間宮林藏記念館

世界地図に名を残したタガ屋の息子

(知への小さな旅;トップ→目次→人物目次→その他分野人物→)

その他分野人物へ 目次へ

参照(日本地図A)  参照(日本地図B)

 伊能忠敬の測量隊は日本全国の沿岸測量を行い、国土の正確な形状を実測図に表した。しかし、当時の日本の領域で、彼等が直接手掛けなかった所が若干あった。それは蝦夷地(北海道)の北半分と千島列島の南半部である。

 この地域を実測したのは忠敬の弟子の間宮林藏(1780-1844)だった。彼は現在の茨城県つくばみらい市(旧伊奈町)の農家兼おけのタガ屋に一人息子として生まれた。そこは近くを利根川の支流・小貝川の流れる一面の水田地帯で、いかにも大平野のド真ん中という感じがする土地だ。

 生家跡の近くに「間宮林藏記念館」が造られ、茅葺き寄棟造りの小さな生家(挿絵参照)も移築復元されている。彼は幼少から算術に優れ、小貝川のせき止め作業の際、幕府の役人にその才能を認められ江戸出府の機会を得たという。

 江戸では地理学者の村上島之允に師事し、師と共に19才の時に蝦夷地の調査へ赴いた。翌年、箱館で伊能忠敬に出合い、その弟子となって測量術を学んでいる。その後、林藏は幕府の普請役雇となって、北海道や千島の測量と地理的調査を行い、エトロフ島に駐在して道路の整備などにも従事した。

 やがて対露関係が険悪化し、1808年ロシア船打ち払い令が発せられた。彼と松田伝十郎は幕命によって遠くカラフト(サハリン)の調査に向かい、酷寒の地で苦労しながら徒歩と舟上から沿岸測量を実施した。この結果、サハリンが島であることを確認し、併せてその地理的調査も行った。さらに舟で大陸に渡り、黒竜江下流域をさかのぼり、1809年清朝の現地役人と会見している。

 忠敬からは後年、緯度観測法も学び、それを生かして北海道北半分の沿岸実測図を作成した。この成果は伊能忠敬の日本地図に採用されている。このように彼は北方領域に20年以上滞在し、そこを詳しく調べ何種類もの報告書や地図を残した。

 林藏は普請役を経て45才の時、海防調査や密貿易の取締担当に起用された。いわゆる隠密である。その業務遂行過程でシーボルト事件摘発の糸口を提供する羽目になった。この事件では幕府書物奉行兼天文方の高橋景保(かげやす)が獄死し、シーボルトの弟子や通詞が多数連座している。

 それはオランダ船積み荷から発覚したとか、林藏が密告したとか諸説が唱えられているが、真相は明確でない。しかし、シーボルトから送られてきた小包を林藏が開封せずに上司の勘定奉行に提出したのは事実で、それから幕府の内偵が始ったという。

 林藏はその職務上の立場から外国人との秘密裏文通の危険性を感じ取ったのだろう。小包の内容はさして問題になる内容ではなかったが、同時に送られてきた小包を受け取った高橋景保に幕府の疑念が向けられることになった。

 林藏はエトロフ島で露艦との交戦体験があり、また大陸で清露衝突の話も清国役人から聞いたと思われるから、外国に対して厳しい見方を持っていたのだろう。彼は晩年に尊王擾夷論の水戸学者と交流しているほどだ。この点ではシーボルトを通して海外知識を導入しようとした高橋らと思想的立場が違っていたようだ。

 現代の頭で考えると、蘭学系の人々にひどい仕打ちをしたように思えるが、当時の厳しい鎖国体制下で、幕府は異国船出没とその侵略意図に神経を尖らせていたから、最高機密扱いの伊能忠敬の日本地図やその他の国内情報が、書物奉行兼天文方という幕府要職の手で海外へ流出させられるのは重大犯罪行為と見なされてもやむを得なかった。

 林藏は測量や地理的調査活動で優れた実績を残し、その調査能力や行動力を認められて海防や密貿易の実情調査担当に起用されたのだろう。だが、その職務を忠実に遂行したため後世に悪評を残すことになった。その点では彼も鎖国体制の被害者といえなくもない。

 結局、シーボルトとは不幸な行き違いになってしまったが、林藏が確認したサハリンと大陸を隔てる海峡は、皮肉にもシーボルトの著作「日本」で「まみやのせと」として1832年に西欧で公表された。これが現在の間宮海峡である。

当館には彼が使用した桐の浮き子の付いた測量用くさりや防寒布、海瀕(かいひん)舟行図その他の報告書、北方領域の実測図などが展示されている。彼が測量や地理的調査を担当した地域は、幕府の権力のあまり及ばない酷寒未開の地だったから、その大きな業績は伊能忠敬の場合とは別の意味で苦労の多いものだったと思われる。

その他分野人物へ    文書の先頭

(作成日: 02/01/17、 更新日: )

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

つくばみらい市立間宮林藏記念館_茨城県つくばみらい市上平柳 64-6_ TELFAX 0297-58-7701_

JR常磐線取手駅(取手駅からN30deg. 5.9km)、駅西口から関東鉄道バスつくばエックスプレス(TX)守谷駅東口行きで約25分、あるいはその逆コースの守谷駅東口から取手駅西口行きを利用し約15分、「稲豊橋」下車徒歩約10分_小_大人_

9:00-16:30_

月曜日(祝・休日に当たれば開館し、翌日休館)、年末年始(12/281/4)_{17/03/10}