害をもたらすもの


  「自分のイライラをどうすればいいのだ」そんな思いを持っている多くの方がいらっしゃると思います。あなたがイライラするには訳があります。あなたに害をもたらすイライラの源は、一体あなたのどんな考え方からやってくるのでしょうか? あなたを被害者に仕立て上げる、あなた自身の考え方はどれでしょう。

 「勝手なことしないでよ」と、人は自分の許可もなく勝手にした他人の行為を咎めます。「一言ことわればいいのに、無断でやるなんて、ちょっとひどいじゃない」、このときあなたは犠牲者の立場を選択しています。加害者はことわらなかった相手です。本当にそうでしょうか。一言ことわればすむのだったら、ことわりがなくてもすむはずです。でもあなたの怒りはおさまりません。一言いってやらないと気がすみません。

 300ccの献血が出来たことは喜びであるのに、1gの血を蚊に吸われたときには腹が立ちます。承諾していることは喜びなのに、無断だと腹が立ちます。血をぬかれるという行為に意味を与えているのは私達です。取られたと解釈したときに人は被害者となり、あげたと解釈したときには犠牲者となりません。あなたの解釈があなたに害を与えます。献血が喜びである人は、蚊に血を与える事が出来たことも喜びであるはずです。「そんな事をして蚊が増えたら困るじゃないか」とエゴは主張するかもしれませんが、実際には創造主であるあなたにとって、不必要なモノが大量発生する事はありません。

 無礼講という言葉があります。「今日は無礼講じゃ! 何でも勝手にするが良い」。いちいち許可はいらないから勝手にしなさいという大変に太っ腹な考えです。そうするとその日に起こった事は全て許せます。「俺が認めたのだから良いよ」という事です。だったら毎日これをやって見ませんか? 朝起きたら一番に、大きな声で宇宙に向けていって下さい。「今日は無礼講じゃ! 地球の皆のもの勝手にするが良い」と・・・。

 通勤電車の中が満員だったとしても「よいよい俺が許したのだ、『おしくらまんじゅう』楽しむがよい」と、いつもと様子が変わります。人身事故で電車が途中でストップしても「よいよい俺が許したのだ、動き始めるまでここでゆっくり瞑想しよう。またとないチャンスに恵まれた」と喜びだけを体験します。遅刻して会社に着いたとたん、上司がやってきて「困るじゃないか大切な会議があったのに」と、あなたに言ったとします。「よいい今日は無礼講じゃ、好きなだけ不満を言えばよい、何でも私が聞いてやろう」。ただしこれは自分の心の中でだけ独り言として言って下さい。

 こうなると、もはやあなたにイライラはなくなってしまいます。あなたが許しているのですから、あなたが被害者になることはありません。「俺はそんな事は聞いてない、そんなこと許した覚えが無い」こう判断した瞬間、あなたはすでに犠牲者です。

 もう二度と誰かの犠牲になりたくないのであれば、ことは簡単です。あなたの宇宙で起こる全てに責任を取ることです。毎朝、無礼講を言うのも面倒です。皆さん一緒に言って見ませんか「これからは全て無礼講じゃ、全てを私が許す、宇宙の皆のもの勝手にするが良い、全て私が責任を取ろう」と。その日からあなたは自分の宇宙の支配者として生き始めます。ですからあなたの心を傷つけるどんな出来事も消滅してしまいます。

 新聞を見たら「九州で震度6の地震」とありました。私の心はこう言います「地球さんご苦労様、のどが気持ち悪くて咳をしたのですね、私はあなたが咳をすることを許します」と。テレビのスイッチを入れ、こんなニュースが流れてきたとします「××地区で戦争が勃発、死傷者多数」。全てを許している創造主であるあなたは「私はあなた方の苦しみを理解します。自分を傷つけ、人を恨むという体験をあなた方が選択した勇気を私は心から受け入れます」と言うことが出来ます。

 母から「お父さんが死んだよ」と突然電話がかかってきたとします。「よいよい許そう」というのに抵抗があったら、ちょっとだけ意識的に人間意識に戻ってみましょう。意識的にというところに気付いていて下さい。きっと涙があふれ出てくるかもしれません。どうぞたっぷりとそこにいて下さい。それもあなたの大切な大切な役割であるからです。あなたは自分を表現するために「今・ここ」に存在しています。あなたのそんなかけがえのない感情を大切に表現して下さい。自分の目からあふれでる涙が、とても清々しいものである事に気付かれるでしょう。人間の感情の素晴らしさに、感動が押し寄せてくる事でしょう。全ての体験が、これまでの苦しみのパニック感のそれではなく、別の種類のマイナス感情があった事を発見されるでしょう。それが気付いているという事なのです。

 たっぷりと感情をかみしめ終わったら、また元の創造主に立ち返り「父よ、お疲れさまでした。私はあなたが人間としての生を終えられることを受け入れます。私は、あなたがやって来た目的を全て無事果たされ、帰還していくことにエールを送ります。長い間、父としての役割を演じて下さったことに感謝を捧げます。不自由な肉体を離れ、自分の本性を取り戻した瞬間にやってくる至高の至福体験を祝福いたします」と言ってみましょう。

 「全てを許すといってもこれだけは例外だよ」、というものはありませんか? 「イヤ、このベンツだけは勝手にされては困る」、「当然、命だけは別物だ」と。無礼講だといっておきながら「そんなことをして良いわけないじゃないか、それぐらい常識でわかるだろ」とイライラがやってきたとしたら、相手を咎める前に、それが今の自分の限定された意識からなされた判断かもしれないと、一度疑ってみて下さい。命でさえ例外ではありません。どうぞ自分こそが創造の源という立場に立ちかえり、勇気を持って、他人ではなく自分の価値観に意識を戻し、自分の思考の限界を探って下さい。あなたの宇宙で、してはいけないことはないのだという言葉を思い出して下さい。これには例外はありません。例外があるとしたら、それこそがあなたの限界です。自分という責任のとれない未熟な創造主に気付いて下さい。あなたが責任を取れないところにだけ恐れが潜んでいます。あなたは自分が責任を放棄したものによって害されます。

 「俺は聞いてない」と責任逃避するのは止めましょう。「承認した覚えはない」というのは止めましょう。「あいつは間違っている」というのは止めましょう。「あの情報はおかしい」というのは止めましょう。何故なら、そこからあなたは被害を受けるのです。

 本当はあなたが承諾していない事は決して起こりません。あなたの宇宙にはあなた一人しか生存していないのですから・・・。別次元のあなたが承諾しない限り、あなたは蚊にさされることさえありません。トータルなあなたがOKを出さない限り、あなたには何事も起こらないのです。ですから事故なんかあり得ません。全ての出来事は自分自身であるハイヤーセルフが承諾しているのだという立場を選択し続けて下さい。そんなあなたはもはや決して犠牲者になることはありません。

 あなたの出会う全ての人は、自分の招いたお客さんという事になります。夜遅くに聞こえてきた隣の部屋からのへたなピアノの音も、電車の向かいの席に座った酔っぱらいの酒臭さも、ラーメン屋のテーブルの上をはいまわるゴキブリさんも、例外にしないで下さい。しつこい新聞の勧誘さえ、自分が招いているという態度を失わないで下さい。

 もう一度言います。私達は自分の知らないところで起きたことに腹を立てます。「こんな風にされた。そんな事されるいわれはない」と。受動的態度を選択した時に必ずあなたは傷つきます。自分を真に愛するとは、決して受動的態度を選択しないことです。理由は良くわからなくても「これは私の体験したかったことなのだ、私が望んだことなのだ」と、能動的態度で接して下さい。

 「先に一言いってくれればよかったのに」、「一言ことわってから持っていけよ」、「黙ってちゃわからんだろ」、「俺は聞いてないぞ」、こんな発言こそがあなた自身を傷つけていることに気付いて下さい。源は全て自分である。この超能動的態度をくずさない限り、あなたが被害を受けることはなくなります。忘れないで下さい、自分が現実の創造主であることを・・・。