島田市博物館・同分館、ロコミュージアム

大名や旅人を苦しめた川の関所

知への小さな旅;トップ→目次→運輸交通→)

運輸交通へ   目次へ

関連(町並)  関連(美術品)

参照(街道と河B)   参照(街道と河C)

 徳川幕府はその政権維持のために色々な防衛的な施策を講じた。その一つが川越しの規制であり、諸国の大河川に架橋や渡船の禁止をした。例えば中山道が荒川を横切る戸田では、江戸防衛のために架橋を許さず渡船を強制した。

 もっともこのような大河の場合、洪水もひどく、架橋もかなり難しかったに違いない。川越しの規制は東海道では酒匂(さかわ)川・安倍川・興津川・大井川など、中山道では千曲川・碓氷川などで行われたが、中でも最も厳しかったのが川の関所の異名をとった大井川だった。

 東海道は金谷宿と島田宿の間で大井川を横断するが、その地点は架橋も渡船も禁止された。その渡河方法は川越し人足による徒越(かちごし)と連台、及び馬を渡す馬越だけに限った。自分で川を渡る自分越は相撲取りなど若干の特例を除いて認めなかった。

 川越し賃は平水位を75センチとし、その日の水深と渡河方式によって決められた。一番安い肩車でも白米一升より高く、費用は決して安くなかった。しかも水深が1.36メートルを越えれば川留め(かわどめ)となり、水かさが減るまで街道交通は途絶した。

 現在の大井川は上流に多くのダムが築造され、水を灌漑や水道に利用するから、平水時には水量が少ない。そのため島田付近では幅1キロもある河原だけが目立つ。しかし江戸時代はそうではなかった。元来、南アルプス地域は年間降水量が多く地形も険しく、降雨は一気に流れ下り平地で暴れ川になった。そのため流路も水深も毎日のように変わる状態だった。

 川留めになれば地元の宿屋は喜んだろうが、旅人はたまらない。川留めは年間50回ぐらいあったそうで、一回の川留め期間が最長で28日も続いた記録があるそうた。運を天に任せて、ただ減水を待つのみでは旅費も底をついてしまっただろう。当館には旅費に困った旅人が宿賃の足しにと自分の腕を働かせて作った物も展示されている。

 割を食ったのは旅人だけではなかった。例年4月と6月は大名の川越しが集中し、多くの人手を必要とした。そのような場合、助郷制度によって近隣の村に動員が掛ったが、その人達も川留めになると家に帰れず、経済的・労力的に大きな犠牲を強いられた。

 思えば家康以来の徳川幕府の交通政策は自家の安泰を優先にしたもので、関所を多く設置し、川越しの規制を設け、街道の道幅は狭く勾配も急にし、荷馬車の利用さえも一部の特例だけしか認めなかった。

 奈良時代に道幅12メートルの側溝付きの直線的な官道が建設された例も残っているから、徳川幕府の保守的・後進的な政策は明らかだ。それは日本の近代化を大いに遅らせたといっても過言ではなかろう。もっとも、その反面、貧弱な陸上交通を補う意味で沿岸海運と河川の内陸水運が商人の手で発展した面は認められる。

 島田側には「島田市博物館」があり、また金谷側にはかって東海道金谷宿・川越資料館があって、いずれも当時の有様を実物資料や復原模型などで説明していた。その後川越資料館は閉館したが、その建物内には大井川鉄道の車両やなつかしい時代の駅舎の様子などを展示する「ロコミュージアム」が設置されている。

 そこにはドイツのコッベル社(1921年製)の小型SL(12.8トン)、同社1922年製のSL(21.5トン)、井川線でかつて来賓専用車として使われていた客車や機関車など、酷使と流転を繰り返し大活躍した古い時代の車両が静かに安息している。

 そして島田市博物館の近くには国指定史跡の島田宿大井川川越遺跡があって、当時の川会所(かわかいしょ)や番宿(ばんやど)などが復元保存されている。川会所とは川越し業務を一元的に扱った役所で、番宿は人足の休憩所だった。また近くには近代になってから架けられた世界一長い渡り賃を取る木造橋(長さ896,5メートル)がある。

 なお島田は17世紀の虎御前以来、日本髪の髷(まげ)で知られる。お染島田、つぶし島田、乙女島田、元禄島田などと、年齢や階層・職業などで色々な髷が結われた。それらは島田の名で全国的に流行したので、当館ではその説明もしている。今でも島田市では毎年9月の第三日曜日に島田髷まつりが盛大に行われる。

なお川越遺跡には島田市博物館分館があり、そこに版画家・海野光弘の記念館が併設されていて、全国各地の民家や草花を描いた彼の版画が見られる。

運輸交通へ    文書の先頭

(作成日: 00/09/03、 更新日: )

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

島田市博物館・分館_静岡県島田市河原 1-5-50(本館)・島田市河原2-16-5(分館)_本館;TEL 0547-37-1000、分館;TELFAX 0547-34-3216)_

JR東海道線島田駅から2.1km(85deg.W 1.7km)、島田駅北口の1番乗り場から静鉄バス金谷島田病院線金谷行き、またはコミュニティバス 田代の郷温泉線などで数分「向島西」バス停下車後徒歩10分、タクシーもある_

無料駐車場 普通車47台_大人子供_

9:00-17:0016:30)_

月曜日(祝日に当たれば開館し、翌日休館)、祭日の翌日、年末年始(12/261/3)、臨時休館あり_

 

なお分館は本館の東0.3kmの川越遺跡そば、向島西バス停からはその分近い、開館時間や休みは特別展開催時以外は本館と同じ_{17/02/18}

 

ロコミュージアム_静岡県島田市金谷東2-1112-2 プラザロコ内_TEL 0547-45-2230(プラザロコ)0547-46-4112(ロコミュージアム)_

JR東海道線金谷駅からは大井川鉄道の電車に乗り換えて次の駅(5)大井川鉄道新金谷駅で下車し駅前広場の向かい側_

有料駐車場200台_小_大人子供_

9:00-17:00_無休_{17/05/02}

 

文書の先頭