長浜市長浜城歴史博物館  長浜鉄道スクエア

両勇の城は今では共に湖水の中

(知への小さな旅;トップ→建造物→中世→)

中世へ  目次へ

 

参照(琵琶湖A)  参照(琵琶湖B)  参照(鉄道の難所A)

 

参照(保存駅舎B)  参照(保存駅舎C)  

 

 秀吉の築城といえば、まだ彼が木下藤吉郎と名乗っていた時代の1566年、美濃と尾張の国境を流れていた長良川畔に、極めて短期間で構築した墨俣(すのまた)城がまず思い浮かぶ。そこは尾張の織田氏が美濃の斉藤氏攻略の前進基地として信長が敵前構築を目指した所だった。

 

 当然美濃側の防戦も激しく、織田方の大身の佐久間信盛や柴田勝家も築城を試みたが失敗した。それを藤吉郎は地元野武士の協力を取り付け、木材など必要資材をいかだに組んで上流から一挙に運んで構築してしまったという。この城は急拵えの砦程度の造りで、信長の美濃併合後はその必要性が失われ廃城になった。

 

 ただその功で武将に取り立てられた藤吉郎は朝倉・浅井攻めでも大功を挙げ、信長から浅井氏旧領の大部分、北近江三郡約12万石を与えられて1573年に小谷城へ入った。このようにして領地持ちの大名に出世した彼は名前を羽柴秀吉と改め、程なく交通不便な山城の小谷城を放棄し、水陸交通の便に優れた琵琶湖畔の今浜へ移り、その地名を長浜と改めて居城の建設に取り掛かった。

 

 これが長浜城で、1575年ごろ完成した。ここには室町時代初期に佐々木高氏が出城を築いた所だが、そこを改修拡張したようで琵琶湖に張り出した水城には船着場もあったと推定されている。従ってその城を陸側から見れば天主と本丸が島のように湖上に張り出したように見えただろう。この城は琵琶湖水運の実利とその管理統制を狙っていた。

 

秀吉は約7年間在城し、ここで城下町の建設や領国統治の経験を積んだ。その後、彼は信長から毛利攻めを命じられ、姫路城へ進出しそこを拡張し作戦の本拠地として在城した。しかし本能寺の変後に行われた清洲会談の結果、彼は長浜城を手放したが、程なく柴田勝家らとの戦いに勝って旧織田領の大半を手中にした。そして秀吉は大坂城を築いて天下に号令をする立場になった。

 

その後、長浜城には山内一豊や内藤信成などが封じられたが、徳川初期(1615)に廃城になり、使える石材や木材などは彦根城に転用されて城郭は消滅した。今残るのは市内の寺に移築された門や琵琶湖水中にある石造物だけだ。そして秀吉当時の長浜城の本当の姿や縄張りの確かな記録は残っておらず、その姿は湖水中も含めた発掘結果と古絵図から推測しかないようだ。

 

琵琶湖は沈降地帯にある断層陥没湖だから湖岸の土地は少しずつ沈降し、元来水城であった長浜城の残った部分は今では湖水中に沈んだ。太閤井戸の遺構はその例だ。また湖水中には石垣の根石と推定される巨石群も確認されている。現代になると琵琶湖の水利用が進み、湖水の取水が増えて水位低下が常態化した。

 

琵琶湖の基準水位(B.S.L.)がその設定時(1874)には最低水位の積りだったというが、1943年には平均水位となり、1972年には通常時の満水位と解釈が変わってきた。結局最初から考えれば、数十センチも湖面が低下していることになるが、それでもそれらの石材は水面下になっている。

 

ともかく水中発掘調査終了後、長浜城跡の主要部分は埋め立てられ豊公園となった。天守閣風の「長浜市長浜城歴史博物館」は豊公園上造られたが、当時の天主の位置とは少し離れ、また姿も異なっているという。今見られる石垣も出土した石材を使って近年積まれたものだ。

 

当館では「湖北・長浜のあゆみ」をテーマーに湖北のあけぼの、信仰と宗教文化、秀吉と長浜、遠州・美の世界、国友鉄砲鍛冶と一貫斎、近代化のあゆみなどのコーナーを設けて解説している。また最上階の望楼からは琵琶湖の北湖の展望やその周辺にあって戦国時代に大きく関係した地点を遠望できる。たとえは姉川古戦場・賤ヵ岳古戦場・小谷城址・比叡山・安土城址・国友鉄砲の里・関が原古戦場などだ。

 

解説に登場する人物では、安土桃山時代から徳川初期に活躍した芸術分野で活躍した小堀遠州(15791647)や海北友松(かいほう ゆうしょう 15331615)は当地の人だ。また当地国友の鉄砲鍛冶だった一貫斎(17781840)は本業に従事する傍ら数々の発明を行い、反射望遠鏡を自作し太陽黒点や月面の観測を行った異色の人物だ。なお国友は戦国時代には泉州堺と並ぶ鉄砲の国内二大産地だった。

 

そして長浜は近世から近代まで、京都・大阪と北陸を結ぶ当時の最重要交通経路だった。明治初期には大津港から今浜港に連絡船が運航され、今浜から日本海岸の敦賀までは東海道線が全通する前に鉄道が敷設された。今浜港と今浜駅の接点には洋風の駅舎が建てられたが、この建物は今では最古の駅舎として鉄道記念物・旧長浜駅舎として「長浜鉄道スクエア」に保存公開されている。ここには旧長浜駅舎の他に長浜鉄道文化館と北陸線電化記念館が併設されている。

 

今でこそ滋賀・福井県境地帯は複線電化路線となって、列車は長大なトンネルを通過して比較的スムーズに走る。だが北陸線開通当初は急勾配路線と豪雪によって、輸送需要に応ずるだけの輸送能力を確保するのに難渋した。長浜は起点駅としてその対応の拠点となっていた。それらが順次改良されて解消したのは比較的近年になってからだ。

 

ちょっと付言すると、羽柴秀吉時代に彼の競争相手であり宿敵にもなった明智光秀は、琵琶湖南湖西岸にある坂本に華麗な天主を備えた水城を築き、比叡山の監視と、当時京と北国の物資輸送の拠点だった坂本の水陸運送の統制を行った。坂本城は落城後もしばらくは補修して使われたが、やがて廃城になり、使える木材や石材は大津城に転用された。従って今は小さな公園と、渇水期に残った石垣が水面に僅かに現れるだけだ。戦国の世に覇を争った両雄はあの世で、お主の所も水の中かと互いに苦笑しているかもしれない。

 

中世へ  文章の先頭へ

(作成日: 13 /09/25、 更新日: )

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_駐車場_規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明_{最終確認日}

 

長浜市長浜城歴史博物館_滋賀県長浜市公園町10-10_TEL 0749-63-4611_

JRびわこ線(北陸本線)長浜駅西口から徒歩_

駐車場 豊公園大駐車場 無料あり_中_大人_

9:00-17:00(16:30)_12/271/02だけ_{13/08/27}_

 

長浜鉄道スクエア_滋賀県長浜市北船町1-41_TEL 0749-63-4091_

JR北陸本線(びわこ線)長浜駅西口から徒歩4分_駅西駐車場利用 126台_中_大人子供_

9:30-17:00(16:30)_12/291/3だけ_{13/08/27}