前 書 き

トップへ  目次へ    作者へ    

 日本国内には現在、博物館や美術館など、数千もの文化施設があるといわれる。近頃はテーマーパークにもすばらしい内容を持った施設が造られている。それらは法律では色々と分類されるようだが、見る立場からいえば、内容が豊富で見ごたえがあれば、名前や分類などはどうでもよいことだ。

 ところで、一つの展示物を見ても、見る人の好みや知識・経験、あるいは当日の気分や健康状態などで、それは興味深くも見え、その逆だったりする。何か一つでも収穫があれば、それを契機として新しい分野に興味が湧く場合だってあるだろう。

 このような施設の入場料は一般には安いから、今はやりの生涯学習の観点からもそれらを大いに活用したいものだ。このホームページは、作者がこれらを訪れた時の印象や、そこから得られた関連知識、さらにそれから類推した事柄などを採り上げている。

 印象自体はあくまでも作者自身のフィルターを通したものだが、作者は歴史や自然科学などの専門家ではないから、いわゆる付け焼刃的な知識によるもので、知識不足や誤解によって的外れの記述も多いと思われる。

 しかし、どんなに博識の人でも全分野に強い人はいないのだし、第一線で活躍中の大学教授でさえも坊やに見える年になったのだから、多少の誤りはお愛嬌としてご容赦ねがうことにした。不十分な点や間違いがあっても、それを一つずつ正して行くのも考え様によっては興味深いことだ。

 また、どこの施設でもその展示内容は時々変わる。特に美術館の場合は企画展示がほとんどで、その内容を一般化できない場合が多い。単に建物の雰囲気がよかったとしか表現できない場合だってある。そのため、このホームページは常設展示を主とする施設にスポットを当てている。

 近年完成した大規模で内容が豊富な博物館は展示教育施設としては素晴らしく、その意味ではその役割を十分に果たしている。ところが、それはそれで逆にデパートの中を歩くような感じになって、館外に出てから何を見たのか印象に残らない場合だってある。

 逆に内容が貧弱で小さな施設でも、その背後に大きな意味を持っていると認識できる施設も少なくない。このような意味で作者は大小こだわらず同じ扱いにしている。大きい所は見る人の好みで多様な収穫が期待できるから、作者が詳しく書く必要もないだろう。

 ただ、旅の性格上、すべての個所を同時に見ることはできない。また常設展示といっても時節によって多少の変化があるから、内容はあくまでも過去の一時点の展示を見ての話しということになる。

 この「知への小さな旅」は作者の住所の関係で東京西部を中心にして同心円状に広げている。たまには放射線状に遠方を訪れている。このような旅に興味のある方がおられれば、ご自分の住所の周りから始められればよいと思っている。

 本文中に施設情報を添えているが、現在は変化の激しい時代であり、情報内容は次々に変わっている。従ってこれらは飽くまでも参考程度とし、行かれる場合は事前に電話照会や関係資料などでよく最新情報を確認されるのが賢明と思われる。特に休館日には注意が肝要だ。作者も何回か苦い目に遭ったから、転ばぬ先のご注意としたい。なお施設情報の記載法については別に説明している。

 このHPの形式は今流行の美しい画像を多数使った絵本風のものではない。画像の利用は少量にとどめている。そして全体を本のような体裁にして、いわゆるハイパーテキストの特長を活用するため多数の内部リンクを張っている。もし興味があって、必要な部分をプリントする場合に便利なように白色無地の紙面にしている。                              

 

(作者のプロフール) 長い間の会社勤めを卒業して定年後の人生を歩んでいます。東京西部に住み、時々探訪の旅に出掛けます。なるべく幅広い分野の施設を訪れるよう心掛けていますが、会社人間の常としていささか文化面の知識には疎く、今ごろ少しずつ勉強している段階です。今後も資料整理ができ次第、ファイルを少しずつ追加して行きたいと考えています。 

トップへ