フェルケール博物館

港の作業具と和船模型が珍しい

(知への小さな旅:トップ→目次→郷土2→)

郷土2へ  目次へ  関連先へ

 清水港の近くに「フェルケール博物館」がある。フェルケールとはドイツ語で交通とか流通を意味するそうで、当館は主として清水港の紹介や、港の関連資料と和船模型の展示をしている。

 すなわち港の歴史と現状、かって使われた港湾作業用具、木造はしけの造船道具や漁具、当港から輸出された茶・ミカン・缶詰関係の実物資料、そして各種和船の模型などで構成されている。

 三保半島が海岸前面に張り出している当地は港の適地で、古代から港として利用された。当館には現地から出土した丸木舟も保存されている。戦国時代には今川氏が駿府の外港として活用した。

 江戸時代になると、当地は駿河や甲信地方の物資を扱う港となり、廻船問屋の免許も得て江戸や上方と活発な物流が行なわれた。当時の港は三保半島の付け根付近くにある巴川(ともえがわ)の河口にあった。

 ところが明治の初めの洪水で河口一帯は大損害を受け、新らしく海岸に波止場が築造された。それは1878年(明治11年)のことで、海港として発展してゆく端緒となった。そして1899年(明治32年)には開港場に指定された。

 茶の輸出も当初は横浜港経由で行なわれていたが、1906年(明治39年)には清水港から直接の輸出が始まった。次いでミカンや、マグロの缶詰なども当港の重要輸出品に育っていった。

 その後、大正から昭和にかけて港は順次拡張され、国際貿易港と共に工業港や遠洋漁業基地にもなり、特定重要港湾の指定も受けた。今では流通革命に適応してコンテナ港としても機能している。

 当館の展示では近代的な港の紹介よりも、明治から昭和期に使われた荷役作業用具などに目を引かれる。穀類を詰めた袋物を扱う手かぎ類や、石炭や鉱石を運んだパイスケ(皿状のかご)などだ。また水中作業用潜水服や茶・ミカン・缶詰関係の実物資料もある。

 また当館には各種和船の縮尺1/10の模型がたくさん展示されている。例えば戦国時代の軍船・安宅船、江戸後期の商船だった菱垣廻船や樽廻船、大名が参勤交代に使った御座船、幕末にロシア人の指導で日本人が協力して建造した戸田号(へだごう)、運搬や行商に広く使われたいさば船その他であり、それらを比較して見ると色々興味深い。

郷土2へ     文書の先頭

(作成日: 02/10/15 、 更新日: )

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{情報再確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

フェルケール博物館_静岡市清水区港町 2-8-11_TEL 054-352-8060_

a)  JR東海道本線清水駅から2.3km(15deg.E 1.8km)JR清水駅・静鉄新清水駅から静鉄バス三保線を利用し「波止場フェルケール博物館」下車

b)  エスパルスドリームプラザにも行く人はJR清水駅から無料シャトルバスが利用できる。そこから徒歩56分_

普通車無料駐車場あり_中_大人子供_

9:30-16:30_

月曜日(祝日・振替休日に当たれば開館)、展示会準備などの臨休あり_{17/01/08}