1/2ページ
次項へ

next camping car


今度のキャンピングカーはとてもコンパクトです。
以前のキャンピングカーは夢を積み過ぎてとても重くて大きくなってしまった為、今度は小さく作ります。

ただし、コンセプトはまたしても和室!!
和にこだわってみます 畳を敷いて窓には出来れば障子・・・

Base car is MAZDA 'BONGO'
今度のベース車両はマツダのボンゴバン。
全幅1.6m長さ4mと、とてもコンパクトな車です。
荷室は長さ2.2m程あるので、寝るには充分なスペースが確保出来ます。

製作過程
製作過程をリアルタイムでお届けします。夏には完成予定!!

今度はバンをベースにして、とても簡単に製作します。
ただ、サブバッテリーくらいは積む予定ですが


Remove the trim panel.
下準備
まず最初に内装を剥がします。

商用車がベースなので、もともと内装材はとても簡素です。
03 7/10
フロアマットは防音、断熱のために残しておきます。
03 7/10
乗降口の足掛けは゛靴置き゛のスペースに使えそうです。
サブバッテリーもここに置こうかな・・・
03 7/10

Prepare for a painting.
室内を塗装するので、まず塗装の下準備をします。
塗装するところの汚れを良く落とし、塗らないところはマスキングします。
(平日は帰宅後の1、2時間しか作業が出来ないので、なかなか進みません)
03 7/14


※マスキング
塗料しない部分、塗料が付着しては困る部分等をテープなどで覆っておくこと。

Painting.
塗装
まず天井のパネルを外しておきます。
塗料の密着を良くする為本来なら゛足付け(塗装する面を荒らしておく)゛をしますが、
今回は゛ミッチャクロン゛という下地塗料を塗って済ませました。
ミッチャクロンが乾燥したら上塗りをします。室内なので低ホルムアルデヒドの水性塗料を使いました。
03 7/15


塗装 二回目
03 7/16

Make a window screen
網戸の製作
夏にキャンプなどで車中泊を経験したことのある人なら分かると思いますが、夏の車中泊は結構過酷です。
車は基本的に断熱構造になっていないので、文字通り夏暑く冬寒いのです。
そこで夏は窓を開けたまま寝ることになるのですが、そのままでは蚊の来襲は避けられません。
前置きが長くなりましたが網戸の作製です。
        
鉄枠を組み立てて、そこに網を張ります。
脱着を容易にする為、上部をフック形状にして車体の窓枠に掛け、下部のみをネジ止めにしました。(左写真参照)

03 7/17

Painting a Grain.
塗装の続き
室内を木目調に塗装。
木目を手書きで書き込んでいきます(下写真)。

03 7/19

Paste wallpaper to the trim panel board.
化粧板
最初に外した化粧板に壁紙を貼ります。
既存の化粧板にはビニールクロスが貼ってあるのでこれを剥がし、(下写真参照)
゛聚楽風゛の壁紙を貼りました。

03 7/20

bamboo ceiling
天井
天井は゛網代天井゛にしてみたいので、似たようなものを探します。
見つけてきたのは下写真にある竹の敷物。細く切った竹を編んであります。
網代網にはなっていないので網代天井とは呼べないでしょうが、値段が597円と安いので、よしとします。
これを切って天井のパネルに貼りました。

03 7/20

今日は夜鍋でした

Plywood is stuck on a floor.

床には畳を敷きますが、まず最初にその下地を作ります。
9ミリ厚のベニヤ板を床の寸法通りにカットして敷きつめました。
03 7/21

今日のお天気は曇り時々雨。屋外の作業なので、たびたびの雨に中断させられました。

It just inserted in the ceiling
and the trim panel board.
床2
車の床は凹凸があって平らではないので、それに合わせてベニヤ板の下に下駄を噛ませ、床板を水平にします。
(写真は天井と化粧板をはめたところです。クリックで拡大)
03 7/28

下駄
この場合、あるものの高さをあげるため、そのあるものの下に噛ませるものを指す。

床3
本日も同様の作業。中古車の為、床が凹んでいたりして調整に時間が掛かります。
03 7/31

Lay floorboard and tatamiyose.
床板及び見切り材の取り付け
床には畳を入れますが、角のRの部分など畳を納めにくい場所には一部床板も張ります。
杉材の床板を張って、畳寄せも取り付けました。

03 8/2

※畳寄せ
畳と壁が接する部分に設ける見切り材。

本日も同様の作業。床板は車の形状に合わせて加工します。取り付けには木工用ボンドと木ネジ(タッピング)を併用しています。
03 8/3

Make a tatami.

今日は畳を作ります。5mm厚のMDFボードを下地にして、その上に薄いポリシートをクッション材に入れて、その上に畳表を張りました。(下図参照)畳の縁は両面テープで貼り付けます。
03 8/4


※MDFボード
ファイバーボード、木くずを接着剤で固めて作った板。ベニヤ板に比べて狂いが出ないのが特徴。



畳2
今日は畳をもう一枚作製。ただ、裏表を逆に作るという大失敗を犯してしまい、材料が不足してしまったので途中で中断せざるをえませんでした。
03 8/6

畳3
三枚目の畳を製作。縁は後日取り付け。
03 8/7

次項へ→
next pege


ホームに戻る
Home