★このサイトはwindowsに対応。表示→文字のサイズ→(中)でご覧下さい。それ以外はレイアウトが崩れます。
ネット句会
俳句サロン
575投稿募集!
★2007/10/07とりあえずネット上のみ再開。投稿お待ちしています。
■掲示板にご投稿ください。とりあえず自由題を募集。投稿ありしだい逐一アップしていきます。
★2010年3月現在までの句会投票及び作句参加者
・故沖恒夫(俳人)・幸田匡(翻訳家)・押田匡俊(会社役員)
・甲斐英輔(小説家)・古賀進(会社員)
・相川清美(学生)・佐野義也(サロン運営)
・滝沢孝之(会社役員)
・竹内氏英(会社員)
・雪荷(石川県・ネットにて)
・芳泉(幹夫)・典子
・島原大雪・蝦夷 炎暑
・李カボテ・山渓 ・美佳子・いきか・石川順一・春夫
「575作句研鑽リング投稿」
絵手紙 by edward 絵手紙 by edward
▼素敵な言葉17文字が投稿されると、なぜか擬似俳句でも作りたくなるという衝動が生まれる。そんなことに気づかせていただけた「泉の会」主宰 芳 泉(幹夫)氏の作品。以降当方edwardの駄作を失礼ながらリング形式にアップさせてもらうことに思い立ちました。ここからさらに新しい方が参加してもら えれば更なる研さんリングになると思います。

今後とも末永く連鎖されていくことを願うしだいです。投稿掲示板に何句か集まった時点で更新、よろしくお願いいたします。旧作は容量の関係で随時削 除されると思いますが、ご了承ください。なお、最上段が近作、おおむね下段より兼題(または季語)がリングされてきています。新しい兼題(または季語) の句が提示されれば、少なくとも当方edward(佐野義也)は研鑽のためそのテーマに沿って作句していきます。皆さんもどうぞ!
心太

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 7月 8日(日)■怨霊の天変地異にところてん■心太黄色いからしと母に乞う

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 7月 6日(金)■磯の香を啜るロマンや心太■迸る雄町の水や心太

★★★★★★★★★★おしゃべりのクライマックス心太 桑原泰子  ★★★★★★★★★★心太むかし躾は厳しくて 成田美恵子

半夏生

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 7月 4日(水)■半夏生そうだ饂飩はあつたつけ■物事ははつきりしよう半夏生
  
投稿者:幹夫
投稿日:2018年 7月 3日(火)■半夏生異国の空へキック・オフ■半夏生讃岐饂飩の茹加減

★★★★★★★★★★半夏生はがき一枚書く正座 森一九  ★★★★★★★★★★海鳴りの雨ともならず半夏生 須藤省子

青蜥蜴

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 6月30日(土)■青蜥蜴何時幕開けか劇場版■新しきスター登場青蜥蜴

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 6月30日(土)■その昔ここは銭湯青蜥蜴■戦ひは勝たねばならぬ青蜥蜴

★★★★★★★★★★混浴の洗ひ場奔る青蜥蜴 高澤良一  ★★★★★★★★★★青蜥蜴オランダ坂に隠れ終ふ 殿村莵絲子

蚊柱

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 6月30日(土)■蚊柱を知つてうれしい宵の道■暗闇に大騒ぎして蚊柱か

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 6月29日(金)■蚊柱や藪に出でたるならず者■蚊柱の中に一夜の別れあり

★★★★★★★★★★蚊柱の近きにありて立話 稲光すみ  ★★★★★★★★★★蚊柱の穴から見ゆる都哉 小林一茶


サングラス

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 6月27日(水)■黒メガネおつと間違えサングラス■サングラス按摩とみるかタレントか

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 6月26日(火)■人生は七色十色サングラス■サングラスかけて手配の顔写真

★★★★★★★★★★太陽が真上を通るサングラス 橋本典子  ★★★★★★★★★★岬行き電車の中のサングラス 高澤良一

虎が雨

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 6月24日(日)■ホームレス恋多き日よ虎が雨■待ち望み虎が雨にも笑みこぼれ

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 6月23日(土)■古への恋ぞ儚し虎が雨■虎が雨昔気質のをなご佳し

★★★★★★★★★★虎が雨まだ兄の死をうべなえず 宇咲冬男  ★★★★★★★★★★その墓所をたづねあてたる虎が雨 山本洋子

沖縄忌

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 6月22日(金)■饒舌と言われた時が沖縄忌■沖縄忌友引の日と重なりて

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 6月22日(金)■敵艦の見ゆる砲台沖縄忌■弾のうに黒き弾倉沖縄忌

★★★★★★★★★★沖縄忌漂白される洞窟の闇 小橋川忠正  ★★★★★★★★★★薬莢も露店に並び沖縄忌 伊舎堂根自子

夏至の夜

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 6月22日(金)■演奏会不満の出来に夏至の夜■歳重ね減る筋力や夏至の夜

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 6月21日(木)■夏至の夜の銅鑼泣きじやくる大洗■殊更に地軸傾く夏至の夜

★★★★★★★★★★夏至の夜の港に白き船数ふ 岡田日郎  ★★★★★★★★★★ガリレオの髭ゆたかなり夏至の夜 小梅順



父の日

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 6月17日(日)■思索するときに気が付き父の日か■父の日と問わば答える人もなく

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 6月17日(日)■父の日やウルトラマンの父強し■父の日に労る父の遠に亡し

★★★★★★★★★★父の日の隙間だらけの農具小屋 宇都宮靖  ★★★★★★★★★★父の日や古りし文庫の「資本論」 森洋子

五月雨(さみだれ・さつきあめ)

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 6月17日(日)■買い物をし忘れた夜わ五月あめ■五月雨を馬鹿にするなとだれか言い

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 6月15日(金)■五月雨や涙はいづれ乾くもの■廃屋の樋を滴る五月雨

★★★★★★★★★★黒松の幹の芯まで五月雨るる 林徹  ★★★★★★★★★★五月雨三味線を引く隣哉 正岡子規

代田

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 6月14日(木)■雨脚が作る代田は動画なり■微動だにせず静寂の代田かな

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 6月14日(木)■一枚の代田の映す村景色■雨の夜の代田に千の濁り声

★★★★★★★★★★放課後の代田の畦の一直線 橋本典子  ★★★★★★★★★★大空へ光返して代田かな 吉田保子

蛇の衣

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 6月12日(火)■我が息子笑いこけてた蛇の衣■美しいものは影なり蛇の衣

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 6月12日(火)■神殿の祠に懸る蛇の衣■ふる里は遠に忘れし蛇の衣

★★★★★★★★★★髪乾かず遠くに蛇の衣懸る 橋本多佳子  ★★★★★★★★★★蛇の衣懸けあり蛇の遊び木に 高澤良一

葭切

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 6月11日(月)■デジカメに葭切の声おさまらず■葭切や焦燥感とうり二つ

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 6月10日(日)■葭切や酒は二合の喉仏■葭切や画用紙に描く未来都市

★★★★★★★★★★葭切や屋根に男が立上る 金子兜太  ★★★★★★★★★★葭切やフランス小旗ケーキ屋に 波多野爽波

梅雨入

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 6月 9日(土)■物差しで測つたような梅雨の入り■梅雨入りや宣告されて覚悟して

五月晴

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 6月 9日(土)■親子連れスキップしながら五月晴■もふもふのワンコ二匹で五月晴

梅雨入

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 6月 9日(土)■下校児の傘で遊べる梅雨入かな■その昔スプーンの曲る梅雨入かな

★★★★★★★★★★兄弟の墓に梅雨入りの山河あり 長谷川かな女  ★★★★★★★★★★ベンガルの湿気いよいよ梅雨入かな 浜田南風

五月晴

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 6月 8日(金)■美しく共に白髪の五月晴■信じるつて佳い言葉だね五月晴

★★★★★★★★★★五月晴いななきの丘幾重にも 海老根紫西  ★★★★★★★★★★いつ死ぬと知れぬ死に向き五月晴 小檜山繁子

エスカルゴ

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 6月 7日(木)■飛行士も地球でたべるエスカルゴ■エスカルゴ何度たべたか記憶無し

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 6月 6日(水)■シャンゼリゼ通りの窓にエスカルゴ■前菜は一寸気取つてエスカルゴ

★★★★★★★★★★聖餐に殻を残せるエスカルゴ 橋本美代子  ★★★★★★★★★★エスカルゴ三つにかくも手は汚れ 宇多喜代子

蟻の列

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 6月 4日(月)■歩こう会一緒に並んで蟻の列■ライオンも恐れおののく蟻の列

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 6月 4日(月)■米粒の程の穴より蟻の列■灼熱の未知の敵地へ蟻の列

★★★★★★★★★★先頭の蟻を信じる蟻の列 佐伯克子  ★★★★★★★★★★蟻の列赤き砂漠を横切れり 池田すみ子

鈴蘭

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 6月 3日(日)■懐かしき航空便で鈴蘭を■鈴蘭や生き続けているはやり歌

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 6月 2日(土)■鈴蘭や誰かがここで死んだとさ■鈴蘭の岬に奔る銀の雨

★★★★★★★★★★鈴蘭の果ての岬に咲きゐたる 橋本典子  ★★★★★★★★★★鈴蘭や風のあとさき森にほふ 原柯城

蝸牛

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 6月 1日(金)■皮膚科受診出口の鉢に蝸牛■蝸牛君も余生を歩んでる

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 6月 1日(金)■かたつむり無限の時間を這ひつづけ■きつかけは恵みの雨のかたつむり

★★★★★★★★★★殻の中透かして恋の蝸牛 滝佳枝  ★★★★★★★★★★蝸牛程の私の運動量 高澤良一