千葉県立中央博物館大利根分館

水郷地帯のど真ん中に

(知への小さな旅:トップ→目次→風土→)

風土へ  目次へ   参照(千葉中央博物館)

参照(利根川A)  参照(利根川C)  参照(水郷B)

 潮来(いたこ)は水郷(すいごう)として知られている。あねごの操る小舟が十二橋を通る風景は、観光ポスターによく使われる。そこから少し離れた干拓地に「千葉県立中央博物館大利根分館」がある。当館は利根川下流域を対象にして「利根川の自然と歴史」及び「千葉県の農業」を基本テーマにした博物館である。

 潮来は利根川が運んで来た土砂で形成された低湿地だ。この一帯は治水事業が進み堤防が整備されるまでは水害の常襲地だった。近年まで、まともな道路さえなく、交通は水路の小舟に頼り、屋根裏には避難用の船を吊して水害に備える有様だった。

 このような水郷は大河の下流にはよく見られるが、そこでは水に囲まれながら水質のよい飲料水にも事欠き、稲刈りでさえ田下駄や田船の使用による過酷な労働を必要としたため、深田泥田の村に嫁をやるなという言葉が近年まで現実味を持っていた。

 元来、利根川は当地を流れず、この辺は浅い湾になっていて常陸川が流入していた。江戸初期に利根川の東遷事業が実施され、その結果、形成された低湿地が潮来だった。事業の目的は江戸の水害防止、東北方面から来る船が危険な房総沖回航を避けるための航路の提供、東北諸藩からの江戸防衛などと色々あったようだ。

 利根川の東遷で江戸の水害は軽減されたが、元の川に加えて、日本屈指の大河を向けられた地方は迷惑千万の話だった。特に幕末天明年間の浅間山大噴火以降は、大量の土砂流出で河床が上昇し、さらに大規模な洪水がひん発するようになった。河床上昇の後始末は明治時代まで続いている。

 しかし東遷事業の結果、対岸の佐原などは利根川の舟運によっ大いに栄えた。利根川の東遷事業は幕府の威信をかけた世紀の大事業で、成田空港一つで難航している日本国政府では到底できないことだった。

 当館には利根川と人間のかかわりを中心テーマとして、水郷地帯の生活や農業、動植物の生態、さらに東下総地域の歴史などを紹介している。なお隣には与田浦を仕切って開園した佐原市立水生植物園で花しょうぶや水生植物が見られる。特に花しょうぶは多く、400種150万本もあるそうで、花の季節には多くの観光客が来訪する。

風土へ   文書の先頭

(作成日: 99/07/06、 更新日: )

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

千葉県立中央博物館大利根分館_千葉県香取市佐原ハ4500_TEL 0478-56-0101_

a)JR鹿島線十二橋駅から遊歩道を約4km60分。

b)JR成田線佐原駅から11km(佐原駅からN35deg.E 4.9km)、佐原駅からコミュニティバス「北佐原・新島ルート」で「水生植物園」下車後徒歩3分。ただし運行日は月・火・木・金で一日の運行回数4便なので往路と復路の時刻を十分確認のこと。

c)JR成田線佐原駅から路線バス「潮来車庫」行きを利用して「水生植物園入口」下車後徒歩約600m>

d)東京駅八重洲南口から鉾田駅行の高速バスで「与田浦水生植物園」下車後徒歩9分_

駐車場 無料あり_中_大人_

9:00-16:30_

月曜日(祝日または振替休日に当たれば開館し、翌日休館。ただし企画展開催中は開館する。)

下半期(10/13/31)は例年長期休館になるので注意_{17/02/11}

 

文書の先頭