★このサイトはwindowsに対応。表示→文字のサイズ→(中)でご覧下さい。それ以外はレイアウトが崩れます。
ネット句会
俳句サロン
575投稿募集!
★2007/10/07とりあえずネット上のみ再開。投稿お待ちしています。
■掲示板にご投稿ください。とりあえず自由題を募集。投稿ありしだい逐一アップしていきます。
★2018年11月現在までの句会投票及び作句参加者
・故沖恒夫(俳人)・幸田匡(翻訳家)・押田匡俊(会社役員)
・甲斐英輔(小説家)・古賀進(会社員)
・相川清美(学生)・佐野義也(サロン運営)
・滝沢孝之(会社役員)
・竹内氏英(会社員)
・雪荷(石川県・ネットにて)
・芳泉(幹夫)・典子
・島原大雪・蝦夷 炎暑
・李カボテ・山渓 ・美佳子・いきか・石川順一・春夫
「575作句研鑽リング投稿」
絵手紙 by edward 絵手紙 by edward
▼素敵な言葉17文字が投稿されると、なぜか擬似俳句でも作りたくなるという衝動が生まれる。そんなことに気づかせていただけた「泉の会」主宰 芳 泉(幹夫)氏の作品。以降当方edwardの駄作を失礼ながらリング形式にアップさせてもらうことに思い立ちました。ここからさらに新しい方が参加してもら えれば更なる研さんリングになると思います。

今後とも末永く連鎖されていくことを願うしだいです。投稿掲示板に何句か集まった時点で更新、よろしくお願いいたします。旧作は容量の関係で随時削 除されると思いますが、ご了承ください。なお、最上段が近作、おおむね下段より兼題(または季語)がリングされてきています。新しい兼題(または季語) の句が提示されれば、少なくとも当方edward(佐野義也)は研鑽のためそのテーマに沿って作句していきます。皆さんもどうぞ!
シリウス

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年12月 3日(月)■輝くか我が頭上にはシリウスが■シリウスに願かけている迷いネコ

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2018年12月 1日(土)■シリウスや翳せば蒼き獣の眼■シリウスの下滔々と最上川

★★★★★★★★★★わが空にきてシリウスは躍りだす 林誠司 ★★★★★★★★★★シリウスや鎖を傅ふ鐵の意志 中原道夫

むささび

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年11月29日(木)■むささびが身近に迫るうれしさよ■ウエブ作業笑つてみてるムササビや

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2018年11月29日(木)■むささびの樹上出で来し伊賀の里■むささびの目玉巣箱に夜のとばり

★★★★★★★★★★むささびの顔現れし巣箱かな 上村佳与 ★★★★★★★★★★むささびの神の影とぶ山の水 奥山甲子男

冬麗(ふゆうらら・とうれい)

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年11月20日(火)■背中ぞくっ日影に潜む冬うらら■冬うらら税務署帰りケーキ買う

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2018年11月19日(月)■この町の空ばかり詠む冬うらら■冬麗やパントマイムの女の手

★★★★★★★★★★臨月の腹愛でられて冬うらら 橋本典子 ★★★★★★★★★★母老いて深きまなざし冬うらら 山口慶子

冬の朝

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年11月16日(金)■カメムシも冬の朝かな服につき■冬の朝栃ノ心まで負け越して

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2018年11月16日(金)■まうすこし夢の続きを冬の朝■休場の一人横綱冬の朝

★★★★★★★★★★オリオンのかたむき消えぬ冬の朝 稲畑汀子 ★★★★★★★★★★新聞と足音配る冬の朝 園田信夫

新海苔

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年11月14日(水)■新海苔のおにぎりの味妻の味■朝の風新海苔乗せて部屋縦断

投稿者:幹夫
投稿日:2018年11月14日(水)■新海苔を炙つてゐたる居候■新海苔で包む大きな握飯

★★★★★★★★★★新海苔や弥々飯のすすむなり 橋本典子 ★★★★★★★★★★新海苔の一帖づゝを土産かな 正岡子規

短日

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年11月 8日(木)■再けいこなぜか忙し短日や■短日にシュークリームを4個買い

投稿者:幹夫
投稿日:2018年11月 8日(木)■短日や僕にわからぬピカソの絵■短日や旅の塒は川任せ

★★★★★★★★★★短日や恋する町の時計台 橋本典子 ★★★★★★★★★★短日の三時のバスはのがされず 坪川紀子


八手の花

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年11月 4日(日)■亡き兄の想い出にあり花八手 ■玄関の横にひっそり八手花

投稿者:幹夫
投稿日:2018年11月 4日(日)■花八つ手水をもらひに蔵の町 ■花八つ手流れしづかに美観地区

★★★★★★★★★★仏門に二心なし花八手 橋本典子  ★★★★★★★★★★いと白う八つ手の花にしぐれけり 中村汀女

秋の空

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年10月25日(木)■なぜ青い空気は透明秋の空 ■秋の空虫も埃も吸い込まれ

投稿者:幹夫
投稿日:2018年10月25日(木)■何もせぬことが贅沢秋の空 ■秋の空キリンの首は何故長い
★★★★★★★★★★白雲の海を跨ぐや秋の空 高原洋子  ★★★★★★★★★★秋の空露をためたる青さかな 正岡子規

霜降

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年10月23日(火)■鉢植えの位置を変えたり霜降や■霜降や有名人の長寿知る

投稿者:幹夫
投稿日:2018年10月23日(火)■霜降や川中島に鬨の声 ■霜降や山に寝転ぶ蒼き星

★★★★★★★★★★霜降や鳥のねぐらを身に近く 手塚美佐  ★★★★★★★★★★霜降や立方体の鯨肉 辻桃子

蜜柑

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年10月13日(土)■モーツアルト聴いてミカンの味忘れ■路傍にて一個見つけた黄の蜜柑

投稿者:幹夫
投稿日:2018年10月12日(金)■小賢しき麓の猿は蜜柑剥く■紀州路の風荒ぶ夜の蜜柑山

★★★★★★★★★★蜜柑盗みに山猿がくる雨がくる 秋元不死男  ★★★★★★★★★★蜜柑狩一雨あとの海蒼し 河野南畦

寒露

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年10月 8日(月)■長袖をまくり上げてる寒露なり■ちり芥寒露まとめて拾い上げ

投稿者:幹夫
投稿日:2018年10月 8日(月)■澱みなく川の流るる寒露かな■目薬を頬にこぼせる寒露の日

★★★★★★★★★★汲み置きの水平らかに寒露の日 角川照子  ★★★★★★★★★★目に見えぬ塵(ごみ)を掃きたる寒露かな 手塚美佐

鰯雲

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 9月24日(月)■漱石を読み終えてみる鰯雲■鰯雲風吹きぬけて埃舞う

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 9月24日(月)■少年の白球を追ふ鰯雲■落日にとりとめもなく鰯雲

★★★★★★★★★★待つことも待たるることも鰯雲 橋本典子  ★★★★★★★★★★方言は知らぬ下校児鰯雲 福井菊恵

秋夕焼

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 8月28日(火)■岐路に立ち秋夕焼にとぼとぼと■秋夕焼異様な赤に蟻行列

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 8月28日(火)■水没の家建つまでの秋夕焼■遠くから母の呼ぶ声秋夕焼

★★★★★★★★★★秋夕焼不二の黒さを残しけり 三木十柿  ★★★★★★★★★★看取りにも終る日のあり秋夕焼 今井千鶴子