鶴岡八幡宮宝物殿、鎌倉国宝館、三嶋大社宝物館

鎌倉時代の至宝を公開する

(知への小さな旅:トップ→目次→美術品→)

美術品へ   目次へ

参照(源平A)  参照(源平C)  

参照(源平D)  参照(源平E)  参照(源平F)

 鶴岡八幡宮は源頼羲が石清水八幡宮を鎌倉に勧請したことに始る。源頼朝は現在地に社殿を造営して、この社を移して源氏の氏神とした。1828年に再建された流(ながれ)権現造の華麗な社殿は重要文化財であり、鎌倉観光の中心地として連日多くの参拝客が訪れる。八幡宮の回廊に併設された「鶴岡(つるがおか)八幡宮宝物殿」には伝来の奉納品などが所蔵されている。

 それらは、いずれも源氏と北条氏、あるいは足利氏その他の武家から奉納された品々で、平安・鎌倉・室町時代の武門に縁の深い文物である。例えば国宝の太刀や弓矢、十二単や装束、伝源頼羲坐像や伝源頼朝坐像、吾妻鏡の現物、政子の愛用品などだ。

 なお吾妻鏡とは鎌倉幕府が編纂した鎌倉時代の歴史書で、将軍が在位した時代の幕府や御家人の動向を日記風に記載している。51巻が現存し当時を知る重要な資料となっている。

 関東大震災の際、鎌倉でも多くの寺社が倒壊した。境内にある「鎌倉国宝館」は鎌倉市内の重要文物の防災保存と公開の便を図るために設置された。館内には仏像や仏画、高僧の墨蹟や肖像画、及び絵画・工芸品・古文書など、市内各寺社の大切な寄託品や当館の所蔵品を保管しており、それらを順次公開している。

 それらは場所柄、鎌倉時代から室町時代の作品が多い。これらはいわゆる鎌倉彫刻や絵画として独自の特色を持っている。例えば仏像では、運慶やその一門の仏像、絵画では宋から招聘した禅僧の影響を受けた南宋画系の絵画や頂相画(ちょうそうが、ちんそうがと読む。)などた。

 なお頂相画とは高名な禅僧の肖像画のことで、印可を受けた弟子に付与され、写実性に優れている。その一つ、大覚禅師像は国宝になっている。また当館には浮世絵の肉筆画を収集した有名な氏家コレクションもあり、特別展の際公開されている。

 時代は武士の世であり、鎌倉は武家の本拠だったから動きがあり迫力のある仏像が好まれたのは当然だった。また鎌倉時代には地獄思想が盛んだった。従って浄土信仰が盛んだった平安貴族の時代とは異なる仏像が造られた。当館には鎌倉時代の初江王(しょこうおう)・鬼卒(きそつ)立像・具生神(ぐしょうじん)像・地蔵菩薩・不動明王像など、地獄思想関連の仏像が展示されている。

 初江王は死者の裁きをつかさどる地獄の十王、あるいは十三仏の一仏で、閻魔大王と交代で事に当たる恐ろしい仏だが、釈迦如来の変身ともいわれている。具生神は人間の現世での所業を記録し、地獄の裁きの場でそれを読み上げる。

 八幡宮の木造弁才天坐像は鎌倉時代の作で、富や音楽をもたらす弁天様は裸像に着物を着せてあるそうだ。また木造十一面観音坐像や銅造薬師如来坐像は、元は八幡宮の仏像だったが、いずれも神仏分離令の結果、密教色の濃厚だった八幡宮から移管されたという。

 ところで伊豆半島への入り口、三島市には三嶋大社が鎮座している。伊豆から平家打倒の挙兵をした源頼朝はこの神社を厚く崇敬し、神領や太刀などを奉納した。「三嶋大社宝物館」には頼朝や政子の奉納品や書き物、及び源氏関連の品々が収蔵されている。

その中で政子奉納の梅蒔絵手箱とその内容品は当時の工芸技術の高い水準を示す品として、国宝に指定されている。当館ではその復元品を展示すると共に、その制作過程を紹介している。

またここには平安時代から鎌倉・南北・室町・戦国時代に至る中世の古文書が多数収蔵されている。その中には源頼朝や同頼家、北条時政や同泰時、足利尊氏や同義満、北畠顕家、伊勢宗瑞(北条早雲)や北条氏綱、豊臣秀吉など、中世の著名人の文書が多数保存されている。

美術品へ   文書の先頭

(作成日: 99/09/20、 更新日:05/02/15)

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

鶴岡八幡宮宝物殿_神奈川県鎌倉市雪ノ下 2-1-31 鶴岡八幡宮本宮内_TEL 0467-22-0315(社務所)_

a)JR横須賀線・江ノ電の鎌倉駅東口から1.1km(35deg.E 1.0km)徒歩15分、タクシーあり

b)バス利用なら駅東口バス乗り場8番から上大岡駅行き・大船行き・本郷台行きなどの京急バスや江ノ電バスで「鎌倉八幡宮前」あるいは「大学前」下車し境内を徒歩_

駐車場 普通車 32台_小_大人_

9:00-16:30_

月曜日、展示替などの臨休あり、開館時間や休館日はやや不確実なので要照会_{16/09/09}

 

鎌倉国宝館_神奈川県鎌倉市雪ノ下 2-1-1鶴岡八幡宮境内_TEL 0467-22-0753_

a)JR横須賀線・江ノ電の鎌倉駅東口から1.0km(NE 0.9km)徒歩13分、

b)同駅東口バス乗り場8番から江ノ電バス・京急バスなどの上大岡駅行き・大船行き・本郷台行きなどに乗車し、江ノ電バスなら「鎌倉八幡宮前」、京急バスなら「大学前」下車徒歩約3分_

駐車場はない。近隣の有料駐車場を利用_中_大人_

9:00-16:30(16:00)_

月曜日(休日に当たる場合は開館し、次の平日休み)、年末年始(12/291/3)、月一回程度(1〜2日)の展示替え日、特別整理期間_{17/02/15}

 

三嶋大社宝物館_静岡県三島市大宮町 2-1-5_TEL/FAX 055-975-0566055-975-0172()_

a)JR東海道新幹線・東海道線三島駅南口から1.2km(65deg.E 0.9km)徒歩15分、

b)伊豆箱根鉄道田町駅から徒歩5分_

駐車場 有料70台_小_大人_

9:00-16:30(16:00)

(ただし8/158/171/11/3の期間は開館時間延長あり) _

展示替えのため年に3〜4回ほど各1日程度の展示室休室あり_{17/02/15}

 

文書の先頭