予科練平和記念館

 

七つボタンへの憧れと悲惨な結末

 

(知への小さな旅;トップ→目次→戦争→)

 

戦争へ  目次へ   参照(予科練B)

 

 霞ヶ浦の辺、茨城県阿見(あみ)町には「予科練平和記念館」がある。当地は1939年から1945年の終戦まで海軍の航空兵養成の中核施設、飛行予科研修部(予科練)や土浦航空隊が置かれ、その教育訓練の中心的な役割を果たした所だ。

 

 当館には海軍飛行予科練習生の教育過程とその前後に関して「入隊」「訓練」「心情」「飛翔」「交流」「窮迫」「特攻」の各コーナーに分けてその全体像を紹介している。彼らの内、甲種は16〜17歳の旧制中学4年生から、乙種は14〜15歳の高等小学校卒業者、丙種は海軍兵員からの採用者だった。

 

 予科練練習生は心身壮健で学力優秀な、そして空への憧れと強い報国心を持った若者たち、さらに家族の密やかな懸念を振り切って募集に応募した者の中から選抜された。桜に錨をあしらったボタンが七つ付いている制服は、当時の社会では誇らしいものだった。

 

 もとより入隊後の訓練は厳しかったが、やがて戦局の推移によって航空機や燃料の不足が表面化し十分な練習も出来なくなった。練度未熟のまま参戦した戦場は、多勢に無勢で立ち向かう修羅場だった。その結果、尊い志を果たせぬまま無残に散った人達も多かった。

 

 現代の若者の中には日本が米国と戦争をして、主として海洋航空戦で激しく戦ったことさえ知らぬ人も多くなった。従って若い人達にも当館の展示を見てもらえばと思うが、筆者の個人的見解では内容説明が少し難しいように感じる。なにせ漫画やアニメで育った世代なので、展示法にもそれなりの工夫が必要かもしれない。

 

 当館の隣には予科練出身の戦没者約19,000人の霊璽簿(れいじぼ 戦没者の神霊に代えて祀る名簿)を奉安している予科練の碑がある。そこは(雄翔園 ゆうしょうえん)という庭園になっており、またその傍らには彼らの遺品や手紙などを収蔵展示している雄翔館がある。当館見学で全体像を理解した後に、それらをぜひ訪れるとよい。

 

戦争へ  文頭へ

 

(作成日 14/08/02、更新日 )

 

(施設情報参考) 名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離・所要時間・バスなど・(駅からの概略方位と直線距離)_規模_対象_開館時間_通常の定休日_備考_{再確認日}_開館時間や定休日なとはよく変更されるから、事前確認をされるのが賢明。

 

予科練平和記念館_茨城県稲敷郡阿見町大字廻戸 5番地1_TEL 029-891-3344_

a) JR常磐線土浦駅西口1番バス乗り場から約5.3km(26degrs.E 4.0km)JRバス江戸崎方面行きに乗車して「阿見」下車徒歩3(進行方向へ200mほど歩くと左手に近代的建物の当館が見えてくる)_

b) JR常磐線土浦駅西口1番バス乗り場から、関東鉄道バス阿見中央公民館行きで「阿見坂下」下車後徒歩3(両方のバス停は名前が違うが、同じ所にある。進行方向へ200mほど歩くと左手に近代的建物の当館が見えてくる)_

駐車場 無料56台_中_大人_

9:00-17:00(16:30)_

月曜日(祝日に当れば開館し、翌日休館)12/291/3_{17/03/13}