瑞巌寺宝物館青龍殿、観瀾亭・松島博物館、みちのく伊達政宗歴史館

松島の風景と伊達政宗の事跡

(知への小さな旅:トップ→目次→人物目次→武将→)

武将・軍人へ  目次へ  

関連(美術品)   関連(建造物・維新前)

 日本三景の一つ、松島には伊達政宗(15671636)に関する建造物や施設があり。それらは互いに異なる観点から彼の事跡を伝えている。

 瑞巌寺は伊達家の菩提寺で、現存する建物は政宗によって再建された。本堂は国宝に指定されており、「瑞巌寺宝物館青龍殿」には重要文化財指定の多数の障壁画が収蔵されている。また仏像や仏画、及び伊達家から納められた美術工芸品も多い。

 海岸の小高い丘上にある「観瀾亭・松島博物館」からは、松島の景色がよく見える。観瀾亭はもと伏見桃山城にあった大茶室を、秀吉が政宗に与えたものだ。これは桃山時代の書院造りで、後年、松島に移築された。

 江戸時代、観瀾亭は藩主やその身内の遊覧用、及び藩の賓客接待用に使用された。御座の間の障壁画は見事なものだ。松島博物館には伊達家や仙台藩使用の調度品や衣装、軍旗や甲冑・武具類、美術工芸品、古文書などが展示されている。

 また「みちのく伊達政宗歴史館」は、米沢で生れ東北地方に雄飛した伊達政宗の生涯の主要場面を、多くのろう人形で紹介している。これは一般向けの展示だが、重要部分はパネルで詳しく説明しているので理解しやすい。

 また当館には東北各県が輩出した著名人の人形を展示し、その経歴を説明している。かつて戊辰戦争敗戦以降、白河以北は、ひと山百文とさげすまれた事実を踏まえて、実際には多数の人材が輩出した事実を示している。

武将・軍人へ   文書の先頭

(作成日: 99/06/20、 更新日: )

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

瑞巌寺宝物館(青龍殿)_宮城県宮城郡松島町松島字町内 91_TEL 022-354-2023_

JR仙石線松島海岸駅から0.6km,徒歩8(20deg.E 0.5km)_中_大人_

駐車場 なし_

8:00-17:00(49)

8:00-16:30(3月・10)

8:00-16:00(211)

8:00-15:30(1月・12)

(前記時刻はいずれも開閉門時刻であり、入館受付は閉門の30分前まで)_無休_{17/03/10}

 

観瀾亭・松島博物館_宮城県松島町松島字町内 56_TEL 022-353-3355_

JR仙石線松島海岸駅から0.4km(70deg.E 0.3km)徒歩 6分_

駐車場 なし_中_大人_

(410)8:30-17:00

(113)8:30-16:30_

無休_{17/04/30}

 

みちのく伊達政宗歴史館_宮城県宮城郡松島町松島字普賢堂 13-13_TEL 022-354-4131_

JR仙石線松島海岸駅から0.9km(60deg.E 0.7km)徒歩13分、タクシーあり_中_大人子供_

9:00-17:00_

年中無休_{17/03/10}