新横浜ラーメン博物館,インスタントラーメン発明記念館

ラーメン文化を紹介する

(知への小さな旅;トップ→目次→生活→生活史→)

生活史へ  目次へ

 新横浜駅の近くに「新横浜ラーメン博物館」がある。ラーメンは中国にルーツを持つようだが、日本で独自の発展をした。やがてインスタントラーメンの開発によって、ラーメンは国民的な食品になった。現在ではインスタントラーメンやカップめんは世界各国でそのお国ぶりに合った製品が多量に製造され、生産量では日本より多い国もある。

 当館の規模は小さく、食べる方が主だが、対象がユニークなので、民放テレビ番組によく登場し、いつも観光客でにぎわっている。館内にはラーメンの歴史や最初のラーメン屋の紹介、原料や製法の説明、各種どんぶりや包装パッケージの陳列、ラーメンに関する情報コーナーなどがある。

 ちなみに奥村氏の説によると日本最初のラーメン屋は1910年(明治43年)、浅草に開店した来来軒という。もっとも当時はラーメンといわずシナそばといった。札幌の竹字食堂は1921年(大正10年)にラーメンというメニューを始めて売り出し好評だった。これらと喜多方・久留米が四大ルーツに数えられている。

 当館の目玉は1958年(昭和33年)頃の下町の雰囲気を再現したスペースであろう。そこには全国の有名ご当地ラーメン屋が出店し、地域性を持った各店のラーメンが食べられる。例えば醤油ラーメン・味噌ラーメン・トンコツラーメンといった具合で、それらはラーメン文化の地域性を表現している。

 今ではラーメンも、すでにご当地ラーメンの段階を越えて、原料から調理までを吟味して独自性を持たせたオリジナルラーメンへと発展しているという。ラーメンは日本の食文化の、変化する方向の一端を示しているといえそうだ。

 ところでラーメンという言葉が一般に広く定着したのは、最初のインスタントラーメン・チキンラーメンが発売されてからという。シナそばという呼び名が戦後中華そばに変わり使われていたが、一挙にラーメンという言葉が定着する。

 大阪の池田市には「インスタントラーメン発明記念館」がある。日清食品の創業者は終戦直後の大阪梅田の闇市で、一杯のめんを求める長い行列を目撃して、もっと簡単にめんが調理できないものかの思ったのが研究の始まりだという。

 そして自宅の小屋で苦闘の末、1958年(昭和33年)に最初のインスタントラーメン、チキンラーメンを完成させた。研究にあたっては簡便性・保存性・安全性・味・手ごろな値段などに配慮しながら試行錯誤を繰り返し、てんぷらにヒントを得たそうだ。

 当館にはその研究小屋が復元され、その発明の過程を紹介している。館内にはもう一つのヒット商品であるカップヌードルの開発に至る過程も紹介している。また希望者はチキンラーメンの手作り体験もできる。

 一般に日本で起こる新しい事物の大部分は関西で始まるといわれる。インスタントラーメンは出現から半世紀たった現在、年間55億食を消費する大産業に成長し、日本の食文化に大きな影響を与えている。世界では年間約440億食が生産されているそうだが、それはこの小さな小屋から始まった。

生活史へ    文書の先頭

(作成日: 00/05/07、 更新日:02/06/07 )

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

新横浜ラーメン博物館_横浜市港北区新横浜 2-14-21_TEL 045-471-0503_

JR東海道新幹線・横浜線及び横浜市営地下鉄新横浜駅から0.5km(40deg.W 0.4km)徒歩8分(地下鉄8番出口からは徒歩2)_

駐車場 有料175台_小_大人子供_

(月曜日〜土曜日)11:00-最終入場は21:00-23:00の間で変動する、

(日曜日・祝日) 10:30-最終入場は21:00-23:00の間で変動する_

原則年中無休、不測の事態による臨時休館あり_{17/03/10}

 

インスタントラーメン発明記念館_大阪府池田市満寿美(ますみ) 8-25_TEL 072-752-3484(案内ダイヤルの受付は9:00-16:00 休館日除く)、なお団体予約電話は072-751-0825_

阪急電鉄宝塚線池田駅の満寿美町方面出口から0.6km(S 0.5km)徒歩8分_

駐車場 有料普通車21台、出来るだけ公共交通機関を利用を、特に土・日・祝日は混む_中_大人子供_

9:30-16:00(15:30)_

火曜日(祝日にあたる場合は開館し、翌日休館)、年末年始)_{17/03/10}_

なおチキンラーメン手作り体験工房の専用予約ダイヤルも072-751-0825(受付時間10:00-16:00 休館日除く)