東京農工大学科学博物館

養蚕からプラスチックまでを紹介

(知への小さな旅:トップ→目次→技術→科学・工学→)

科学・工学へ  目次へ

参照(製糸A)  参照(製糸B)  参照(製糸D)   参照(製糸E)

 

 「東京農工大学科学博物館」の前身は1886年に創設された農商務省蚕病試験場の付設参考品陳列館だった。当時、生糸は日本の最重要輸出品であり、養蚕振興に国は力を傾注していた。当館はその伝統を踏まえて、養蚕から始まり現在使われている各種繊維について幅広く扱っている。

 それは素材・糸・織物の資料展示と説明、製糸機械・織機・ミシンなど素材から縫製までの各種機械の実物展示、手工芸品や織物の陳列、蚕業錦絵・木版画・生糸商標などの展示、さらにプラスチック・合成ゴム・特殊繊維の説明などと繊維全般に及んでいる。

 例えば繊維に関してはその素材や製糸方法を、組紐については実物展示と各種結び方を説明している。糸を編むコーナーでは手編み製品や各種ニット製品を陳列し、織りのコーナーでは工業織機や手織り機を多数展示し、また伝統織物の織り方を解説している。

 蚕業錦絵では、かいこやしないの図、かいこやしない草、蚕家産業乃図、女官養蚕の図、女織蚕手業草などと養蚕に関連した珍しい絵が見られる。

 当館は大学の教育資料館だから、やや実物展示に傾き、説明が簡単過ぎる傾向が認められるが、当館の伝統にふさわしく繊維に関する全般的な紹介をしようとしている。最近時代の流れと技術革新によって、長く使用されていた繊維博物館の名称が科学博物館に改定され改革が進められている。

科学・工学へ    文書の先頭

(作成日: 00/05/03、 更新日: )

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

東京農工大学科学博物館本館_東京都小金井市中町 2-24-16 東京農工大学小金井キャンバス内_TEL 042-388-7163_

JR中央線東小金井駅南口から1.0km(55deg.W 0.7)徒歩13分_中_大人_

10:00-17:00(16:00)_

日曜日・月曜日・祝日、5/31、盆期間、年末年始、

入学試験期間・学内工事などのための臨休あり、

(なお特別展などの開催中は日曜日・祝日でも開館する)_{17/05/27}