根尾谷地震断層観察館

六メートルのずれが意味するもの

(知への小さな旅:トップ→目次→災害→)

災害へ  目次へ  参照(地震A)   参照(田中館A)

 大垣市から北へ30キロほど山間部へ入った根尾谷(ねおだに)、ここには大地震の恐ろしい証拠が残っている。国指定特別天然記念物・根尾谷(ねおだに)断層だ。この断層は1891年(明治24年)10月28日の朝に出来た。

 いま、濃美地震と呼ばれるこの巨大地震は、内陸部を震源とする日本最大級の地震で、その規模はマグニチュード8.0と推定されている。これにより岐阜県を中心として東海地方一帯は甚大な被害を受け家屋倒壊22万棟、死者は7,000人を越えた。震源となった根尾谷断層を含む濃尾断層の延長は、80キロにも達している

 人口の少ない山間部が震源地だったとはいえ、根尾村は天地がひっくり返るようなと表現された揺れで一瞬の内に壊滅した。村内の水鳥(みどり)地区では地盤が隆起し三角形の台地が形成され、その周りに断層崖が残った。根尾谷断層と名付けられたこの断層は上下のずれが最大6メートル、横方向のずれが最大8メートルという、すさまじいものだった。

地震直後に撮影された有名な写真では、直線道路が上下に見事に切断されている。ちなみに阪神大震災を引き起こした野島断層は上下に最大1.4メートル、水平に最大2.1メートルのずれだったから、根尾谷断層のすごさが理解できよう。日本の公的な地震防災研究はこの濃尾地震の後に田中館愛橘教授の提唱によって始まった。

 地震発生後すでに110年も経過した。さすがの断層崖も崩れたり、人為的にならされたりで次第に不明瞭になってきた。そのため世界的にも有名なこの断層に、近年トレンチ(溝掘り)調査が実施され、その上に「根尾谷地震断層観察館」が建てられた。この地点で断層は上下に6メートル、左右に2メートル動いていた。当館には地震史料館・地下観察館・地震体験館で構成されている。

 当館ではそのトレンチをドームで覆って公開している(挿絵参照)。断層部分を垂直に8メートル掘り下げたトレンチの断面には、岩盤の上下のずれが明確に分かる(挿絵では明確化のため着色した)。6メートルといえば、地面から二階の屋根ぐらいの高さだから、その地震エネルギーのものすごさが分かるというものだ。

 しかし、断層を生成した地殻運動は一度動いたらそれで終わりではない。周辺地方の地盤はぶつかり合う流氷のように、全体の収まりが一応安定化するまでドミノ的に長い間活動を続けるという。戦後の福井地震もこの断層のほぼ延長線上で起きている。

 そしてエネルギーが再び溜まれば、何時の日か、恐らく数百年あるいはそれ以上の間隔で定期的に放出され、断層の活動が繰り返されるという。この地震の被害は大きかったが、この地震の発生と地震断層の生成を契機として、日本の地震学や耐震工法の研究が本格化されたのが、せめての慰めといえるだろう。

災害へ     文書の先頭

(作成日: 00/09/24、 更新日: 02/07/15)

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

根尾谷地震断層観察館_岐阜県本巣市根尾水鳥512_TELFAX 0581-38-35600581-38-2515(根尾公民館)0581-34-3988(本巣市観光協会)_

JR東海道本線大垣駅から樽見鉄道に乗り換えて小一時間、水鳥(みどり)駅下車0.2km(S 0.1km)徒歩 3分、(大垣駅からはN5deg.E 28.0km)_中_大人子供_駐車場 無料あり

(4)   9:00-17:00(連日開館)

(5〜10) 10:00-17:00

(113)  10:00-16:00_

月曜日(祝日に当たれば開館し、その翌日休み)12/291/3(ただし四月は連日開館、GWも開館)_{17/05/27}