新宿歴史博物館、渋谷区郷土博物館・文学館、豊島区立郷土資料館、中野区立歴史民俗資料館

繁華街にもそれぞれの歴史が

(知への小さな旅:トップ→目次→郷土→)

郷土へ  目次へ  

参照(サクラA)  参照(サクラC)  参照(サクラD)   参照(サクラE)

 東京の山手線沿線には渋谷・新宿・池袋と、繁華街が並んでいる。これらを抱える渋谷区・新宿区・豊島区は今では各種建物が密集して、歴史など感じさせないような雰囲気だが、それぞれに特色ある歴史を持っている。

 古代、この一帯は武蔵国に属し、国府からも離れた田舎だった。地域の大部分は関東ローム層で覆われた洪積台地上にあり、そこに小さな川の造った谷が刻まれている。大昔は一面の雑木林と雑草地に、馬の牧場と荘園が散在する土地だったのだろう。現代の地名のいくつかはこの時代から出現している。

 中世には豊島氏・渋谷氏・牛込氏などの豪族がとりでを築いていたが、まだ人口も少なく、将門の乱、源平や南北朝の戦乱、及び戦国時代の戦いはあったものの、文化的には特筆されるものは少ない。

 江戸時代になると、この地域を中山道・甲州街道・青梅街道・大山街道などが通り、それに沿って立場(タテバ 休息所)などの集落が形成された。また江戸城から近い新宿区や渋谷区の東部には、大名屋敷が造られ、旗本や御家人の屋敷も配置された。有名な寺社の前には門前町も出来た。

 明治中期になると、現在の中央線や山手線の前身が開通したが、一帯に住民が増えるのは明治末からで、特に大正12年に起きた関東大震災以降に人口が急増している。それでも市ヶ谷近辺には今でも江戸時代からの古い地名が残されている。

 昭和初期には郊外電車のターミナルが造られ、商業・飲食・娯楽施設が集積し、現在の個性ある三つの町の原形が出来上がった。中でも新宿はいち早く成長し、今ではビジネスセンターも兼ねた都心にまで成長した。国際的無法地帯のおまけまで出現した。

 「新宿歴史博物館」は新宿区を通史的に紹介しているが、その中で新宿の始まりとなった内藤新宿の模型が目に付く。甲州街道の制定当初、高井戸宿が最初の宿場になったが、江戸と高井戸間の距離が長くて不便だった。そのため元禄時代に甲州・青梅両街道の追分に新しい宿場、すなわち内藤新宿が開設された。

 その後、新宿は人々の移動、近郊農村の野菜と奥多摩の林産物や石灰などの輸送経路となり発展していった。昭和初期の新宿は新宿駅前が早くも市電・バス・タクシーで混雑し、新聞に「わめく鬼 市電」とまで書かれる有様だったという。

 当館では昭和初期の新宿に焦点を当て、そこでの風俗や人々の楽しみ方などを紹介している。特に軽演劇で人々の人気を集めたムーラン・ルージュ新宿座を採り上げ、当時の世相を説明している。

 「白根記念渋谷区郷土博物館・文学館」は國學院大學の近くの高台にあり、渋谷区の歴史資料の説明と、渋谷区にかつて在住して創作活動をした作家たちを紹介している。当区の江戸時代は大名下屋敷と街道筋の集落が散在し、渋谷川の谷筋には18世紀前半から水車業が立地していた。

 水車は江戸で消費する米の精米を行い、明治になっても繁盛した。その頃になると玉川上にも分流を造って水車に利用されたという。明治以降、武家屋敷には桑や茶が植えられ、区内には牛乳用の牧場も多かったという。なお明治神宮はもと彦根藩井伊家の屋敷跡だった。

 やがて鉄道が開通し、軍事施設が移転してくると町は次第ににぎやかになった。けれども大砲の音や土埃が近隣住民に嫌われ、移転請願が提出されたという。その後、私鉄や地下鉄も開通して渋谷は交通のターミナルになった。すぐ近くに國學院大學の考古学資料館や神道資料館もあるので、興味のある人は立寄るとよい。

 この近辺には江戸中期の漢詩人・服部南郭が居を構え門人を教えていたが、渋谷区には明治以来も多数の作家や歌人などが住んでいた。例えば国木田独歩、徳富蘆花、与謝野鉄幹・晶子、北原白秋、田山花袋、高野辰之、折口信夫(しのぶ)、島木赤彦、大岡昇平、志賀直哉、獅子文六、三島由紀夫などの業績を紹介している。

 新宿や渋谷に比べると、池袋は戦後に地下鉄が開通するまで、都心へ短絡する鉄道はなかった分、その発展が遅れた。大正以来、市電のおかげで隣りの大塚の方がにぎわったそうだ。

 「豊島区立郷土資料館」はビルの一部を利用した施設で大きくないが、江戸時代に豊島区東部で盛んだった植木屋の活躍と園芸文化の興隆を扱っている。すなわち、巣鴨・駒込一帯は土質が植栽に適したこともあり、江戸の園芸熱の高まりと共に、園芸の里として知られるようになった。

 植木屋たちは研究熱心で、それぞれ花卉や植木の種類別に専門化して多くの品種を生み出した。桜のソメイヨシノも当地の染井で売り出された品種だった。椿・つつじ・牡丹・菊など、多種類の植木や花卉を扱い、それらで趣向を凝らした庭園を造り、江戸っ子の花見遊覧に供した。菊の形造りも当地で始められた。

 豊島区は明治以降も永らく近郊農村に留まっていたが、昭和初期には区の西部に長崎アトリエ村(池袋モンパルナス)が造成され、多くの若い芸術家が住み付き創作に励んだ。今の池袋の印象からは、とても想像できない文化的に異色な過去である。戦後は池袋に大規模な闇市が出現したが、当館ではそれも戦後の世相史として展示コーナーを設けて紹介している。

 なお新宿区の西隣は中野区だ。この区にある「中野区立歴史民俗資料館」はごく普通の郷土館だが、それは当区が江戸時代には青梅街道の中野宿と、新井薬師や堀の内妙法寺など江戸庶民信仰の対象となった寺の門前町や茶屋町、及び若干の武家屋敷以外は、畑と雑木林の広がる近郊農村だったからだろう。それでも江戸の需要に応ずる沢庵漬け・そば製粉・味噌醤油などの生産が盛んに行なわれた。

 しかし、当館にも他にないものが一つある。それは犬公方とあだ名された徳川五代将軍綱吉の「生類憐れみの令」による御囲(おかこい)の記録だ。御囲とは捨て犬を飼育した所で、現在の中央線中野駅周辺に92万平方メートルの広大な面積を占めていた。

 厳しい規制で飼いきれなくなって捨てられた犬は、ここに収容された。その数は5万とも、10万あるいは20万頭ともいわれ、その飼育費用は江戸周辺の村々の負担になった。この法令は当初、綱吉の動物愛護精神から制定されたものだが、その運用は将軍の世子誕生祈願ともからみ、年々運用が厳しくなり人々を大変苦しめた。

 この法令は約30年も続き、綱吉の死によって廃止された。うらみ重なるお犬様のその後の運命はきっと過酷なものだっただろう。何事も過ぎたるは、なお及ばざるごとしだ。 御囲跡地には吉宗が紅白の桃を植え、一時は遊覧用の桃園になっていた。

 御囲に関する当館の展示は少しだが、これは大きな史実でもあり、当時の人々にとって長期の災難であった。また法とその不適切な運用がもたらした結果を示す例としても、当時のエピソートを含めて、もっと総合的で分かりやすい解説があればと思った。

郷土へ    文書の先頭

(作成日: 02/02/06、 更新日:10/11/17)

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

新宿区立 新宿歴史博物館_東京都新宿区三栄町22_TEL 03-3359-2131_

a)東京メトロ丸の内線四谷三丁目駅出口4から0.6km(65deg.E 0.5km)出口4から徒歩8分、

b)都営地下鉄新宿線曙橋駅A-4出口からも同じ距離、

c)JR・東京メトロ丸の内線・南北線四谷駅出口2からは徒歩11分_中_大人_

9:30-17:30(17:00)_

24月曜日(休日に当たれば開館し、翌日休館)12/291/3、くん蒸作業期間(12月に予定)_{17/05/02}

 

白根記念渋谷区郷土博物館・文学館_東京都渋谷区東4-9-1_TEL 03-3486-2791_

a)渋谷駅東口から1.3km(80deg.E 1.0km)徒歩約20分、

b)渋谷駅東口54番乗り場から都営バス学03日赤医療センター行き(54番乗り場)にて「國學院大學前」下車徒歩3 分、

c)渋谷駅東口からハチ公バス恵比寿・代官山循環で「郷土博物館・文学館」下車_中_

駐車場 なし_大人_

11:00-17:00(16:30)_

月曜日(祝日に当たれば開館し、直後の平日休館)、年末年始_{17/05/02}

 

豊島区立郷土資料館_東京都豊島区西池袋2-37-4 勤労福祉会館7階 (池袋消防署隣り、東京芸術劇場並び)_TEL 03-3980-2351_

池袋駅西口から0.7km(SW 0.5km)徒歩10分、同メトロポリタン口からは徒歩8分_中_大人_

ビル改修工事のため15/12/0117/09/30(予定)まで長期休館中。_{17/05/02}

 

山崎記念 中野区立歴史民俗資料館_東京都中野区江古田 4-3-4_TEL 03-3319-9221_

a)西武新宿線沼袋駅北口から0,8km(N 0.6km)徒歩10分、

b)JR中央線中野駅南口から京王バス中92系統練馬駅行きで「江古田二丁目」下車徒歩2分

c)JR中央線中野駅北口から関東バス中41系統江古田駅行きで「江古田二丁目」下車徒歩2分

d)都営地下鉄大江戸線「新江古田駅」から徒歩約15分_中_大人_

9:00-17:00(16:30)_

月曜日、第3日曜日、12/281/4_{16/09/21}