ふじみ野市立上福岡歴史民俗資料館,ふじみ野市立福岡河岸記念館,朝霞市博物館

小さな川も産業や生活を支えた

(知への小さな旅:トップ→目次→郷土2→)

郷土2へ  目次へ  

関連へ  参照(新河岸川舟運B)

参照(水運A)  参照(水運B)  参照(水運D)

 鉄道や自動車がない時代、特に街道での荷車の使用が原則的に禁止されていた江戸時代には、河川舟運は沿岸海運と共に物流の主役だった。利根川・淀川・木曽川・信濃川などの大河川はいうに及ばす、各地の中小河川も舟運に利用され、物流や人々の往来に大きく貢献した。

 その一例として新河岸川(しんがしがわ)舟運を考えてみよう。この川は埼玉県西部の川越を源として江戸へ向かって流れ、荒川本流の、現代では隅田川と呼ばれている所へ合流する小さな川だ。

 改修以前のこの川は九十九川とか九十九曲りとの異名を取るほど派手に蛇行していたそうだ。通船には、なるべく直線なのが操船上好都合のはずだが、川は武蔵野台地の周りをめぐるように流れる上に、元来が小さい川なので流路を蛇行させて平均勾配を緩くして通船に必要な水深を確保したのだという。

 そのため船頭は船を円滑に進めるために随分神経を使っただろう。長さ15メートルほどの高瀬船はニブネと呼ばれ、風向きによっては帆も使用した。彼らの間の会話ではすずり箱はあたり箱、すり鉢はあたり鉢、するめはあたりめと言い換えていたそうだが、これは浅瀬に乗り上げた舟の離脱作業の難渋を嫌ってのことだったのだろう。

 川越は江戸の西北40キロの地点に位置し、江戸防衛の重要拠点として歴代、譜代の有力大名が封じられ、川越街道は中山道の脇往還として整備された。けれども当時の街道は民間の物流には適さず、物資の輸送には舟運を必要とした。

 江戸時代初期の川越藩主で老中を勤めた松平伊豆守信綱は多くの業績を残したが、新河岸川舟運も開設している。すなわち1638年の川越大火で焼失した仙波(せんば)東照宮の再建資材の輸送にはこの川が利用されたが、それ以来17世紀中ごろには民間の物資輸送にも利用されるようになった。

 舟運によって川越は小江戸と呼ばれるほど繁栄したそうだが、明治時代になっても織物産業が盛んで県下第一の都会だった。舟運は明治中期に最盛期を迎え、大正の初め東上線の開通によって衰退し、1931年(昭和6年)に同川の改修によって廃止された。その開設から廃止までの約300年間、この川は地域経済を支えてきた。

 従ってその川筋には川越を始め多くの河岸場(公認の船着場・河港)があった。川越から少し下った現在のふじみ野市上福岡には福岡河岸とその対岸の古市場河岸があって、周辺地域の物資集散が活発に行なわれていた。

「ふじみ野市立上福岡歴史民俗資料館」は小規模だが、ニブネの帆布断片やイカリ、櫓や帆桁の一部、船内で使った手桶や船頭が着用した印半天、河岸場開設時の願書や明治時代の荷運賃表、ふねおろし(進水式)用具や船頭信仰資料、回漕問屋の帳場用品などの実物資料が展示されている。またニブネの模型も置いてある。

 当館からやや離れた所に福岡河岸跡がある。ここには回漕問屋・福田屋の主要建物(挿絵参照)が残存し、「福岡河岸記念館」として公開されている。その書物蔵には明治期の繁盛ぶりを示す調度品や食器類なども展示されている。両館と上福岡駅の位置関係は三角形の各頂点にあたり、一周5キロの周回コースで回れる。駅に接する二辺にはバスも通っている。

 川をさらに下った東京都との県境に近い朝霞市にも河岸場が5ヵ所あった。河岸場の下り荷は米・サツマイモ・大根・ゴボウ・ニンジンなとの農産物、水車で製粉した小麦粉、薪炭や織物で、上り荷はヌカやシメカスなどの肥料、日用品や食料品、塩などだった。旅客の往来にも使われ、朝霞を16時に発つと翌日の昼に浅草に着いた。また生鮮物を運ぶ急船もあって2〜3日で往復したそうだ。

 「朝霞市博物館」には実物資料は少ないが、パネルや画面で舟運の様子を紹介している。当館は伸銅業を中心に構成されている。すなわち同市内で新河岸川に合流する黒目川には昔、大きな水車が設置され、粉ひき・米つき・油しぼりなど多方面に利用されていたが、中でも伸銅業は文化文政期から始まり地場産業に発展した。

 伸銅とは銅や銅合金を熱してから、動力でたたいたり、引っ張ったりして線材・板材・管などに加工する産業だ。1844年には焼失した江戸城本丸御殿の屋根用銅板の圧延を当地で請け負っている。明治以降も伸銅業は動力近代化や新設備の導入で発展したが、1970年銅の自由化によって企業数は激減した。

 川越のサツマイモは有名だが、江戸で焼き芋として多量に販売されたのがその名声につながったという。サツマイモや銅素材のような重い物を大消費地まで運べたのも、すべて舟運があってのことだった。

郷土2へ    文書の先頭

(作成日: 02/06/05 更新日:)

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_駐車場_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

ふじみ野市立上福岡歴史民俗資料館_埼玉県ふじみ野市長宮 1-2-11_TEL 049-261-6065_

東武東上線上福岡駅から1.8km(85deg.E 1.5km)徒歩24分。

バスは上福岡駅東口近くの西武バス上福岡駅入り口から大宮西口行きを利用して約5〜8分「福岡小学校」下車徒歩2分。タクシーあり。_

駐車場 3〜4台_小_大人_

9:00-16:30_

月曜日(月曜日が祝日の場合休館)12/281/4_{17/08/02}

 

ふじみ野市立福岡河岸記念館_埼玉県ふじみ野市福岡 3-4-2_TEL 049-269-4859049-261-6065(上福岡歴史民俗資料館)_

東武東上線上福岡駅東口から1.8km(40deg.E 1.6km)徒歩24分、バス利用なら駅入り口から西武バス南古谷駅行きを利用し「城北埼玉中学・高等学校」下車徒歩3分_

駐車場 普通車5台_小_大人_

10:00-16:00(ただし59月は10;00-16:30)_

月曜日(月曜日が祝日の場合休館)12/271/4_なお離れの2,3階は通常非公開、祝日に特別公開されるが正確には要照会_{16/12/20}

 

朝霞市博物館_埼玉県朝霞市岡 2-7-22_TEL 048-469-2285_

a)JR武蔵野線北朝霞駅または東武東上線朝霞台駅から1.5km(北朝霞駅からS75deg.E 1.0km)徒歩20分、

b)駅前から市内循環バスわくわく号内間木線を利用して「博物館前」下車徒歩1分、

c)または駅前から同バスの根岸台線で「朝霞市斎場」下車徒歩5分_

駐車場 約20台_中_大人_

9:00-17:00_

月曜日(祝日に当れば開館)、第4金曜日(祝日に当れば開館)

祝日の翌日(土・日に当れば開館)12/271/4、臨休あり_{17/03/02}