旧東京音楽学校奏楽堂

明治村入りを免れた音楽ホール

(知への小さな旅:トップ→目次→建造物→建造物(維新後))

建造物(維新後)  目次へ  関連へ  

 旧東京音楽学校本館は1890年(明治23年)竣工の木造二階建の校舎で、当時の日本音楽教育の中心施設だった。「旧東京音楽学校奏楽堂」(挿絵参照)は同校本館の中央部を占めた音楽ホールで、明治以来幾多の音楽家がここで演奏し巣立って行った。

 このホールが老朽化したため明治村へ移転される予定だったが、由緒ある上野に現地保存されるのを望んだ台東区と音楽関係者、及び建築家の運動で、東京都は公開を条件に、1983年、上野公園内への解体移築を認めた。建物は重要文化財に指定されている。

 館内には、この学校で音楽教育を担当した人々や著名な卒業者の紹介など、日本の音楽教育の歴史を語る資料が展示されている。このホールは洋楽では滝廉太郎、山田耕筰、三浦環などが使い、また邦楽では宮城道雄が1920年に第二回作品発表会を行い好評を博し世に出るきっかけをつかんだ。

 ホールには世界でも数少ない古い型のパイプオルガンが保存されている。近年豪華な音楽ホールの建設が流行しているが、その原形に当たる当館の木造ホールも相応の味わいを持っている。

 今でも室内楽の演奏会や貸しホールとして新進音楽家が利用しており、リハーサルの時に当たれば試聴もできる。また日曜日の午後には東京藝大の学生によるコンサートも入館料だけで聞ける。また当館の地下には日本近代音楽館の分室があり、プログラムなどの公演資料や音楽関係新聞記事なとを収集保存して資料提供をしている。 

建造物(維新後)     文書の先頭

(作成日: 00/03/12、 更新日:)

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

旧東京音楽学校奏楽堂_東京都台東区上野公園 8-43_TEL 友の会仮事務所03-5826-7125 _

JR上野駅公園口から0.7km(30deg.W 0.5km)徒歩10分_

駐車場はない。徒歩15分ぐらいに上野中央通り地下駐車場あり_小_大人_

13/04月より補修工事のため長期休館中、再オープンは2018年の予定_{17/01/13}