鎌倉文学館、旧前田侯爵邸

旧華族邸を利用した文学館

(知への小さな旅:トップ→目次→建造物→建造物(維新後))

建造物(維新後)   目次へ

 鎌倉観光の名所として観光客でにぎわう長谷の大仏の近くに「鎌倉文学館」がある。この建物は旧前田侯爵別邸を利用しており、三方を緑に囲まれて、前面に海を望む閑静な高台にある。そのためか、ここは鎌倉駅界隈の狭苦しい町並みとは別世界の感じがする。

 建物は1936年(昭和11年)に建てられた木造の立派な洋館で、かって佐藤栄作元首相が週末の保養場所として借りていた。現在は文学館として一般に公開されている。

 館内には大佛次郎・川端康成・小林秀雄・高見順その他、いわゆる鎌倉文士といわれた小説家・俳人・歌人などの原稿や、その関係資料が展示されている。また泉鏡花・島崎藤村・芥川龍之介・有島武郎・吉屋信子その他の著名作家の原稿や愛用品なども並んでいる。

 また鎌倉は中世から近世にかけて、その風光と歴史風土を文人墨客が愛し、文学作品や詩歌の舞台となった。当館にはこれら古典文学に関する説明コーナーも設けられ、鎌倉を舞台とした文学活動を知るには都合のよい施設といえるだろう。なお当館の近くには吉屋信子の記念館もある。

 一方、東京・駒場には「旧前田侯爵邸」(写真参照)があり、東京都近代文学博物館として使われていた。当館は近代文学の資料、著名作家の原稿や遺品などを収蔵し、テーマーを定めて順次展示していた。当館の見どころはその文学資料と共に建物自体にあった。

 この建物は前田侯爵本邸として1929年に竣工した。建物は後期ゴシックの流れを引く英国のチューダー様式で建てられ、いかにも英国風の感じを受ける。内部の各部屋には、往年の用途も表示されている。

 戦後、建物は連合国軍に接収され極東軍総司令官の官舎になっていた。また洋館の背後には旧前田邸の和館があり、こちらも公開されている。和館は1930年の竣工で、節句や茶会あるいは和式会食などに使われた。

 これらの建物は、接収解除後に敷地と共に物納されて都立駒場公園となった。敷地内には日本近代文学館もあり、そのギャラリーには文学資料が企画展示され、また川端康成記念室も設置されている。

 なお東京都近代文学博物館は都の財政悪化のため平成14年3月で閉鎖され、その後は旧前田邸の公開だけになった。人の多い東京でさえこの有様だから、田舎の施設ではなおさら深刻な所も多いだろう。整理すべき整理して再出発するしかない。

建造物(維新後)    文書の先頭

(作成日: 00/02/25、 更新日:02/05/15)

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明_近隣施設(距離)

 

旧前田侯爵家駒場本邸 洋館_東京都目黒区駒場4-3-55 目黒区立駒場公園内_TEL 03-3466-5150(駒場公園洋館管理事務所)03-5722-9242(目黒区みとりと公園課)

京王井の頭線駒場東大前駅から0.8km(40deg.W 0.5km)徒歩11分_大人_

洋館 _

月曜日・火曜日(これらの日が祝日に当たれば開館)12/291/3_

(なお本洋館は保存整備工事のために2016/07/012018/9月末の予定で長期休館中。)

 

また和館は 趣味的な集いに有料貸し出しされている。 

TEL 03-3460-6725(駒場公園和館管理事務所))_

日本近代文学館(隣り)、日本民藝館(0.6km徒歩)_{17/03/10}

 

鎌倉文学館_神奈川県鎌倉市長谷 1-5-3_TEL 0467-23-3911_

a)JR東海道線藤沢駅か横須賀線鎌倉駅で江ノ電に乗り換え、「由比ヶ浜駅」下車後0.8km(由比ガ浜駅からN40deg.W 0.4km)徒歩10分、

b)鎌倉駅東口1番か6番バス乗り場から藤沢・大仏方面行きバスを利用し「海岸通り」下車徒歩5分(鎌倉駅からS70deg.W 1.1km)_

駐車場 なし_中_大人_

9:00-17:00(16:30)(39)

9:00-16:30(16:00)(102)_

月曜日(月曜日が祝日または振替休日ならば開館)12/291/3、展示替えや特別整理期間、

(なお56月、1011月には月一回の休館日以外は開館する。要照会)_{17/01/31}