碓氷峠鉄道文化むら、(旧軽井沢駅舎記念館)

旧国鉄最急勾配の峠越え基地の跡

(知への小さな旅;トップ→目次→運輸交通→)

運輸交通へ  目次へ  関連へ  参照(碓氷峠A)  

参照(鉄道の難所B)  参照(保存駅舎A)  参照(保存駅舎B)

 

 江戸時代、碓氷(うすい)峠は中山道随一の難所といわれた。その東側のふもとには坂下宿と松井田宿があった。その間の横川には碓氷関所が設置されていた。ここは箱根と並ぶ重要な関所として安中藩が預かり、旅人の通行を厳重に取り締まった。

明治になると関所は廃止され、高く険しかった尾根道伝いの街道も放棄された。峠越えはより比高の小さい谷筋を利用するようになったが、それはつづら折りの道だった。やがて中山道にも鉄道建設時代が到来し、高崎方面から横川に、また長野方面から峠上の軽井沢まで鉄道が延びてきた。

横川・軽井沢間の新道には程なく人貨を運ぶ馬車鉄道が敷設されたが、その輸送力は小さく所要時間も掛かる上、急カーブでよく脱線したそうだ。峠を通る鉄道の早急な開業が望まれたが、計画路線は通常の鉄道では越えがたい急勾配になり、その対策は鉄道技術者にとって大変な難問だった。

それを克服するためドイツからアプト式鉄道の導入が決まった。アプト式ではレールの間に第三軌条として歯形軌条(ラックレール)を取付け、機関車側の歯車とかみ合わせることで、急勾配での車輪とレール間の粘着力不足を補い、列車は低速だが確実に昇降させた。

横川・軽井沢両駅間10kmほどの区間は1893年に開通した。その距離は短かったがトンネルが26、橋梁は16ヶ所もあり、その建設は難工事の連続だったという。こ横川にある当時の石碑には数百人の犠牲者が出たと記録されている。

両駅間の高低差は553メートル、中間には列車交換用の信号場を一ヶ所設けた単線だった。区間の最大勾配は旧国鉄で最急の千分の六六・七に及んだ。列車の牽引には当初、蒸気機関車が使われたが、牽引力不足と煤煙の悩みが深刻な上、旅客列車の逆走事件も発生し電化することになった。

1912年(明治45年)、ドイツから輸入した電化設備によって横川・軽井沢間の電化が完成した。これは国鉄線最初の電化区間であった。電化は直流600V、第三軌条集電方式で実施された(アプト区間は3本のレールを利用するから、正しくは第四軌条からの集電である)

これにより当初の問題点はかなり改善された。しかしその後の経済発展や軍事的観点は、さらなる所要時間短縮と輸送力増強を要求した。それに応じて新型の機関車投入などアプト区間の改良も色々なされたものの、抜本的改善は永らく国鉄の懸案だった。

懸案実現は電化から実に半世紀の歳月を要した。1963年、最急勾配は同じだが11.2kmの複線ルートが完成し、EF63電気機関車の供用が開始された。これによって本区間は通常の鉄道方式で運行できるようになり、通過時間は約半分に、輸送量も大幅に増大した。まさに改革だった。

 EF63はこの峠専用に開発された旧国鉄最重量の強力な機関車だった。峠を通過する全列車は特急電車も含めてこの区間だけ、二重連のEF63を補機として連結し、本務機関車と協調運転を行った。EF63は登りでは後方から列車を押し、降りる時は先頭にあって強力な制動力を発揮した。

その後1997年に長野新幹線が開通して、今ではこの新線さえも廃線になってしまった。新幹線は迂回ルートをトンネルで通過する。列車は上下の気圧差のため耳ツンがひどく感じられるほどの速度で走り抜けるが、今度は収支の問題が重荷となっているようだ。

 碓氷峠に鉄道が開通してから百年以上、横川駅は峠越えの機関車基地として機能した。この由緒ある場所に「碓氷峠鉄道文化むら」が設置された。ここにはアプト式のED42,新線時代のEF63のほか、多くの電気機関車が保存展示されている。

 村内にある鉄道史料館は碓氷峠の鉄道建設と運用の歴史を紹介している。碓氷峠運転シミュレータや189系特急あさまのシミュレータもあり、広い園内にはミニSLや61センチゲージの列車なども走っており乗車できる。

 さらにここの極めつけは、廃線になった新線の一部を利用して、見学者がEF63を体験運転できusui1ることだろう。もちろん、所定の研修を受講した後の話だが、鉄道マニアにとっては非常に魅力ある場所に違いない。また碓氷峠とろっこ列車が旧アプト線区間の約四分の一を再利用する形で運行を始めたが、そこには碓氷峠の最急勾配区間も含まれている。

 近くの碓氷関所跡には小さな史料館がある。また横川から軽井沢までの旧線跡の一部、めがね橋まではアプトの道として整備されている。その道中にはめがね橋や旧丸山変電所などの鉄道遺跡が保存され、当時の人々の苦闘の跡をしのびながら自然の中をハイキングできる。

usui2usui3 一方、軽井沢駅の隣には、明治43年(1910年)に建築された木造の軽井沢駅舎(写真1参照)が復元され、()軽井沢駅舎記念館として公開されていたが、新しい用途に供するため閉館になった。館内には碓氷峠越えの鉄道資料のほか、1962年に廃止された草軽電鉄の資料などが展示していた。そして当時の貴賓室も再現されていた。

館外には電化開業時にドイツから輸入された最初のアプト式電気機関車10000形(改称後はEC40)(写真2,3参照)と、EF63が保存してある。10000形は国鉄が自動連結器導入前に使っていた連結器を装置した小さな機関車で、鉄道記念物になっている。この機関車はベルリンに世界最初の営業用電車が走ってから僅か12年後に碓氷峠へ投入された歴史的な車両でもある。   

運輸交通へ   文書の先頭

(作成日: 00/07/21、 更新 17/07/01)

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

碓氷峠鉄道文化むら_群馬県安中市松井田町横川407-16_TEL 碓氷峠交流記念財団 027-380-4163_

信越線横川駅から0.2km,徒歩 3分、(85deg.W 0.2km)_

駐車場 あり 普通車220(入園者無料、週末やお盆は混雑するので鉄道利用を推奨)_中_大人子供_

(3/110/31)9:00-17;00(16:30)

(11/12月末日)9:00-16:30(16:00)_

火曜日(祝日なら開園し、翌水曜日に休園。ただし8月は火曜日も開園する)12/291/4_{17/02/28}

 

()軽井沢駅舎記念館_長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1178番地1246_TEL 0267-41-3850(観光協会)0267-45-8695(教育委員会文化振興係)_

長野新幹線・しなの鉄道軽井沢駅北口の西隣り_{17/07/01}_

17/03/31で閉館になった。今秋からはしなの鉄道の駅舎施設として再利用される。

 

文書の先頭