吉川英治記念館  玉堂美術館  林芙美子記念館

新・平家物語の生まれた所

(知への小さな旅;トップ→目次→人物→作家・文学者→)

作家・文学者へ   目次へ

 梅の名所として知られる奥多摩の青梅(おうめ)梅園から少し歩いた所に「吉川英治記念館」がある。近くを流れる多摩川は深い渓谷となって美しい景色が楽しめる(写真A参照)。吉川英治(本名 英次 18921962)は、空襲の危険が迫った昭和19年に東京・赤坂からここへ疎開し、約9年間住んだ。そして終戦後3年ばかりは執筆を絶って晴耕雨読の生活をしたという。

 彼はここで新書太閤記を新聞に連載し、新・平家物語の構想を練り起稿した。当館にはxyosikaw宮本武蔵、新・平家物語、新書太閤記、親鸞、私本太平記などの原稿が展示されており、赤ペンで何回の直した遺稿は創作時の苦労をよく物語っている。

 彼は小説家になる前に何十回と仕事を変え、下積み生活を長く続けながら小説家への夢を貫いた立志伝的な苦労人だった。そのためか彼は「大衆即大知識」を座右銘とし、生涯大衆小説の方向を大切にしたという。

 日本の小説は以前、とかく純文学とか私小説といった分類が行なわれ、それを高く評価し、大衆小説や歴史小説などを低く見る傾向があった。しかし、彼は読みやすい文章で歴史上の事実や人物の生き様を描き、読者にそれを通して大きな感銘を与えた。

 当館は彼の業績の紹介と彼の詩歌・書簡・著書の原稿、また巧みな書画や遺品などの展示をしている。彼の旧宅は百数十年も昔に建てられた元mitake庄屋の屋敷を利用しており、邸内には彼の書斎が保存されている。庭には彼が愛した二本のマキの大木が茂っている。

 なお当館から多摩川沿いに吉野街道を3.5kmほど遡ると、日本画家の巨匠・川合玉堂(かわいぎょくどう18731957)の「玉堂美術館」がある。玉堂も空襲を逃れて当地へ疎開し、ここで晩年を過ごした。館内には彼の遺作や遺品と共に画室も保存展示されている。

美術館の前には多摩川が美しい渓谷(御岳渓谷)となって流れ、玉堂はその風景を好んだ。当館への来訪者もそれを眺めながら休息している(写真B参照)

 ところで吉川英治とほぼ同時代を生き、居所や職業を転々としながら人気女流作家になった人といえば林芙美子(19041951)だ。その作風は英治とは大きく異なるが、戦前ばかりでなく、戦後も大いに活躍し脚光を浴びたが、過労で急逝した。彼女の初期の代表作「放浪記」からはその若い頃の生活が推測される。

 その彼女が太平洋戦争の開戦直前にその終焉の地となる新宿区の山の手に自宅を建てた。その家は幸い戦災に会わず、現在では「林芙美子記念館」として公開されている。この家を建てるに当たり彼女は、設計から資材の選択・施工まで大変念を入れて自分の思いを実現しようとした。

 新築に当たっての彼女の方針は、まず風通しのよい家であること、また接客部分を簡素化し家族の生活空間を重視することだった。そして完成したのは数奇屋作りの広い家だったが、不思議なことに隣接する二棟の建物が貫通していない渡り廊下風の部分で繋げてある。

 これは戦時中、新築に当たり個人宅の広さが制限されていたため、画家の夫がアトリエ棟を、彼女が生活棟を別々の名義で建ててから,完成後不十分に連結したという規制逃れの結果だった。今では建物内に彼女の遺品や遺稿が、生前に使われた家具とともに展示されている。

作家・文学者へ    文書の先頭

(作成日: 99/04/11、 更新日:  11/08/30)

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

吉川英治記念館_東京都青梅市柚木町 1-101-1_TEL 0428-76-1575_

a)JR青梅線二俣尾駅から1.1km(20deg.W 0.8km)徒歩15分、

b)バスならJR青梅線青梅駅から都営バス吉野(玉堂美術館)行きや玉堂美術館循環で「柚木」下車そば、タクシーもある_小_大人_

10:00-17:00(16:30) _

月曜日(月曜日が祝日ならば開館し、翌日休館) (なお開館日は 春 35月、秋 911月なので注意)_{17/02/15}

 

玉堂美術館_東京都青梅市御岳1-75_TEL 0428-78-8335_

JR青梅線御嶽駅から0.35km徒歩5(S30degs.E 0.2km)_

駐車場 60台__小_大人_

(3月〜11)10:00-17:00(16:30)

(12月〜2)10:00-16:30(16:00)_

月曜日(月曜日が祝日に当たれば開館し、翌日休館)12/241/4、臨休あり_{17/02/11}

 

新宿区立 林芙美子記念館_東京都新宿区中井2-20-1_TEL 03-5996-9207_

a)  西武鉄道新宿線・都営地下鉄大江戸線中井駅A1出口から徒歩7

b)  JR中央線中野駅南口から西武バスを利用し「中井駅」バス停下車後徒歩5

c)  東京メトロ東西線落合駅から徒歩17分_

駐車場なし_小_大人_

10:00-16:30(16:00)_

月曜日(休日に当たれば開館し、翌平日休み)12/291/3_{17/02/15}