★このサイトはwindowsに対応。表示→文字のサイズ→(中)でご覧下さい。それ以外はレイアウトが崩れます。
ネット句会
俳句サロン
575投稿募集!
★2007/10/07とりあえずネット上のみ再開。投稿お待ちしています。
■掲示板にご投稿ください。とりあえず自由題を募集。投稿ありしだい逐一アップしていきます。
★2010年3月現在までの句会投票及び作句参加者
・故沖恒夫(俳人)・幸田匡(翻訳家)・押田匡俊(会社役員)
・甲斐英輔(小説家)・古賀進(会社員)
・相川清美(学生)・佐野義也(サロン運営)
・滝沢孝之(会社役員)
・竹内氏英(会社員)
・雪荷(石川県・ネットにて)
・芳泉(幹夫)・典子
・島原大雪・蝦夷 炎暑
・李カボテ・山渓 ・美佳子・いきか・石川順一・春夫
「575作句研鑽リング投稿」
絵手紙 by edward 絵手紙 by edward
▼素敵な言葉17文字が投稿されると、なぜか擬似俳句でも作りたくなるという衝動が生まれる。そんなことに気づかせていただけた「泉の会」主宰 芳 泉(幹夫)氏の作品。以降当方edwardの駄作を失礼ながらリング形式にアップさせてもらうことに思い立ちました。ここからさらに新しい方が参加してもら えれば更なる研さんリングになると思います。

今後とも末永く連鎖されていくことを願うしだいです。投稿掲示板に何句か集まった時点で更新、よろしくお願いいたします。旧作は容量の関係で随時削 除されると思いますが、ご了承ください。なお、最上段が近作、おおむね下段より兼題(または季語)がリングされてきています。新しい兼題(または季語) の句が提示されれば、少なくとも当方edward(佐野義也)は研鑽のためそのテーマに沿って作句していきます。皆さんもどうぞ!

石鹸玉

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 4月15日(日)■石鹸玉間引きの歌を思い出し■後を引く力仕事や石鹸玉

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2018年 4月15日(日)■限りなき空に飛び立つ石鹸玉■てのひらにのせてください石鹸玉

★★★★★★★★★★有り余る息をこらへて石鹸玉 橋本典子  ★★★★★★★★★★あの槇が夕暮れるまで石鹸玉 鈴木鷹夫

春昼

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 4月14日(土)■春昼に聞く歌で無し松任谷■春昼や植物男子が叫んでる

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2018年 4月14日(土)■春昼や対の仁王の力瘤■春昼のバックミラーにブルドーザ



投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 4月12日(木)■干からびた蛙窓際アリア聴き■縁起物蛙お前も仲間入り

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2018年 4月12日(木)■泰然と畦に構へし蛙かな■日がな日がな賽の河原に鳴く蛙

★★★★★★★★★★古池や蛙飛びこむ水の音 松尾芭蕉  ★★★★★★★★★★痩蛙まけるな一茶是に有り 小林一茶

暮春

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 4月11日(水)■ピアソラを聞いて暮春をだらだらし■眠そうに眼を細くして暮春なり

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2018年 4月10日(火)■山を見て暮春の酒を酌み交はす■暮春かな人声のするマンホール

★★★★★★★★★★半島に日のあたりたる暮春かな 土井田晩聖  ★★★★★★★★★★子のために暮春の汽車の旅少し 中村汀女

孕鹿

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 4月 9日(月)■孕鹿ここにも命芽吹いてる■オカルトの生理学読み孕み鹿

投稿者:橋本幹夫
投稿日:2018年 4月 8日(日)■退屈な小島の朝の孕鹿■雨に濡れ孤高に進む孕鹿

★★★★★★★★★★起つときの脚の段取り孕鹿 鈴木鷹夫  ★★★★★★★★★★さしのべし手に近寄らず孕鹿 高林保子

桜餅

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 4月 6日(金)■今誤嚥風情も消えて桜餅■仏前に桜餅かな塩の香

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 4月 6日(金)■道明寺出でて手提の桜餅■結納の娘の泣きつ面桜餅

★★★★★★★★★★昔から淡き歯応へ桜餅 橋本典子  ★★★★★★★★★★執刀を終へて頂く桜餅 橋本幹史

清明

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 4月 5日(木)■コスチューム変えて街中清明や■清明の隙間風にも色があり

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 4月 5日(木)■清明の風大袈裟に息を吸ふ■清明や魚拓のさかな動きけり

★★★★★★★★★★清明の湯を出て嬰のまゆげかな 田中幸雪  ★★★★★★★★★★清明のさざれ波寄す最上川 柏倉ただを

新入社員

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 4月 2日(月)■そういえば新入社員の日もあったよな■ピカピカの一年生か新社員

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 4月 2日(月)■皮靴の紐締め直す新社員■立ち上がれ新入社員一斉に
★★★★★★★★★★新社員ショートカットに薄化粧 橋本典子  ★★★★★★★★★★昇降機迅し新入社員乗せ 高木利夫

万愚節

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 4月 1日(日)■毎日がそんな気がして万愚節■万愚節ねむたがるなよ怠け者

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 4月 1日(日)■舌の根の乾く間もなき万愚節■万愚節天知る地知る人ぞ知る

★★★★★★★★★★目が少し笑つてゐるよ万愚節 橋本典子  ★★★★★★★★★★宝くじ買ってひとりの万愚節 牛水十代子

   花筏

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 3月31日(土)■かの人の人生みたい花筏■花筏行く末はどこドビッシー

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 3月30日(金)■花筏何かが沼の底にゐる■行先は風に任せて花筏
★★★★★★★★★★影少し後れ流るる花筏 安斉君子  ★★★★★★★★★★花筏ひとひら加へ動き出す 山田径子

多羅の芽

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 3月29日(木)■てんぷらと多羅の芽同義語笑みこぼれ■多羅の芽に思いで宿る小淵沢

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 3月28日(水)■多羅の芽や煌めく雨後の射爆場■多羅の芽の道真つ直ぐに行けば海
★★★★★★★★★★先つぽに多羅の若木の芽がひとつ 高澤良一  ★★★★★★★★★★たらの芽やまとまりて降る山の雨 藤崎久を



雁風呂

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 3月27日(火)■雁風呂はどんなものかと吾は聞き■波間より雁風呂の絵が見え隠れ

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 3月27日(火)■雁風呂や五右衛門風呂のある生家■雁風呂や煙吸ひ込む浜の雲

★★★★★★★★★★雁風呂に海のつづきの波がたつ 澁谷道  ★★★★★★★★★★雁風呂の薪はきえてしまひけり 中勘助

霾(つちふる)

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 3月26日(月)■風物詩霾一つ消えていき■霾や幻想の美が醜となり

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 3月26日(月)■霾やピーエム2.5も連れて■霾や山の祠に秘密基地
 
★★★★★★★★★★つちふるや化粧の濃ゆき加賀の女 橋本典子  ★★★★★★★★★★蒙古軍渡りきし灘霾れる 山口超心鬼

蜆汁

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 3月25日(日)■しじみ汁日課になりし朝の善■市民権えたりの百均蜆汁

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 3月25日(日)■面倒な話になりし蜆汁■まつくらな部屋でいただく蜆汁

★★★★★★★★★★ふるさとを出でし朝の蜆汁 橋本典子  ★★★★★★★★★★ひとりにはひとりの音の蜆汁 石田勝彦

荒東風 投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 3月24日(土)■荒東風に踊り舞つてるレジ袋■見上げれば鳶宙ずりか荒き東風

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 3月23日(金)■荒東風の立つてペダルを踏むあした■荒東風に明日の風読む漁師かな

★★★★★★★★★★荒東風の髪は狂女や隅田川 鍵和田ゆう子  ★★★★★★★★★★荒東風の涛は没日にかぶさり落つ 加藤楸邨

大石忌

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 3月22日(木)■大石忌長谷川一夫か健さんか■亡き妻に大石忌だよと声をかけ

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 3月22日(木)■火男の面もかなしき大石忌■枕絵の男の仕草大石忌

★★★★★★★★★★大石忌京には多き老妓かな 永田青嵐  ★★★★★★★★★★大雨のあとの庭木や大石忌 梶山千鶴子

[大石忌]旧暦2月4日。赤穂藩家老大石内蔵助良雄(1659〜1703)の忌日。同志とともに吉良上野介を討ち亡君の恨みを晴らした。
 内蔵助はこの日幕府の命により切腹して果てた。仇討ちを秘するため京都山科に住み京都祇園の「一力茶屋」で遊ぶ様子は歌舞伎の
「仮名手本忠臣蔵」で知られている。このゆかりの「一力茶屋」では3月20日に法要を営み・蕎麦・抹茶・舞で招待客をもてなす。

春分

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 3月21日(水)■訃報あり彼も彼女も春分の日■春分の響きに似合う弦楽器

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 3月21日(水)■春分の雨に濡れゐる日章旗■春分の分水嶺に白き鳥

★★★★★★★★★★春分の滑り台より眼鏡の子 桜井博道  ★★★★★★★★★★春分の湯にすぐ沈む白タオル 飯田龍太

春の山

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 3月19日(月)■よく似合う中間色の春の山■うたたねと同居している春の山

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 3月18日(日)■この道を行けばふんわり春の山■真ん中に火の粉噴き出す春の山

★★★★★★★★★★わたくしの家みえてゐる春の山 夏井いつき  ★★★★★★★★★★春の山ふたつ酸つぱし膳の上 攝津幸彦

陽炎

投稿者:佐野義也 投稿日:2018年 3月16日(金)■氏神の社に揺らぐ陽炎や■天に雲地に陽炎か朝ドラマ

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 3月16日(金)■陽炎や戦い済んで日が暮れて■陽炎へる御堂に一躯弥勒佛

★★★★★★★★★★陽炎の門を出でたる喉仏 橋本典子  ★★★★★★★★★★我胸に陽炎もゆる思ひ哉 正岡子規

春田

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 3月15日(木)■春田見て散髪いこかとつぶやいて■一陣の風やってきた春田かな

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 3月14日(水)■北限の猿の憩へる春田かな■春田一隅よつこらしよつと切り株に

★★★★★★★★★★東京の中の葛西の春田かな 久保田万太郎  ★★★★★★★★★★長湯してまなこの曇る春田かな 秋元不死男

北窓開く

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 3月14日(水)■北窓を開けて閉じるか換気扇■鳥の声北窓開けて部屋に入れ

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 3月13日(火)■北窓を開けて紫煙を野に放つ■北窓を開けて夜明の息を吸ふ

★★★★★★★★★★北窓を開けば山の少年隊 橋本典子  ★★★★★★★★★★北窓を開け父の顔母の顔 阿波野青畝

苜蓿

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 3月12日(月)■苜蓿高慢ちきなるわれ笑え■悩める日苜蓿の上に寝て

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 3月11日(日)■苜蓿這ひつくばつて犬の糞■山頂に星のまたたく苜蓿
 
★★★★★★★★★★苜蓿まだ濡れいろの仔牛立つ 中村房子   ★★★★★★★★★★めぐり踏むグラバー邸の苜蓿 深見けん二

啓蟄

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 3月 7日(水)■啓蟄や墓参帰りにマスク買う■路傍石動き出しそな啓蟄か

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 3月 7日(水)■啓蟄や油圧ショベルが地平線■啓蟄や沖に見えなき島がある

★★★★★★★★★★啓蟄や移りゆく世の目出度けれ 橋本典子   ★★★★★★★★★★啓蟄の雲にしたがふ一日かな 加藤楸邨

鶯の声

投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 2月27日(火)■鶯の声と容姿は我と鼻くそ■飛翔する鶯の声風に乗り

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 2月26日(月)■鶯の声を尻目に隠れんぼ■鶯の声の限りに応援団

★★★★★★★★★★鴬のこゑ前方に後円に 鷹羽狩行   ★★★★★★★★★★窓拭けり鶯の声透るほど 和田三恵子

早春

投稿者:いきか
投稿日:2018年 2月23日(金)■早春や丸幸のお茶飲んで居る■早春やロイヤルミルクティーを飲む
             ■早春やモーニングには茶碗蒸し
投稿者:佐野義也
投稿日:2018年 2月11日(日)■スポーツの祭典早春代名詞■萎えた苗しゃんとしてきた早き春

投稿者:幹夫
投稿日:2018年 2月11日(日)■早春の風につかまり立つ嬰児■早春の光の中の玉手箱

★★★★★★★★★★早春の星にさづかる詩のかけら 鞠絵由布子   ★★★★★★★★★★前髪を上げ早春の銀座まで 加藤あけみ