埼玉県山西省友好記念館神怡舘

秩父の奥地で古代中国文物を見る

(知への小さな旅:トップ→目次→國際交流→)

國際交流へ  目次へ

 秩父盆地の奥地、両神山のふもとにある両神村(りょうがみむら)は奥深い山里を想像するが、意外に開けた地形を持つ。ここに中国寺院風の「埼玉県山西省友好記念館神怡舘(しんいかん)」が建てられた。当館はその名の通り山西省を紹介するため、その遺跡や文物、伝統芸能、自然環境や産業などの資料展示をし説明をしている。

 山西省は日本の4割ぐらいの広さで、その面積の8割が山地や丘陵地で占められる山国だ。そのため当館の設置場所としてここが選ばれたのだろう。山国とはいえ、この省は古代中国のいわゆる中原に位置し、春秋時代の強国・晋の領域だった。

 従って古代遺跡や文物が省内に多数残っている。五台山は仏教の聖地として知られ、また雲崗の石窟は観光写真でよく見受ける。館内には五台山の大白塔や応県の木塔などの著名仏教建築物の縮小模型や、五台山仏光寺の脇侍菩薩像、あるいは晋祠侍女像などのレプリカが並んでいる。

 派手に彩色され腰をやや傾けた脇侍菩薩像は日本の古めかしい仏像と違い、なまめかしい感じを受ける。また侍女像は、豊満な唐代宮女のそれとは異なり自然な姿に作られている。応県の木塔は二〇分の一の縮小模型といえ、7人の専門家がその作製に1年以上かかったという精巧なものだ。

 館内には陶磁器・漆工品・鋳造工芸品などの伝統工芸や伝統芸能の説明もある。また永楽宮壁画の縮小模型、玉の香炉塔、堆朱の大壺、鉄牛鉄人像などと、古代中国の立派な文物をレプリカや模型とはいえ間近に見られることは素晴らしいことだ。当館の隣には飲茶や昼食の楽しめる鳳鳴館もある。

國際交流へ    文書の先頭

(作成日: 00/05/30、 更新日: )

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

埼玉県山西省友好記念館 「神恰館(しんいかん)_埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄 2245_TEL 0494-79-1493_

秩父鉄道三峰口駅から7.3km(N 5.2km)、駅前停留所から両神村営バス小鹿野町役場行約20分で「薬師堂」下車徒歩3分(ただし本数が少ないから事前確認が必要)、タクシーあり。_無料駐車場 普通車66台_中_大人子供_

9:00-17:00_

火曜日(その日が祝日の場合は開館)、祝日の翌々日、年末年始(12/291/1)、臨時休館あり_{17/02/18}