松陰神社宝物殿至誠館  吉田松陰歴史館

倒幕を成功に導いた戦士の養成所

(知への小さな旅;トップ→目次→人物目次→文人・学者・思想→)

文人・学者・思想へ  目次へ

関連(町並)  関連(建造物前)  

 萩焼で知られる山口県萩市は日本海に面する小さい町だ。ここは江戸時代のほとんどの期間、毛利藩が本拠を置いていた。だが、当地は何よりも明治維新の原動力となった人々の多くが生まれた所として有名だ。今でも市内には彼らの旧宅などの関連史跡が残っている。

 志士たちの青少年時代に、その精神的先導者となったのが吉田矩方(のりかた、号は松陰 18301859)だった。彼は下級武士の次男として生まれ、幼時に山鹿流師範の吉田家の養子になり同家を継いだ。秀才だった彼は僅か10才前後で藩校明倫館に出仕し、山鹿流兵学を講じている。

 彼の生涯は30年にも満たない短いものだったし、その晩年には入獄や禁固の期間もあった。しかしその間、彼は学問を熱心に学び、また兵学勉学の名目で九州から北奥羽まで全国を広く訪れ、各地で著名な学者などと交流した。その行程は13,000kmに及んだという。それは京都では勤王志士と、水戸では水戸学者と、また江戸では蘭学者で砲術家の佐久間象山といった具合だった。

 このようにして幅広い知識を身に付けた彼は、ついに密出国して海外事情をも調べようとしたが失敗した。国交を求めて来航した艦船側には密出国の手助けは出来なかっただろう。そのため萩で入獄していた松陰は、やがて実家での禁固生活を経て、私塾の松下村塾(挿絵参照)で下級武士の子弟教育に着手した。

 塾の教育方針は学問と実戦訓練を合わせたものだった。その教育期間は彼の最晩年の2年たらずだったが、彼の学識と幅広い見聞から得た見識を巧みな教え方によって伝え、門下生に大きな影響を与えた。

 彼は若くして亡くなったので、その思想が体系化されるまでには至らなかったが、筆まめの彼は色々な書き物を残したから、そこからその考え方を類推できる。まず彼は思想と実践の一体化を唱えている。また兵学者らしく草莽崛起(そうもうくっき)と至誠留魂(しせいりゅうこん)による倒幕の方法論も説いている。

 草莽崛起とは、各地の士たちがゲリラ的一斉ほう起して幕府を包囲攻撃するを指している。また至誠留魂とは志士の何人かが倒されても、その後継者が次々にその志を引き継いで息長く活動を継続することを意味している。

 彼の行動は老中襲撃計画を実行しようとするほどの激烈さを持っていた。後年、彼の教えを受けた人々が明治維新を成功させたので彼は神様になったが、もしそうでなかったら危険な過激派の理論及び実行指導者として葬り去られていたに違いない。高次元?な過激派と英雄は紙一重の差なのかもしれない。そして、もし彼の密航計画が実現していたら、また違った展開を見せていたに違いない。

 松陰神社の境内には松下村塾が保存されている。それは8畳間を門人たちの手で増築したささやかな建物だ。そのそばに彼が幽閉されていた彼の実家も残っているし、「松陰神社宝物殿 至誠館」や「吉田松陰歴史館」もある。

 至誠館には彼の遺品や遺墨が多数展示されていた。中でも自賛画は彼が江戸に護送される直前に賛を書いたものだし、留魂録は処刑前日に書かれており、いずれも遺言書的なものだった。また歴史館には彼の生涯がろう人形で易しく紹介されている。

 同神社の近くには伊藤博文の小さな茅葺きの生家が、さらに市内には高杉晋作の生家の一部や、木戸孝允の旧宅も残っている。薩摩の志士たちの家は戦災などで既に失われていることからも、これら萩の建物は貴重なものだ。

 なお萩市内には国の伝統的建造物群保存地区に指定されている所が二ヵ所もある。すなわち、かつて上級武士の屋敷が並んでいた萩市堀内(ほりうち)地区と、中下級士族の住んでいた萩市平安古(ひやこ)地区だ。両者とも完全な形で残っている建物はほとんどないが、長屋門や土塀などが往時の雰囲気を伝えている。

文人・学者・思想へ    文書の先頭

(作成日: 01/0/20、 更新日)

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明_近隣施設

 

松陰神社宝物殿 至誠館

_山口県萩市椿東(ちんとう)1537 松陰神社境内_Tel  0838-24-1027(萩市観光協会)0838-25-1750_

a)JR山陰本線東萩駅から1.3km(50deg.E 0.8km)徒歩17分、タクシーあり。

b)駅から循環のまぁーるバス東回りで7分「松陰神社前」下車歩1分_

駐車場 松陰神社駐車場を利用_中_大人_

9:00-17:00(16:30)_

無休_{16/03/03}

 

吉田松陰歴史館_山口県萩市椿東(ちんとう)1537 松陰神社境内_TEL 0838-26-9116(萩市観光協会)0838-25-1750_

a)JR山陰本線東萩駅から1.3km(50deg.E 0.8km)徒歩17分、タクシーあり。

b)駅から萩循環まぁーるバス東回りコースで7分「松陰神社前」下車すぐ_

駐車場 松陰神社駐車場を利用_中_大人_

9:00-17:00_

無休_{17/04/30}_

松蔭神社、松下村塾、吉田松蔭旧宅(いずれも近い)