵日寺近くに名水があると地元の人に聞いて、言われた通りにどんどん山を登るといい名水ありました!!
お昼は喜多方で喜多方ラーメン。おいしかったですよ。夜には二件目の親戚宅におじゃましました。
名水
9/9 福島県 午前中掃除などをしていたら、普通のキャンピングカーに乗った夫婦の方が訊ねてきました。「息子に説明するんだ」と言ってたくさん写真を撮っていかれました。たくさんの果物ごちそう様でした。
9/12 城県 午前中、蔵王山の御釜を見に行くが激しい霧で何も見えず残念!!寒い!!午後は磐司岩なるものを目指して雨の中をひたすら歩きに歩くが(土砂崩れのため車両通行止め)これまた霧で何も見えず。磐司岩ってなに? 霧の蔵王山
9/14 宮城県 日本三景の一つ松島に到着。晴れているものの、なんとなくもやがかかって「これぞ松島」みたいな景色は見れなかったものの、雄島は石窟や石仏があって日本離れした感じ。
石巻には日本最古の木造教会があり、係りの人が丁寧に解説してくれました。ここは新鮮な感じがしていいですよ。
9/15 岩手県 中学の修学旅行以来の中尊寺金色堂。圧巻!さすがに観光客多し。午後は猊鼻渓谷をへて碁石海岸へ。ここの石はホントにその名のとおり碁石。
9/16 岩手県 浄土ケ浜を見て、夕方には知り合いの親戚の元町長さんのお宅にお邪魔。山で取れた松茸による松茸ご飯等等地元のものばかり、たいへんなごちそう。ほんと、おいしかったです。ごちそうさまでした。
9/19 秋田県
岩手県
ちょっと秋田県に入ります。八幡平のふけの湯。ここの温泉は凄い!!あちこちから蒸気が出ていて硫黄の臭いもぷんぷん。木の湯船も素敵です!もちろん露天です。
八幡平の自然は東北屈指です。五色沼の色も晴れていていい色見れました。湿原もきれい。
ふけの湯の温泉
9/21 青森 奥入瀬渓谷は清流と滝と鬱蒼とした木々が生い茂る所です。ただ車をとめるところが無いのでじっくり見るには歩きです。この日は14キロ以上歩きました。いやー歩いた。すごくきれいなところですよ。木賊なんかも生えてます。
9/22 青森県 偶然見つけた旧笠石家住宅(重文)。ボリュームある茅葺屋根がみごとです。
三内丸山遺跡。縄文時代って・・・!?
9/24 青森県 激しい風雨の中、恐山の菩提寺に到着。中にある温泉がありがたかった。
昨日あたりから車のラジエターから水漏れが・・・。
9/25 青森県 ついに本州最北端の地に。海の向こう、暗雲の中に北海道が見えてる。
9/26 北海 朝一のフェリーで函館へ。函館山で函館の町を一望。絶好の天気で最高。
五稜郭へ行くが、その形は上から見ないとさっぱり分からん。
フェリーで北海道へ
9/28 北海道 知り合いの家に着き、飲みに行く。二軒回ってさらに家に戻ってまた飲む。あー飲みすぎた。お土産のトバ美味しかったです。ごちそーさま。
9/30 北海道 樽前山(標高1041m)に登る。眼下に支笏湖と、始まったばかりの紅葉が広がる。山頂は墳気が上がっていて一部立ち入り禁止。迫力!!
10/2 北海道 大移動の後、襟裳岬に到着。ここは昔一時荒野になっていたそうです。アザラシがいるそうですが、双眼鏡がないと見えない。見てみたかった。この日の夕食はラム肉のシャブシャブ。
10/5 北海道 釧路湿原は湿原というよりはサバンナのような風景。このスケールのでかさ、広さは北海道ならでは。早めに停車して、夕日を眺めながら風呂に入る。夜は海面に映る月がきれいだった。
10/7 北海道 北海道の東端、納沙布岬に到着。ここからは肉眼でも北方領土が見える。
10/9 北海道 北海道の秘境といわれる羅臼湖。静かでとてもよいところ。ここの湖畔でうどんを煮て昼食にした。今考えると熊が多い北海道では大胆だったかな?紅葉もきれいでした。
夕方にはカムイワッカ湯の滝へ。ここを流れる川はお湯!(温泉)沢を20分ほど登ると滝があり、その滝壷で湯につかります。湯はかなりぬるめでした。
10/11 北海道 朝五時前に起きて、夜明けの摩周湖を見る。さむー。でも凄かった!!
阿寒湖付近は紅葉してました。ここで見た看板が凄い!!「熊出没中」出没注意はよく見ますが出没中って・・・。怖ー!!
熊出没中
10/12 北海道 雌阿寒岳に登る。二時間で山頂ですが、山頂は風が凄くて飛ばされそう!!火口からは墳気が上ってます。
10/15 北海道 最北端の地、宗谷岬に到着。ついに日本の最北端まできてしまった。
10/16 北海道 車を置いてテントを持ってフェリーで利尻島へ。めざすは利尻富士(1721m)!のはずでしたが、途中で雨が降ってきて五合目付近で断念しました。
戻った日はサロベツ原生花園の駐車場で泊まりましたが、風が物凄くて倒れはしないかと怖かったです。
サロベツ原野
10/18 北海道 昨日から泊まっていた、サロベツ原野は夜半から猛烈な風と雨に雷。朝になってみると、猛吹雪。あっという間にキャンピングカーは真っ白に。突風のせいで、二階を畳んで撤収するのも一苦労。幸い、道路に雪は積もっていなかったので旭川に向けて出発。それでも、吹雪はやまず、気温は一日零度付近でした。海も猛烈に白波を立てて荒れていました。北海道の冬は凄く厳しそうです。
10/19 北海道 あまりの寒さに耐えかねて骨董屋で火鉢を購入。
排気管が千切れて爆音車に・・・。空き缶とホースバンドで補修しました。うーん、なんかボロが出てきだした。
10/20 北海道 北海道最高峰、大雪山旭日岳に登る。ロープウェイ乗り場ですでに雪。上に上がったらもう真っ白!!そこから一時間半ほどで山頂ですが、一部アイスバーンのところもあり、ちょっと危険。山頂は360度パノラマ!!最高ー!! 下山してからの温泉がまた格別。
が、ここで最大の危機発生!なんと二階が上がらない!!原因はコンプレッサーの故障だったので緊急用のコンプレッサーを使いましたが、これまた故障!!結局後ろに二人、運転席に一人でなんとか寝れました。
10/21 北海道 天人峡、羽衣の滝。この滝は北海道一の落差を誇ります。紅葉と相まって見事でした。
親戚宅へ寄る。取れたての新鮮なネギ等を大量に頂きました。(おくところが無いのでお風呂場へ)頂いた野菜は本州まで持ちました。ごちそう様でした。
あっと、今日からはガソリンスタンドで空気ももらわないと二階が上げられないぞ。
10/22 北海道 札幌に到着。今までと打って変わって大都会です。駐車場で泊まっていたら警察まで来ました。藻岩山山頂から見る札幌の夜景は凄い!
10/28 北海道 積丹半島の神威岬から見る神威岩は海に突き出た感じがいいです。日本海の海の色は太平洋側と違って青です。
そしてこの日はニセコへ。ここの自然もきれいでした。歩きすぎて暗くなってしまった。
10/29 北海道 江差付近の海岸で見た親子熊岩。左が、立ち上がって手をついている小熊。右が親熊で、口を開けて吠えている横顔です。ここまでそっくりなのは珍しい? 親子熊岩
11/1 北海道 北海道最後の日は雨だった。あんなに晴れつづけた北海道なのに最後で雨になりました。北海道も今日で終わりだという寂しさと、本州に戻れるという安心感で複雑な気持ちです。でも、北海道はホント凄かった。スケールの大きさといい、本州には無いものがいっぱいあります。
また来よう!!
本州に戻る
11/3 森県 故障したコンプレッサーの部品を東京から送ってもらい(郵便局止めで受け取った)修理完了。これでもう毎日ガソリンスタンドから空気をもらわなくてもOK。ついでに布団も干して、大掃除もした。 大掃除
11/6 田県 メンバーの一人の足の傷がなかなか治らないので病院へ。点滴を打ってもらう。原因はビタミン不足?野菜タップリ食べているけどな・・。
11/10 山形 朝起きて外に出ると、話しかけてくる人が結構います。夜遠くから見るとあまり車には見えないらしく、「家が建ったのかと思った」と話す人もいた。また、道行く人が「おお!!なんじゃありゃ?家か車か?」と言っておられました。 夜のキャンピングカー
11/11 山形県 出羽三山の一つ羽黒山へ。杉の巨木が林立するなかに見事な五重塔が見えてくる。こういった深山の中に静かにそびえる五重塔は、京や奈良の五重塔とはまたちがったよさが味わえる。
11/12 山形県 山寺へ行く。日曜日だったので大変混んでいた。有名どころは日曜だと混みます。
車の一階の床が寒いのでじゅうたんを購入する。(980円)。夕方に親戚宅へお邪魔して1ポンドステーキをご馳走になる。お土産に、家の中の食材全部ではないかと思うほど大量に食料を頂きました。どーもスミマセンでした。
11/14 潟県 新発田城(シバタジョウ)はお堀の一部と大手門と隅櫓を残すのみですが、大手門の中にまで入れます。大手門の中に入れるのは珍しいのでは?いい味だしてます!
夕方、新潟の親戚宅にお邪魔する。豪華な夕食をご馳走になりました。ごちそうさまでした。
11/15 新潟県 水原町、瓢湖はおびただしい数の白鳥と鴨が飛来してました。見ててあきません。白鳥が助走しながら離水する姿は迫力!。それにしても鴨同士は仲の悪いこと・・。
11/18 新潟県 東京から友達がやって来た!!。えんえんと下の道で来たそうで、ご苦労様。この日は残念ながら一日雨だった。 キャンピングカーに来客
11/19 新潟県 秋山郷の小赤沢温泉は凄い!!赤というか茶色の濁り湯で、水面下5センチ下が見えないほど濃い!!(手ぬぐいが染まるそうです)ちょっとぬるめですが、ここはお奨めです。
11/22 富山 宇奈月温泉からトロッコ電車で黒部峡谷へ。紅葉はほとんど終わっていたが、この谷の深さは黒部ならでは!。トロッコ電車でその谷間をぬうように走るのはおもしろい。
11/23 富山県 車のブレーキパッドを交換。ついでに大掃除。
布団がしけって困っていたので布団乾燥機を購入。これはいい!!。
大掃除
11/24 富山県 日本一の落差がある滝、黒部の称名滝を見に行く。登りがきつくておまけに路面凍結!怖かった。
11/29 川県 能登半島の輪島市で白米千枚田を見る。日本の原風景といった感じでとてもいいです。ただ、後継者がいなくて大変なようです。また、この辺りは風が強いので各家々が暴風対策を取っているのが特徴的でした。なぜかトンビが多いです。(急降下してきた鳶にぶつかりそうになった!)
11/30 石川県 能登半島の西側に千里浜なぎさドライブウェイといって砂浜を8キロほど走れる所がある。思ったより砂がしまっていて普通に走れると思っていたら、最後のカーブでスタック!!ここはカーブなので砂が軟らかく、出れなくなってしまった。もがけばもがくほど埋まってしまい、潮もだんだんと満ちてきてピンチ!!しばらくしてから、通りがかりの親切な四駆のトラックに引っ張ってもらって無事脱出。ふー。 スタックしたキャンピングカー
12/2 阜県 世界遺産にもなり有名な白川郷、萩町合掌集落に到着。白川郷の他にも二つの合掌集落があり、それぞれ特徴がある。こんなに茅葺屋根の家が集まると圧巻です!!
12/4 石川 ついにラジエターに大穴が開いたようだ。(冷却水が全部抜けて焼きつき寸前!!危なかった)金沢で入ったラジエター屋さんは一日で直してくれて、そのうえ代車までただで貸してくれました。(当日に直せると言ってくれたラジエター屋さんは初めて)帰りには金沢の名所や、車を止められるポイントなどを色々と教えてもらい、いいラジエター屋さんでした。
12/7 石川県 手取川ダムはロックフィルダムといって大量の石を積み上げて作られており、実物を目にするとど迫力!!思わず「おおー!!」と叫ばすにはいられない。
12/10 福井 丸岡城は日本最古の天守閣。瓦が石で出来ていたりして、小さいながらも感じいいお城。
午後は永平寺へ。福井屈指のポイントなのでさすがに混んでいたが読経が迫力。
永平寺の近くに平泉寺白山神社があり、ここの苔むした境内と深い杉林はとてもいい。
ちょっと前から関西べんの人が多くなってきた。だいぶ西に来た実感が・・・。
12/12 福井県 朝起きたら雪・・・雪!!。えらい事だ!!結構積っている。タイヤはまだ夏タイヤのままだ。この日は高台に泊まっていたため、坂を降りるのが危ないので雪が解けるのをしばし待つ・・・。 雪が積るキャンピングカー
12/13 福井県 彫刻家の人の家にお邪魔する。市内を案内してもらい、三食ご馳走になって、そのうえ餞別まで頂いてしまいホント恐縮です。どうも有り難うございました。
この日初めての接触事故!狭い路地を曲がるとき、車の上部が商店の庇に接触。瓦を落としてしまいました。(ミラーでは車の上部は見えないので、顔を出して見るべきでした。雨が降っていたのでつい・・・反省!)
12/14 滋賀 ついに琵琶湖に到着。数年ぶりの琵琶湖。感動です!
12/16 滋賀県 彦根城下で開いていた骨董市を覗いてみる。ちょっと市が小さいかな?
12/17 滋賀県 安土城跡は信長の夢のあと。石垣しか残っていないが、その石垣も立派なもの。巨大な城内には三重の塔が残っていたりして在りし日を想像できる。
近江八幡市、八幡堀は琵琶湖水運の一つ。まるで時代劇のセットの様な水路がつづく。
12/18 滋賀県 比叡山、延暦寺を見る。閉まるのが早いので(三時半)全部見れなかったのが残念。
12/19 滋賀県 東京に向けて出発。中央道を使って戻る。風が強くてとても怖い。(傾きながら走っていたことも)この日は諏訪湖サービスエリアの温泉に入ってここで一泊することにした。
12/20 東京都 朝、アイドリングするトラックたちの排ガスの臭さで頭が痛くて起きる。朝食を食べて一路東京へ。

2001年2月20日再出発・日本一周後半へ進む→

後半は近畿、四国、中国、九州、そして屋久島です。

このページのトップに戻る


日本一周の写真はこちら


ホームに戻る