国立天文台三鷹

近代天体観測を担った望遠鏡たち

(知への小さな旅;トップ→目次→技術→科学・工学→)

 

科学・工学へ  目次へ

 

 東京の西郊・三鷹市には「国立天文台三鷹キャンバス(本部)」がある。以前は東京天文台と呼ばれていたが、1988年に改組されて国立天文台となった。天体観測は日本でも暦を作るため古くから行われ、江戸時代には幕府天文方が浅草天文台を設置して観測をしていた。

 

1878年(明治11年)、東京大学理学部付属の観象台が開設され、次いで1888年(明治21年)には東京・麻布に東京天文台が発足した。その後、東京天文台は1914年から1924年(大正13年)にかけて三鷹(当時は三鷹村)へ順次移転した。

 

当地は地盤の安定した洪積台地上にあり、将軍家の鷹場を意味する俗称・御鷹場村に由来する地名から連想されるように、移転当初でも麦畑や疎林が広がる土地だったようだ。敷地は鉄道沿線からもかなり離れ、光害もなく、大気も澄んでおり、天体観測に適した所だったのだろう。

 

 ここには観測ドームが次々に建てられ、各種の天体望遠鏡が導入されて、やがて日本の天体観測と天文研究の一大拠点になった。当時導入された観測機器の主な物は、(第一)赤道儀(1921年)、ゴーチェ子午環(1924年)、レプソルド子午儀(1925年)、()赤道儀(1926年)、(太陽)塔望遠鏡(1930年)などだ。

 

 筆者は天文学の門外漢なので、それらの使用目的はよく分からない。まあ素人なりの解釈では、子午儀とは恒星が天球の真南(子午線)を通過する時刻を正確に測定する望遠鏡であり、子午環とは恒星の天球での位置、すなわち南北方向(赤緯)と東西方向(赤経)の角度を精密測定する望遠鏡なのだろう。

 

 また恒星は地球の自転によって天球上を刻々と移動しているから、ある星を詳しく観測しようとすれば、望遠鏡をその星の移動に従って自動的に追尾させる必要があり、そのような装置を備えた望遠鏡が赤道儀と呼ばれるそうだ。

 

 tenmon1さらに塔望遠鏡(太陽塔望遠鏡とも)は望遠鏡の筒を造らず、その代わり直立した塔にその役割をさせた直立不動の望遠鏡である(写真1参照)。望遠鏡が移動する代わりに、塔の屋上に備え付けられた可動式の二枚の反射鏡が太陽光を塔内へ導く仕掛けで、反射鏡と望遠鏡とプリズムにカメラを組み合わせて太陽光の精密な分析をするという。

 

 構内に設定された見学コースには、近代天体観測に使われた観測ドームが点在し、見学者はその内部に入り、あるいは入り口から中を覗けるようになっている。一番大きな大赤道儀室(写真2参照)は建物高さが19.5m、ドーム直径は15mもあり、口径65cmの大きな屈折望遠鏡が据え付けられている。

 

tenmon2この大望遠鏡は1998年まで研究に使われていたそうで、現在も観測可能な状態に保たれているそうだ。この大赤道儀室は天文台歴史館にもなっており、天文関係の貴重な史料や文献と共に、天体観測の歴史パネルや写真、ガリレオが使った望遠鏡の複製品などが展示されている。

 

また見学コースに沿って太陽系ウォーキングが設定されている。ここでは太陽と各惑星の大きさや相互の距離が、実際の140億分の一に縮小して示されているという。歩幅が50cmの子供なら、その一歩は約700万kmに相当するそうだ。

 

太陽からの距離に従って各惑星模型が並んでおり、地球までの距離は1.5kmだが、木星までは7.8億km、土星は14.3億kmとその遠さ改めて実感する。まして天王星はその倍で、海王星はまたその倍というから、太陽系だけでもその広さは驚くばかりだ。

 

 東京天文台は当地で長い間地上観測を続けてきたが、近隣地域の都市化によって次第に観測環境が悪化してきた。そのため戦後、日本各地の観測条件のよい土地を求めて観測所を設置し、併せて多様化した観測目的にも対応して来た。

 

 例えば乗鞍コロナ観測所(すでに閉所)、岡山天体物理観測所、野辺山太陽電波観測所と野辺山宇宙電波観測所、その他水沢市・石垣島や小笠原など、国内各所に観測拠点が展開している。今や観測活動は国内から国外にも拡大し、ハワイ島マウナケア山頂やチリ・アタカマ耕地、ウズベキスタンのマイダナウなどでも単独あるいは国際参加の形で観測活動が行われている。

 

このような状況変化に対応し、1988年に東京天文台は国立天文台に改組されて、国立天文台三鷹は各観測所を束ねる本部となった。併せて各観測所観測資料の検討分析や大学共用施設として研究開発の拠点にもなっている。そして国立天文台の最近の研究分野や活動は展示室に紹介されている。

 

そこには標高5000mのアタカマ高地に建設が進むアルマ望遠鏡、標高4200mのマウナケア山頂のすばる望遠鏡の観測成果、重力波の研究、微小角測定用のジャスミン人工衛星の開発、小型望遠鏡を組み合わせて大きな解像力を得るための技術研究などについて説明されている。

 

 近年の観測施設の地球規模の展開と観測・研究の国際的協力、観測手段の高性能化やその方策の飛躍的進歩によって、宇宙の知識は近年格段に拡大進化した。そして三鷹キャンバスでは近い将来、構内に仮称・国立天文台博物館開設を目指して天文機器資料館なども整備中と聞く。

 

 ただ開設にあたっては、天文マニアではない大人や子供にもある程度内容が分かるように、解説を易しくする必要がありそうだ。古い機器を大切に保存展示するのも大事だが、見に行ったら大きな望遠鏡があった程度では余り意味がないからだ。

 

 この機器を使えばどのような仕組みでどのようなことが分かったのか、現在ではその測定法はどう変わったのかなどを図解も含めて易しく説明してほしい。もちろん現状でも一部はそのようになされているが、ハードは揃っているのだから問題は素人にも分かるソフト面の検討だと思う。

 

幸い当地域は世界的に見てもアニメの本場なのだから、アニメの作者たちに協力してもらい漫画風な解説を交えれば、マニアでなくてもよく分るだろう。さらに素人が関心を持つのは観測機器よりも星や銀河、宇宙などがどうなっているかを知ることだと思う。

 

それらを太陽系・銀河・宇宙などに分けてコーナーを設け、最新の知識も含めて解説してもらえば、見学者の知識欲を満たせるだろう。筆者は当天文台作成のパソコンフリーソフト「Mitaka」を何回か見ているが、あのようなソフトを何種類が用意して、ボタンを押すだけで大画面の視聴ができるようならばよいと思っている。

 

科学・工学へ  文頭へ

 

(作成日: 11/02/20、 更新日: 11/08/03)

 

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

大学共同利用機関法人自然科学研究機構 国立天文台三鷹キャンバス_東京都三鷹市大沢2-21-1 国立天文台三鷹キャンバス_TEL 0422-34-3600 質問受付TEL 0422-34-3688(平日 9:00-18:00)_

a)JR中央線武蔵境駅(南口)から3.8km(12degs. 3.1km)、小田急バス境91 狛江駅北口行きで「天文台前」下車

b)JR中央線三鷹駅(南口)から小田急バス鷹51 調布駅北口行きで「天文台前」下車

c)京王線調布駅(北口)から小田急バス鷹51 三鷹駅行きで「天文台前」下車

d)京王線調布駅(北口)から小田急バス境91 武蔵堺駅南口行きで「天文台前」下車

駐車場 有料 あり_中_大人・子供_

10:00-17:00(16:30)_

12/281/4_

土・日曜日、祝日、春・夏休み期間には天文台歴史館に説明員がいる。また平日に限り食堂(11:40-13:00)の利用が可能。_{17/01/13}