川越市蔵造り資料館、大沢家住宅

蔵の町川越で蔵を見る

(知への小さな旅;トップ→目次→建造物→建造物→建造物(維新後))

建造物(維新後)   目次へ

参照(蔵の町B)  参照(蔵の町C)  参照(蔵の町D)

参照(蔵の町E)  参照(大火A)

 蔵の町といえば福島県の喜多方がよく知られているが、川越もまた蔵の町だ。もっとも、昔から蔵が特に多かったのではなく、明治中期の1893年(明治26年)に起こった川越の大火で、土蔵の防火性能が証明された結果、土蔵造りは急速に普及したという。これには当時の日本橋界わいに並んでいた店蔵の姿を真似た面もあったらしい。

 その当時は80〜100軒の土蔵造りの建物があって、いきな黒塗りの壁の続く町並みが形成されていたが、近年はその蔵も改築によって30棟程度と急速に減少し、その保存活動が行われている。土蔵造り店舗の大きな鬼瓦は立派だが、普通の蔵に比べて屋根がいかにも重そうに見える(挿絵1参照)

 「川越市蔵造り資料館」は川越市の中心部にある。その建物は明治時代に煙草の卸商・万文を営んでいた小山家の屋敷で、店舗部分と蔵が公開されている。この建物は大火後、直ちに建築されたもので、倉庫はもちろん店舗や居室部分までが土蔵造りになっている。

 館内には当時の生活用品・職人用具・商売道具やタバコの商標ラベルなどが展示されている。官製タバコの定価表に書れた白梅・さつき・あやめ・はぎ・なでしこなどの銘柄名は珍しい。

 また当館では江戸や川越の度々の大火についても説明している。江戸と同じく川越でも度々大火に見舞われ大きな被害を受けている。町の防災対策はその都度講じられた。

 明治の大火では町の三分の一が焼失したが、当時は数十基の竜吐水と一台のポンプだけの消火能力しかなかったから、燃えるにまかせる以外に手はなかったという。館内には火消しの着用した刺し子半てんや消火器具などと共に大火関係の説明資料も展示されている。

 隣家との境界には、珍しいシックイ目地仕上げレンガ塀が残っているし、中庭には鬼瓦部分の実物が置いてある(挿絵2参照)。屋根の上にあっても大きく見えるが、近くで見ればよりその大きさが実感できる。

 当館の周辺は蔵造りの町並みがよく残っており、重要伝統的建造物群保存地区になっている。またohsawa筋向かいには江戸時代の面影を残す時の鐘がある。鐘楼は大火で失われたが、その翌年に往時の姿で再建された。これは小江戸川越のシンボルとして観光写真によく利用される。

 なお当館の近くに川越で最も古い店蔵・大沢家住宅がある。この建物は江戸後期の寛政4年(1792年)に造られた切妻平入りの店蔵で、当時は呉服太物(木綿織物)を商っていた間口6間(約11メートル)の大店だった(写真参照)

 現在の川越で目にする店蔵は、1893年の大火以降に造られたものだから、大沢家住宅はそれらより一世紀も古い。そのような目で大沢家住宅をよく見ると、屋根の造りも他の店蔵が仰々しいまでに重々しいのに反し、やや軽そうな桟瓦葺だ。

 また二階正面に目立つ土格子(どごうし)と中のしっくい戸は防火性を配慮したものだし、壁の厚さは30センチもあるそうだ。川越の店蔵の大先輩に当たるこの建物は重要文化財に指定されており、今では完成当初の姿に復元されて二階部分が公開されている。

建造物(維新後)   文書の先頭

(作成日: 00/12/19、 更新日 05/02/26 )

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

川越市蔵造り資料館_埼玉県川越市幸町7-9_TEL 049-225-4287049-222-5399(市立博物館)_

a)西武新宿線本川越駅から0.9km,(10deg.E 1.1km)徒歩12分、

b)JR埼京線・川越線及び東武東上線川越駅、あるいは西武新宿線本川越駅から東武バスを利用し「一番街」下車近く_小_大人子供_

9:00-17:00(16:30)_

月曜日(月曜日が祝日または振替休日に当れば開館)、祝日と振替休日の翌日(ただし土曜日・日曜日は除く)

第4金曜日(当日が祝日や振替休日の場合は除く)12/281/1館内消毒期間(大体6月下旬から7月上旬ごろ)_

2019年春まで耐震化工事のため長期休館中だが、一部は公開中。要照会_{17/03/06}

 

大沢家住宅_埼玉県川越市元町 1-15-2_TEL 049-222-7640_

西武新宿線本川越駅から1.3km徒歩17(N8degE 1.2km)_

駐車場 なし_小_大人_

(一階店舗と二階展示部分の営業時間は異なり、一階の店は日中の営業だが、二階の開館時間はやや短く午後。正確には要照会)_

月曜日(祝日に当たれば開館して翌日休み)、年末年始_{17/03/06}