紀州博物館

小竹と書いてしのとは、むずかしい

(知への小さな旅:トップ→目次→生活→趣味・娯楽→)

趣味・娯楽へ  目次へ   関連へ

参照(浮世絵A)  参照(浮世絵B)

 風光明媚な紀州の白浜には「紀州博物館」がある。当館は別名を小竹記念館といい、紀州の旧家小竹(しの)家に伝わる古い茶道具や陶磁器、及び美術工芸品を多数収蔵している。

 当館の展示品の中でも、特に茶入れなど、茶道具の数の多さは驚くほどで、展示ケースの中にそれらが無造作に並べられている。茶道具好きの人にとって当館は興味深い所だろう。

 また当館所蔵の陶磁器は江戸時代に収集されたもので、今は存在しない窯のやきものも含まれ、全国的に珍しいコレクションといわれる。中でも古唐津焼は日本一のコレクションという。また印籠や浮世絵のコレクションも見事なものだ。安藤広重の富岳三六景もそろっているそうだ。

 当館は白浜スカイライン沿いにあり、近くに平草原(へいそうげん)がある。草原から道を下って行くと、白浜の町並みや海の広々とした絶景が見渡せる。当館は温泉街からは上り坂で少し離れているから、行きはタクシーで、帰りは徒歩で絶景の眺望をするとよい。

趣味・娯楽へ    文書の先頭

(作成日: 00/06/29、 更新日: )

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

紀州博物館(小竹記念館)_和歌山県西牟婁郡白浜町 2054-4 平草原_TEL 0739-43-5108_

JR紀勢線白浜駅から5.5km,タクシー利用(80deg.W 3.7km)、バスなら「平草原公園」下車_中_大人_

10:00-16:00_

水曜日・木曜日(ただし盆・正月・GW・祝日に当れば開館し、土日を除く翌日に振替休館)_{17/01/13}